【22卒/21年転職】面接官が教える「日本生命」の面接対策

2020.10.29 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

生命保険業界で最大手の日本生命に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

日本生命に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えば日本生命の面接では、求める人材をよく理解して、自己PRにおいて特に行動力をアピールすることが重要です。

総合職のアクチュアリー、資産運用、IT戦略に応募希望の就活生は、面接でゼミや研究内容を語るなかで課題解決力もアピールしてください。同様に中途採用で応募を希望する人は、現職(前職)の職務内容を語るなかで課題解決力もアピールします。

一方、就活生が面接で志望動機を語るためには就活の軸を話せるようにしてください。さらに競合他社と比べてなぜ日本生命なのか明確に答えられるようにしてください。

転職希望者は日本生命の企業研究を深めて、日本生命の志望動機をまとめましょう。

これら以外にも日本生命の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、日本生命の採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、日本生命の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシート、転職希望者は職務経歴書を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生や転職の希望者は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. 日本生命の求める人材
  2. 日本生命の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. 日本生命の面接攻略のまとめ【就活】
  6. 日本生命の中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. 日本生命の面接攻略のまとめ【転職】
  10. 日本生命を志望するときに知っておきたい社風
  11. 日本生命の会社概要
  12. 日本生命の経営基本理念を知る
  13. 日本生命の中期経営計画
  14. 参考リンク集

日本生命の求める人材

日本生命はどのような人材を求めているのでしょうか。

面接では求める人材を知っておくことが自己PRをするうえで必要です。

日本生命のホームページの採用情報には、次のような人材を求めていると記されています。

自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人

生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人

ハートフルな人

これらを全て満たしている応募者を求めているわけではなく、1つでも持っている人、またはポテンシャルがある人と言っています。

また、後述する経営基本理念には、「信念、誠実、努力」の3信条をうたっています。

求める人材とは、まさに経営基本理念にある、3信条のいづれかを持っている人ということが言えると思います。

一方、社内の人材育成の取組みとして、次のようなビジネスプロフェッショナルを育成することを目指しています。

次世代の人材育成強化に向け、当社の三信条である「信念」「誠実」「努力」をベースとし、

  • 金融機関に勤務する企業人として必要となる幅広い知識・視野
  • 各分野において競争力のある高度な専門知識やスキル
  • 各能力を活かしてレベルの高い成果を実現することができる行動力・マネジメント能力

を兼ね備えた「ビジネスプロフェッショナル」の育成を目指しています。

面接において自己PRを話すとき、求める人材像を知っておくことは大切ですから、覚えておくと良いでしょう。

日本生命の新卒採用情報について【就活】

はじめに日本生命の新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    募集職種は、大きく総合職、営業総合職、エリア総合職、法人職域ファイナンシャルコーディネーター、エリア業務職の5職種です。

    さらに総合職は、通常のコースに加え、アクチュアリー、資産運用、IT戦略の3つのコース別採用を行っています。

    • 総合職  

      総合職は、各部門の戦略の企画・執行、経営管理、フロント職務など、各分野において専門性を高め、広範なビジネスフィールドで職務の中核を担う職種です。

      アクチュアリーは、保険数理・金融工学等を活用した保険商品の開発や、それに伴うリスク分析をはじめとした幅広い分野のスペシャリストです。

      資産運用担当は、経済・クウォンツ分析等を活用し、安定的かつ永続的な収益拡大に向け、資産を運用するスペシャリストです。

      IT戦略担当は、経営を支えると共に、新たなイノベーション創出に向け、IT・システムインフラ、データサイエンスを司るスペシャリストです。

    • 営業総合職

      営業総合職は、全国の営業部の管理者として、営業職員のマネジメント業務を行う職種です。一定期間の実務経験を経た後、入社6年目以降、営業部の管理者として登用となります。

    • エリア総合職

      エリア総合職は、各部門における戦略の企画・執行、経営管理、フロント職務等、各分野において専門性を高め、広範なビジネスフィールドで職務の中核を担うエリア限定の職種です。

