【22卒/21年転職】面接官が教える「パナソニック」の面接対策

2020.10.29 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

大手総合家電メーカーであるパナソニックに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

パナソニックに入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えばパナソニックの面接では、求める人材をよく理解して、自己PRにおいて特に課題解決力と行動力をアピールすることが重要です。

技術系で応募の場合は、就活生は研究内容を、転職希望者は技術力をわかりやすく説明できることも大切です。

一方、面接で志望動機を語るためには競合他社と比べてなぜパナソニックなのか答えられなくてはいけません。

就活生は志望するコースを、転職希望者は応募職種をそれぞれ選んだ理由とそこでやってみたい仕事も明確に伝える必要があります。

これら以外にもパナソニックの面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、パナソニックの採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、パナソニックの会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシート、転職希望者は職務経歴書を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生や転職の希望者は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. パナソニックの求める人材
  2. パナソニックの新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. パナソニックの面接攻略のまとめ【就活】
  6. パナソニックの中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. パナソニックの面接攻略のまとめ【転職】
  10. パナソニックを志望するときに知っておきたい社風
  11. パナソニックの会社概要
  12. パナソニックの歴史
  13. パナソニックの経営理念・ブランドスローガン
  14. 参考リンク集

パナソニックの求める人材

パナソニックはどのような人材を求めているのでしょうか。

面接では求める人材を知っておくことが自己PRをするうえで必要です。

パナソニックのホームページにある採用情報に、求める人材像が載っていますので参照ください。

・・・・

私たちが求める「人」は、

「大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける人」

「世界で戦える、尖った強みを持った人」

「新たな価値を創造し、変革を起こせる人」

創業100年を迎えたパナソニックの過去や前例にとらわれることなく、世界を舞台に活躍し続け、未知の世界を切り拓いていく覚悟を持った人材を求めています。

以上を前提に、面接において、自己PRに結びつけてください。

パナソニックの新卒採用情報について【就活】

はじめにパナソニックの新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    募集職種は、大きく事務系と技術系にわけられます。

    事務系は、職種を限定しないコースと、職種確約コースの2コースがあります。

    職種確約コースは、「全社経営戦略職種」「Accounting & Finance –経営経理- 職種(経理職種 希望者対象)」「法務・知財職種 (法務職種 または 知的財産職種 希望者対象)」「人事職種」にわかれています。

    内々定となった方は、全社経営企画部門、経理部門、人事部門あるいは、法務・知財部門へ初期配属となります。

    技術系は、「研究・技術開発系」「事業・商品系」「スペシャリスト系」の3系統にわかれていて、希望コースを選択するかたちです。

  2. 選考フロー

    職種毎の選考フローは次の通りです。

    • 事務系:

      エントリーシート、適性検査(SPI)→書類選考→1次選考→2次選考→最終選考→内々定

    • 事務系(職種確約コース):

      エントリーシート、自己PR書、適性検査(SPI)→書類選考→2次選考→最終選考→内々定

    • 技術系(博士のみ):

      エントリーシート、適性検査(SPI)→書類選考→最終選考→内々定

      最終選考は、技術面接・人事面接が行われます。技術面接では技術プレゼンテーションが実施されます。

    • 技術系:

      エントリーシート、適性検査(SPI)→書類選考→1次選考→最終選考→内々定

      最終選考は、技術面接・人事面接が行われます。技術面接では技術プレゼンテーションが実施されます。

  3. エントリーシート(21年卒)

    自己PRに関すること

    事務系:

    • 「我こそ〇〇である!」〇〇に入るあなた自身を表す言葉をご記入ください。(15字以内)
    • 上記の言葉を選んだ理由を教えてください。(200文字以内)
    • 学生時代(大学・大学院)に主に取り組んだことを3つご記入ください。併せて取り組みの比重(割合)をご記入ください(全体で100%になるようにしてください)(~各60字)。
    • 上記のうち、「あなたが新たに挑戦、実行した取組み」の観点から具体的なエピソードをご記入ください。(300文字以内)
    • 上記のうち、「組織・チームなど、複数人での活動」の観点から具体的なエピソードをご記入ください(300文字以内)

    技術系:

    • 現在取り組まれている研究内容について簡潔にご記入ください。(研究テーマが未定の方は、今後取り組みたい研究内容)(100文字以内)
    • 上記の研究の中で、ご自身が独創性を発揮した部分(従来とは異なる手法、新たなチャレンジ等)を中心に具体的な取り組み内容をご記入ください。(研究テーマが未定の方は、今後取り組みたい研究内容)(300文字以内)
    • 学生時代(大学・大学院)に主に取り組んだことを3つご記入ください。併せて取り組みの比重(割合)をご記入ください。(全体で100%になるようにしてください)
    • ご自身の強みを簡潔にご記入ください。(20文字以内)
    • 上記の強みを表す学生時代(大学・大学院)の具体的なエピソードをご記入ください。(300文字以内)
    • 組織やチーム(複数人での活動)などにおいて、あなたが新たに提案し実行した取組み等についてご記入ください。(200文字以内)

    志望動機に関すること

    • パナソニックでチェレンジしたい仕事あるいは実現したい夢について具体的にご記入ください。(300字以内)
  4. 面接

    面接は、学生時代に頑張ったことと、技術系は研究内容の深掘りがあります。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介と自己PR
    • 専攻する勉強の内容は何か
    • 学生時代に一番頑張ったこと、その中で自分が一番苦労したと思うこと、それをどのように乗り越えたか、そのやり方にしようと思ったのはなぜか、メンバーを導いた経験はあるか
    • 今までの取り組みで失敗を克服したこと、成功に導いたこと
    • 今まで新しい取り組みを行って成功したこと
    • 強みと弱み、弱みの克服方法
    • チームで人と関わる中で大切にしていること
    • 技術系は、研究内容の説明(5分程度)と質問、なぜテーマを選んだか、オリジナリティ、苦労したこと、工夫したこと、今後の目標、その研究を仕事にどう役立てることが出来るか(3~4枚の資料でまとめてプレゼン)

    志望動機に関すること

    • パナソニックの志望動機
    • 志望職種はどのような印象を持っているか
    • 希望するカンパニー・事業とそこでやりたい仕事は何か
    • 10年後どのようになりたいか
    • ソフトウェアとハードウェアのどちらが得意か
    • パナソニックの製品を通して実現したいことは何か
    • パナソニックの製品で興味があるものは何か
    • 他社の選考状況とパナソニックの志望度
  5. 採用人数

    19年度入社 700人

    20年度入社 780名

    21年度採用計画 前年並み

  6. 20年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大2、京都大36、北海道大18、東北大21、名古屋大14、大阪大63、九州大16、東京工業大29、一橋大10、筑波大5、千葉大15、電通大4、東京外大2、都立大9、横浜国大10、横浜市大1、大阪市大10、大阪府大16、神戸大26、岡山大13、広島大12、熊本大5、他

    私立大

    早稲田大32、慶応大19、上智大9、明治大20、青山学院大16、立教大2、中央大13、法政大7、東京都市大4、日本大3、東洋大1、東海大1、東京理科大26、芝浦工大6、工学院大1、津田塾大2、共立女子大2、昭和女子大4、金沢工業大1、南山大1、同志社大44、立命館大35、関西大13、関西学院大8、大阪工業大1、甲南大1、西南学院大2、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2020年8月30日号)参照

  7. 学歴フィルター

    パナソニックは難関国立・私立大学が中心ですが、中堅私立大学まで幅広い採用を行っています。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機に関することを必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    パナソニックは基本的に、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、パナソニックは、「大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける」「新たな価値を創造し、変革を起こせる」人を求めています。

    新たな価値を創造し、変革を起こすためには課題解決力が、大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続けるには行動力が、必要です。

    面接では、自分は○○のような創意工夫のできる人間であることをアピールしましょう。

    すなわち、課題を発見し、既存の発想にとらわれず新しい解決法を考えて、解決のための計画づくりができること。実現のために粘り強く取り組み、周囲に働きかける人というアピールです。

    「この応募者は、これまでに誰も気が付かなかったことを何か考えてくれるのではないか、しかもあきらめずに取り組んでくれそうだ」と期待感を持たせてくれる人です。

    面接では、学生時代において最も力を入れて取り組んだことと、なぜ取り組んだのかその理由を説明してください。

    力を入れたことは勉強、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いです。

    そのさい、目標達成に向けてどのような困難があり、困難を解決するために自分なりの方法を見つけてどのように粘り強く行動したか、などを語ってください。

    さらに自分が身につけたことや、反省したことを探し出して語ることができればなお良いです。

    但し、パナソニックは採用するすべての人に課題解決力や行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい優れた能力が他にあるなら、面接でその能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容を語る