    • 法人職域ファイナンシャルコーディネーター

      法人職域ファイナンシャルコーディネーターは、大企業を中心とした法人・職域マーケットで、高度な専門知識を駆使したコンサルティング営業を行い、将来的に、フロント業務を中心とした様々な職務に就くエリア限定の職種です。

    • エリア業務職

      エリア業務職は、高度な事務スキルと専門知識をベースに、顧客サービスを支えるエリア限定の職種です。

  2. 選考フロー

    WEBプレエントリー→エントリーシート提出→説明会→筆記試験→リクルーター面談(複数回)→面談(複数回)→内々定

  3. エントリーシート(21年卒)

    総合職:

    自己PRに関すること

    • 現在の専攻を入力ください
    • ゼミ・研究室等の教授名について入力ください
    • 特に力を入れて学んでいるテーマ(卒業論文等)について、具体的に入力ください(200文字以下)
    • 学生時代に自分自身が力を入れて取組んだことについて簡潔に入力ください(最大3個まで入力可)(50字ずつ)
    • 上記の中で最も力を入れて取組んだことについて、組織の中で自身がどのように行動したかを交えつつ具体的に入力ください(300文字以下)

    志望理由に関すること

    • 日本生命で取組みたい分野・仕事を以下の項目から選択ください
    • 日本生命で取組みたい分野・仕事の内容を記入ください(300文字以下)
    • ご自身の知識やスキルを活用し、アクチュアリー領域でどのように活躍していきたいか記入ください。(300文字以下)

    営業総合職:

    自己PRに関すること

    • 自己PRを入力ください (300文字以下)
    • 特に力を入れて学んでいるテーマ(ゼミ・専攻等)について入力ください。(100文字以下)

    志望理由に関すること

    • 弊社営業総合職への志望動機について入力ください (300文字以下)

    エリア総合職:

    自己PRに関すること

    • 特に力を入れて学んでいるテーマ(卒業論文等)について、具体的に入力ください ※改行しないでください(200文字以下)
    • 学生時代に自分自身が力を入れて取組んだことについて簡潔に入力ください(最大3個まで入力可)(50字ずつ)
    • 上記の中で最も力を入れて取組んだことについて、組織の中で自身がどのように行動したかを交えつつ具体的に入力ください※改行しないでください(300文字以下)

    志望理由に関すること

    • 日本生命で取組みたい分野・仕事の内容を記入ください※改行しないでください(300文字以下)

    法人職域FC:

    自己PRに関すること

    • 学生時代に最も力を入れて取り組んだこと(卒業論文・部活・アルバイト等)について具体的にご入力ください(400字以内)

    志望理由に関すること

    • 現在志望している業種についてご入力ください

    エリア業務職:

    自己PRに関すること

    • これまでの取組みの中で、最も自分らしさを表したと思える取組みを挙げ、概要を記入してください。
    • 上記の取組みの中で、最も自分らしさを表したと思える取組みを1つ選び、具体的な行動について記入してください。
    • 上記の具体的な行動を踏まえ、自分らしさを表すキャッチフレーズを記入してください。

    志望理由に関すること

    • 生命保険業界を選んだ理由と、その中で当社を選んだ理由を記入してください。
    • 当社のビジネスフィールドの中で最も興味のある分野を選択してください。
    • 上記のビジネスフィールドを選択した理由を記入してください。
  4. 面接

    面接は、複数回行われ、採用試験で最も重視する科目です。

    面接では、エントリーシートの深堀を中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介
    • 学生時代に力を入れてきたこと、なぜ頑張ったか、その中で自分が果たした役割
    • 大学で何を学んでいるか
    • 人生の挫折体験、その挫折をどのように乗り越えたか、挫折経験から得たものや成長したこと
    • 精神的にタフか
    • 自分の強み、弱みは何か
    • 周りの人からあなたどのような人と言われるか
    • アルバイトの経験とエピソード
    • 趣味
    • 尊敬する人

    志望動機に関すること

    • 企業選びの軸
    • 金融業界を志望する理由
    • なぜ生命保険会社を志望するか
    • なぜ日本生命を志望するか
    • なぜその職種を選んだか
    • 日本生命に入ったらどのような仕事をやりたいか
    • 自分の強みを活かしてどのようなキャリアプランを描いているか
    • 営業についてのイメージと、営業の仕事はやれそうか(法人職域ファイナンシャルコーディネーター)
    • 最近気になった保険業界のニュース
    • 他社の選考状況
    • 日本生命の志望度の高さ、内定したら入社するか
  5. 採用人数

    19年度入社 853名

    なお、19年度入社の職種別採用人数は次の通りです。

    • 総合職 167名
    • 営業総合職 92名
    • エリア総合職 77名
    • 法人職域ファイナンシャルコーディネーター 509名
    • エリア業務職 8名

    20年度入社 800名

    21年度採用計画 不明

  6. 20年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大6、京都大11、北海道大4、東北大5、名古屋大2、大阪大12、九州大4、東京工業大3、一橋大11、千葉大2、東京外大1、横浜国大8、横浜市大1、大阪市大5、大阪府大5、神戸大13、岡山大2、広島大2、熊本大2、他

    私立大

    早稲田大32、慶応大30、上智大13、明治大16、青山学院大26、立教大17、中央大16、法政大11、学習院大10、成蹊大8、成城大5、武蔵大2、東京都市大1、明治学院大11、国学院大2、日本大16、東洋大10、駒沢大2、専修大4、東海大3、東京理科大2、東京女子大9、日本女子大14、津田塾大4、大妻女子大7、共立女子大6、昭和女子大3、神奈川大3、愛知大1、愛知学院大1、愛知淑徳大6、中京大9、南山大2、名城大4、同志社大38、立命館大17、関西学院大32、京都産業大3、龍谷大5、京都女子大6、同志社女子大9、追手門学院大1、近畿大4、桃山学院大1、甲南大4、武庫川女子大5、西南学院大8、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2020年8月30日号)参照

  7. 学歴フィルター

    日本生命は国立、私立の難関大学を採用していますが、中堅私立大学からも多数採用しています。

    特に法人職域ファイナンシャルコーディネーターを大量に採用しており、これらを含めると学歴フィルターはないと思います。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■行動力を自分の中で探してアピールする

    日本生命は基本的に、特に行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、日本生命は「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている」人を求めています。

    また、人材育成方針には、「各能力を活かしてレベルの高い成果を実現することができる行動力・マネジメント能力」を育てると明記しています。

    これらは、行動力を表しているのではないでしょうか。

    行動力とは、自分の立場を理解し、何をすべきか、相手が自分に何を期待しているかを知り、やるべきことについて前向きに、目的達成まで粘り強く取り組むことです。

    日本生命の仕事でいうと、顧客に寄り添い、顧客が何を考えているかを理解し、行動することです。

    そして職務を遂行する上で、高い成果を実現するように粘り強く取り組むことです。

    面接では、学生時代に打ち込んだことの中で、なぜ打ち込んだのかその理由と、どのような困難があり、困難をいかに乗り越え、やり遂げたかのエピソードを探し出して、語ってください。

    一方、日本生命は、「ハートフルな人」も求めています。顧客に対して「心がこもった対応ができる人」の意味と思います。

    「ハートフルな人」を表現したい場合には、人と接することが好きで、人のために誠実に尽くすことを厭わない姿勢をアピールしてください。ホスピタリティ(思いやり)精神です。

    但し、日本生命は採用するすべての人にこれらの能力・スキルを求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力・スキルが他にあるなら、面接でその能力を上手に説明してください。

    ■総合職のアクチュアリー、資産運用、IT戦略の3つのコースの応募者はゼミや、研究内容を語るなかで、課題解決力もアピールする

    上記3つのコースは専門性が高く、業務において特に幅広い知識・視野や高度な専門知識やスキルが求められます。

    応募者は、面接においてゼミや研究内容の説明を詳しく説明できるようにしてください。具体的には、研究にあたって、その課題と課題解決の手法をあげ、解決する上で困難だった点について自分自身の工夫と成果を説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、あるいはねばり強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    また、研究成果が、日本生命でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろん直接活かせる研究、勉強をしていない人もいると思いますが、その場合は面接で潜在的な能力面をアピールすることです。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    生命保険各社はどの会社もそうですが、国内の少子高齢化がますます進展する中で、海外進出することで会社の成長を図ろうとしています。