    パナソニックは、現在、家電、住宅、車載、BtoBの4つの事業領域に注力しており、かっての家電メーカーとは大きく変貌しています。

    ホームページのカンパニー・事業部の紹介ページにある「パナソニックは、家電もつくっています」というタイトルに事業転換が表現されています。

    また、ホームページにある、「パナソニックの研究開発」や「技術ビジョン」などを読んでわかるように、研究課題が山積しています。面接では、それらに十分対応できる能力、スキルがあることを、自分の研究内容から探し出して話せるようにしてください。

    技術系応募者は、面接において研究内容の説明を相当詳しく求められることを覚悟してください。

    具体的には、研究にあたって、その課題と課題解決の手法をあげ、解決するにあたって困難だった点について自分自身の工夫と成果を説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、あるいはねばり強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    また、研究成果が、パナソニックでどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろん直接そのような研究、勉強をしていない人もいると思いますが、その場合は潜在的な能力面をアピールすることです。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    パナソニックはグローバル展開が進んでいる会社です。グローバルな開発拠点をもっており、カンパニー体制の中で、中国・北東アジア社、US社があります。

    面接では、事務系、技術系応募者に限らず、世界のどこへでも行って働く覚悟も伝えてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜパナソニックを選ぶのか明確に伝える

    日本の家電・AV業界で、パナソニックは売上高が日立、ソニーに次ぐ第3位のメーカーです。

    また、電機業界というもっと広い視野で企業を探ると、三菱電機や富士通、NECといった大手企業があります。

    関西地方には、ダイキン工業や、村田製作所といったユニークな会社もあります。

    パナソニックと並行して、これらのような会社にも応募する人が多いことと思います。

    仮にパナソニックが第一志望でなくても、応募した他社と比較しなぜパナソニックなのかを、面接で質問されたときにしっかり答えられなくてはなりません。

    そのためには、パナソニックと競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておく必要があります。

    パナソニックの創業以来の歴史を理解し、会社概要や企業経営の哲学である経営理念、現在のカンパニー体制と事業や、将来に向けての研究開発などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることがパナソニックを選んだ志望動機です。

    そして、他社とパナソニックの違いや、パナソニックになぜ魅力を感じるか具体的に説明してください。

    ■なぜそのコースを選んだか、そこで何をやりたいかを明確に伝える

    パナソニックの事務系は、職種を限定しないコースと、職種確約コースの2コースがあります。一方、技術系は、「研究・技術開発系」「事業・商品系」「スペシャリスト系」の3系統にわかれていて、希望コースを選択するかたちです。

    応募者は、コースを選んだ理由とそこでやりたいことをしっかりと説明できなければなりません。

    技術系は、選択したコースで注目している製品やサービスと、その理由も話せるようにしておくと良いでしょう。

    ■他社の応募状況を面接で答えられるようにする

    パナソニックの志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、電機業界志望と答えてください。他社名を教えてほしいと聞かれたら、日立、ソニーなどの大手メーカーに応募中ならそれを答えてもかまいません。

    電機業界以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。この場合まったくの異業種であり、なぜそうなのか答えられるようにしてください。

以上、パナソニックの採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。特に面接は2~3回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、家電・AV業界を取り巻く環境を理解することと、家電・AV業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】家電・AV業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、パナソニックとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

パナソニックの従業員数や売り上げといった会社概要、パナソニックの歴史、パナソニックの哲学ともいえる経営理念、技術ビジョンなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもパナソニックのホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で面接を受けるにあたり必要と思われるパナソニックの基本的な知識を簡単に紹介します。ぜひ読んでおいてください。

パナソニックの面接攻略のまとめ【就活】

パナソニックに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

パナソニックが採用したい人材は、次のとおりです。

  • 大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける人
  • 世界で戦える、尖った強みを持った人
  • 新たな価値を創造し、変革を起こせる人

面接では、学生時代に頑張ったことと、技術系は研究内容の深掘りがあります。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容を語る
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜパナソニックを選ぶのか明確に伝える
  • なぜそのコースを選んだか、そこで何をやりたいかを明確に伝える
  • 他社の応募状況を面接で答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは家電・AV業界を取り巻く環境を理解することと、家電・AV業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

パナソニックの会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

パナソニックの中途採用情報について【転職】

続いてパナソニックの転職面接について解説していきます。

はじめにパナソニックのキャリア採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    パナソニックは転職の希望者を対象とした事務系職種、技術系職種の中途採用を積極的に行っています。

    事務系、技術系とも社内に必要な能力、スキルを持つ人が少ない職種を募集していますので、応募にあたっては即戦力としての専門性が問われます。

    募集職種はその時々で変わっていくと思いますが、現時点でどのような職種を募集しているか、詳細は、パナソニックのホームページにある「キャリア採用」情報をご覧ください。

    ちなみに2020年9月現在、募集職種は大きくスタッフ系・営業系とエンジニア系で、それぞれ募集があります。

    スタッフ系・営業系では、国内営業・マーケティング、経営企画・事業企画、経理・財務、法務、知財、人事、その他スタッフの求人募集があります。

    エンジニア系では、研究開発、回路設計、制御設計、デバイス開発、機械・機構設計、生産技術・プロセス開発、材料開発・材料プロセス開発、組込みソフト設計、システムエンジニア、社内・SE・情報システム、品質管理・品質保証、生産管理、セールスエンジニア・サービスエンジニア・FAE、その他エンジニアの求人募集があります。

    もし、自分の能力、スキルが募集職種にフイットし、パナソニックの社風に馴染めそうなら中途採用に応募してみてはいかがでしょうか?

    またパナソニックは「キャリア登録」の仕組みもあります。

    パナソニックへの転職を考える場合、自分のキャリア(職務経歴)を登録することで、その後、スキルやご経験にマッチする職種の募集がある場合、パナソニックから都度その職種を紹介する制度です。

  2. パナソニックの情報収集をしたい方向けのイベントについて

    パナソニックの情報収集を考えている人向けのイベントが適宜開催されています。

    • 合同選考会

      「技術分野別」「職種別」の選考会を随時開催しています。スケジュールはホームページを参照ください。

    • 転職相談会

      応募を迷っている人向けにキャリア採用担当者が情報提供や質問に答えるものです。スケジュールはホームページを参照ください。

  3. 選考フロー

    応募(WEBエントリー)→書類選考→一次面接→二次面接→内定

    • 書類選考は原則として2~3週間で合否連絡があります。
    • 応募はインターネットからのみとなっています。
    • 面接はできる限り応募者の都合に合わせます。(就業後、休日可)
    • 通常1週間程度で合否の連絡があります。
  4. 転職面接

    転職の面接は複数回行われ、中途採用試験で最も重視するものです。面接では、エントリー情報の深堀りを中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

    自己PRに関すること

    • 1分で自己紹介してください
    • これまでの職務内容
    • これまでの人生で苦労したことは
    • 仕事で苦労したこと、それをどのように解決したか
    • 強み、弱みは何か
    • リーダーシップを発揮した経験

    志望動機に関すること

    • パナソニックを志望する理由
    • 入社後どのような仕事をやりたいか
    • 自分の強みをパナソニックでどう活かすか
    • 入社したらどのような利益をもたらしてくれるか
    • 入社後のキャリアプラン
    • 海外転勤はできるか
    • パナソニックの悪いところはどこか

    退職理由に関すること

    • なぜ現職(前職)の会社を退職するのか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由を必ず訊かれます。なので、それらについて的確に答えるための準備をしてください。

以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントが参考になります。

  1. 転職面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    パナソニックは基本的に、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、パナソニックは、「大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける」「新たな価値を創造し、変革を起こせる」人を求めています。

    新たな価値を創造し、変革を起こすためには課題解決力が、大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続けるには行動力が必要です。

    転職の面接では、現職(前職)において、WEBエントリーに記入した「職務経歴」や「自己PR」だけでは説明しきれない詳細な仕事ぶりを説明する中で、課題を見つけ、課題解決のために自らが立てた対策と関係者を巻き込んで粘り強く遂行したことを説明してください。

    さらに、職務を実行したときに困難だったこと、困難を乗り越えて自分が身につけた知識や、スキル、反省したことを語ってください。

    もし自分に課題解決力や行動力が乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して、間接的にでも募集職種に役立つことを伝えましょう。

    ■技術系応募者は技術力を語る

    パナソニックは現在、家電、住宅、車載、BtoBの4つの事業領域に注力しており、かつての家電メーカーから大きく変身しようとしています。

    ホームページのカンパニー・事業部の紹介ページの「パナソニックは、家電もつくっています」というタイトルは、まさに事業転換を表現しています。

    また、ホームページにある、「パナソニックの研究開発