    日本生命も同様にグローバル展開を進めており、欧米、オーストラリア、アジア地域の10カ国に15現地法人、4事業所を設置しています。

    よって、総合職応募者は、面接において、世界のどこへでも行って働く覚悟も伝えてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■就職活動の軸を話せるようにする

    就活において、応募先を決める上での考え方をまとめてください。

    どのような基準で応募先を決めているか説明できることが大切です。「金融関係を中心に応募する」とか「保険業界に関連する企業に的を絞っている」とかです。

    ■なぜ金融なのか、その中でなぜ生命保険会社を選ぶのか明確に伝える

    メーカーや商社ではなく、金融関係を選択する理由を面接で説明できるようにしましょう。かつ、金融関係のうち、生命保険会社を選ぶ理由を説明できるようにしてください。

    生命保険とは何か、生命保険業界を取り巻く環境や、生命保険業界の仕事についての基本は、ブログ記事「【2021年】保険業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を参照ください。

    生命保険会社について業務の理解を深めていき、魅力を語ってください。

    生命保険の役目は、亡くなったり、病気・けがなどの際に契約時に定めた保険金の給付を通じて、経済的な困難を保障することです。

    ■なぜ日本生命を選ぶのか明確に伝える

    日本生命を志望する応募者は皆さんそうでしょうが、まずは、金融の世界に興味がある人だと思います。

    なので、日本生命の応募者は、第一生命や明治安田生命などの生命保険会社と同時に、メガバンクや損害保険会社といった他の金融関係の会社とかけもち応募する学生が多数を占めると思われます。

    仮に日本生命が第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜ日本生命なのかを面接で質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    そのためには、日本生命と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておく必要があります。

    一方上記の求める人材にあるように、日本生命は「生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」を求めています。

    面接で志望動機を語るさいには、このような「志」を持っていることを熱意で示してください。

    ■日本生命でなぜその職種・コースを選んだか、その職種・コースで何をやりたいかを、明確に伝える

    なぜその職種・コースを志望するのかを訊かれたときは、「なぜ志望するのか」と同時に「その職種・コースで何をやりたいか」「自分のどのような強みが仕事に活かせるか」について答えられるようにしてください。

    ■日本生命の志望順位、他社の応募状況を面接で答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、「保険業界の会社に〇社応募中です」程度は言ってもかまいません。

    保険業界以外に応募中なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。この場合まったくの異業種であり、なぜそうなのか答えられるようにしてください。

以上、日本生命の採用状況と面接攻略の考え方を説明しました。特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、まずは保険業界を取り巻く環境を理解することと、保険業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】保険業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、日本生命とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

日本生命の従業員数や売り上げといった会社概要、日本生命の経営哲学ともいえる経営基本理念、中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。これら以外にも日本生命のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で日本生命のホームページから得た日本生命の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

日本生命の面接攻略のまとめ【就活】

日本生命に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

日本生命が採用したい人材は「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人」「生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」「ハートフルな人」です。

面接では、エントリーシートの深堀を中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 行動力を自分の中で探してアピールする
  • 総合職のアクチュアリー、資産運用、IT戦略の3つのコースの応募者はゼミや、研究内容を語るなかで、課題解決力もアピールする
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 就職活動の軸を話せるようにする
  • なぜ金融なのか、その中でなぜ生命保険会社を選ぶのか明確に伝える
  • なぜ日本生命を選ぶのか明確に伝える
  • 日本生命でなぜその職種・コースを選んだか、その職種・コースで何をやりたいかを、明確に伝える
  • 日本生命の志望順位、他社の応募状況を面接で答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは生命保険業界を取り巻く環境を理解することと、生命保険業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、日本生命とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

日本生命の会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

日本生命の中途採用情報について【転職】

続いて日本生命の転職面接について解説していきます。

なお、本記事は、総合職社員を想定していますが、総合職以外の職種に応募する方にも参考となりますので、ぜひご覧ください。

はじめに日本生命の中途採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    中途採用の募集職種は、総合職、サービスコーディネーター、ニッセイトータルパートナー、エリアサービスコーディネーター、エージェンシーパートナー、医務職員、スタッフ(フルタイム、パート)とありますが、本記事は総合職を想定してまとめています。

    総合職は、リーテイル部門・ホールセール部門・運用部門・海外事業部門・スタッフ部門で働きます。配属は面接を通じて、本人希望と適性を判断して決めます。

  2. 選考フロー

    履歴書、職務経歴書、自己PR書提出→書類選考→一次面接→二次面接→三次面接→内定

    • 職務経歴書には、職務内容、職務上の実績、公的資格取得実績等を記入します。
    • 自己PR書には、日本生命で取り組んでみたい仕事とその理由等について記入します。
  3. 面接

    転職の面接は、3回行われ、中途採用試験で最も重視する科目です。

    面接では、応募書類の深堀を中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

    オーソドックスな質問が多いように感じます。

    自己PRに関すること

    • 自己アピール
    • 学生時代に頑張ったこと
    • 現職(前職)の仕事内容
    • 現職(前職)の苦労と、それを乗り越えた経験
    • ストレス耐性はあるか
    • 長所と短所

    志望動機に関すること

    • 日本生命の志望理由
    • 日本生命でやってみたいこと
    • キャリアプランについて
    • 長く働くことができるか
    • 保険業界は厳しいがやっていけるか

    退職理由に関すること

    • なぜ現職(前職)の会社を退職するのか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由を必ず訊かれます。なので、それらについて的確に答えるための準備をしてください。以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントが参考になります。

  1. 転職面接時の自己PRのヒント

    ■行動力を自分の中で探してアピールする

    日本生命は基本的に、特に行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、日本生命は「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている」人を求めています。

    また、人材育成方針には、「各能力を活かしてレベルの高い成果を実現することができる行動力・マネジメント能力」を育てると明記しています。

    これらは、行動力を表しているのではないでしょうか。

    行動力とは、自分の置かれた立場を理解し、相手が自分に何を期待しているかを知って、何をやったら良いのかを考え、やるべきことについて前向きに、目的達成まで粘り強く取り組むことといえます。

    日本生命の仕事でいうなら、顧客に寄り添い、顧客が何を考えているかを理解し行動することではないでしょうか?

    面接では、現職(前職)において、「職務経歴」だけでは説明しきれない詳細な職務を説明してください。

    その中で、自分が一番自信を持って成果をあげた職務を重点的に説明してください。

    職務の遂行にあたって、困難を乗り越えるためにいかに粘り強く行動し、最終的にどのような具体的な成果をあげたかについて説明できるようにしてください。

    また、自分が組織の中でどのような役割を発揮し、どのように貢献できたかも語ってください。

    一方、日本生命は、「ハートフルな人」も求めています。顧客に対して「心がこもった対応ができる人」の意味と思います。

    「ハートフルな人」を表現したい場合には、人と接することが好きで、人のために誠実に尽くすことを厭わない姿勢をアピールしてください。ホスピタリティ(思いやり)精神です。

    但し、日本生命は採用するすべての人にこれらの能力・スキルを求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力・スキルが他にあるなら、面接でその能力を上手に説明してください。

    ■総合職の運用部門やスタッフ部門を希望し、アクチュアリー、資産運用、IT戦略で力を発揮したい応募者は、現職(前職)の職務内容を語るなかで、課題解決力もアピールする

    上記の3つの職種は専門性が高く、業務において特に幅広い視野や、高度な専門知識・スキルが求められます。

    応募者は、面接において、3つの職種の職務に十分対応できることを現職(前職)の職務について詳しく説明することで証明してください。

    具体的には、職務遂行にあたって課題を見つけ、課題解決のために自らが立てた対策と、関係者を巻き込んで成し遂げたことを説明してください。

    また、経験、専門知識やスキルが、日本生命でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    どの生命保険各社も、国内の人口減少による保険料収入減少対策のために、成長の源泉を求めて海外進出を加速させています。

    日本生命もグローバル展開を進めており、欧米、オーストラリア、アジア地域の10カ国に進出しています。

    面接では、世界のどこへでも行って働く覚悟も伝えることが必要です。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜ日本生命を選ぶのか明確に伝える

    日本生命の中途採用の応募者は、生命保険業界に興味がある人とか、生命保険会社でNO1だからという理由から応募することと思います。

    まずは、ホームページにある「経営基本理念」や「中期経営計画」を読んでください。そのなかで、自分が共感できることが日本生命を選んだ志望動機につながります。

    自分らしい志望動機をまとめましょう。

    また、同業他社のホームページを読んで、日本生命と他社の違いを良く知っておくことも必要です。ネット保険の仕組みも知っておいてください。

    一方上記の求める人材にあるように、日本生命は「生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」を求めています。

    面接で志望動機を語るさいには、このような「志」を持っていることを熱意で示してください。

    ■日本生命で何をやりたいかを明確に伝える

    転職の面接では、応募職種を選んだ理由とそこで取り組みたい職務をしっかりと説明できなければなりません。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ理由は、現職(前職)で培った自分の経験、能力、スキルが日本生命で活かせることです。それについて、職務内容をわかりやすく説明することで伝えてください。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に思ってもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、日本生命の中途採用情報と転職の面接攻略の考え方を説明しました。特に面接は3回行われ、自己PRと志望動機、退職理由に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

転職の面接を攻略するためには、まず保険業界を取り巻く環境を理解することと、保険業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】保険業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、日本生命とはどのような会社なのかを理解することも転職の面接準備には必須です。

日本生命の従業員数や売り上げといった会社概要、日本生命の経営哲学ともいえる経営基本理念、中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。これら以外にも日本生命のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で日本生命のホームページから得た日本生命の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

日本生命の面接攻略のまとめ【転職】

日本生命に中途採用で入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

日本生命が採用したい人材は「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人」「生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」「ハートフルな人」です。

面接では、応募書類の深堀を中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 行動力を自分の中で探してアピールする
  • 総合職の運用部門やスタッフ部門を希望し、アクチュアリー、資産運用、IT戦略で力を発揮したい応募者は、現職(前職)の職務内容を語るなかで、課題解決力もアピールする
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜ日本生命を選ぶのか明確に伝える
  • 日本生命で何をやりたいかを明確に伝える

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

転職の面接攻略のためには、まずは保険業界を取り巻く環境や、保険業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことです。

また、日本生命とはどのような会社なのかを理解することも転職の面接準備には必須です。

日本生命の会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

日本生命を志望するときに知っておきたい社風

日本生命はどのような社風なのか、面接を受けるにあたり知っておきたい情報を載せます。

  • 日本生命は、設立以来130年の伝統ある会社だけに、良い意味で日本的経営が徹底している会社です。
  • 社内規則や福利厚生面はしっかりしています。特に女性社員が多いためか育児や介護など働く環境が整っています。
  • 社風は体育会系で、上下関係がはっきりしています。そのぶん下の意見が通りにくいこともあるようです。
  • 最前線の保険営業は女性が支えています。新人で入社した場合は、長期間の育成支援がありますので安心です。
  • 社内の雰囲気も明るく、困ったときには周りの人が助けてくれるようです。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

日本生命の会社概要

日本の保険業界は、大きく生命保険業界と損害保険業界にわけられます。そのうちの生命保険業界で日本生命は総資産でトップ、保険契約高、保険料収入で最大手です。

日本生命は1889年(明治22年)に創立された日本で3番目に古い生命保険会社です。

日本生命は、実は、株式会社ではなく、相互会社です。

相互会社では、社員と呼ばれる保険契約者が保険料を出し合って、亡くなったり、けが、病気、事故にあった場合に保険金を支払うという形態をとります。まさに相互にたすけ合うための会社ということです。

現在日本生命以外に、明治安田生命、住友生命、富国生命、朝日生命の5社が相互会社となっています。

日本生命のような伝統ある生命保険会社は一般的に相互会社が多いですが、一方、ネット生命のような比較的新しい会社は株式会社の形態を採っています。

1980年代後半から1990年代前半のバブル期のころ、生命保険会社は「ザ・セイホ」と呼ばれ、巨額の運用資産を背景に機関投資家として日本経済に強い影響力を持っていました。

当時、日本生命は「ザ・セイホ」の筆頭格でしたが、現在でも保険料収入を資産運用して株式保有や不動産賃貸業を行う、民間で最大規模の機関投資家です。

このような日本生命の2018年3月末の経営数字は次のようになっています。

顧客数は、1,400万人、取引会社は25万社です。

総資産は、78兆8,095億円、保険金支払額は4兆5,974億円にもなります。

格付け会社の評価は、格付投資情報センターはAA、S&PはA+、ムーディズはA1と高い評価となっています。(2019年7月1日付け)

従業員は、単体7,1871人で、内内勤職員19,515人です。

日本生命の2020年3月末の連結決算数字は次の通りです。

経常収益 80,506億円

保険料収入 57,193億円

資産運用収益 20,074億円

基礎利益 6,958億円

経常利益 2,813億円

当期純利益 1,921億円

支払い余力を示す日本生命のソルベンシー・マージン比率は、979.2%です。

日本生命は、保険料収入を資産運用して株式保有や不動産賃貸業を行う、民間で最大規模の機関投資家です。そのため、2019年度の連結資産運用収益は2兆0,074億円に及び、経常収益の25%を占めています。

面接では会社概要について、例えば「ソルベンシー・マージン比率って何か知っている?」のような質問をされることがあります。面接前に概要をしっかり知ることが大切です。

日本生命の経営基本理念を知る

日本生命の経営哲学である経営基本理念を知っておきましょう。

共存共栄、相互扶助の精神にもとづく生命保険事業は、国民の福祉と密接に関連し、また、事業の繁栄は、国民の深い理解と信頼の上にはじめて可能であることにかんがみ、われわれは、信念・誠実・努力の信条のもとに、国民生活の安定と向上に寄与することを固く決意し、ここに経営の基本理念を定める。

  1. 国民各層が真に求める保険を提供し、充実したサービスを行ない、契約者に対する経済的保障責任を誠実に果たすことを第一義とする。
  2. 生命保険事業の公共性を自覚し、適正な資産の運用を行なうとともに、広く社会の福利増進に尽力する。
  3. 英智にもとづく創造性と確信にみちた実行力とをもって、経営の生産性をたかめ、業績のあらゆる面における発展を期する。
  4. 会社の繁栄とともに、全従業員の生活の向上をはかり、また、すぐれた社会人としての資質の育成につとめる。
  5. 生命保険業界の一員として、自主性のある協調の立場に立ち、保険思想の普及と、業界全般の進歩発展に貢献する。

面接では、経営基本理念に関することについて質問されることも想定してください。志望動機をつくるときにも役に立つかも知れません。

日本生命の中期経営計画

日本生命は、2017年度からの4カ年、中期経営計画「全・進-next stage―」を進めています。

「人生100年時代をリードする日本生命グループに成る」をスローガンに掲げ、人口減少等の長期的な経営課題への対応を、グループをあげて実行し、 長期的に生命保険会社No.1を確固たるものにすることを目指すものです。

具体的には、成長戦略を進めるために、「超低金利下での収益性向上」「日本生命グループの社会的役割の拡大」「グループ事業の着実な収益拡大」を図り、経営基盤強化のために「ERM」「先端IT活用」「人材育成」の3つを推進しています。

中期経営戦略は、日本生命の方向性を定めた重要な取り組みです。面接での志望動機をつくるうえで覚えておいてください。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK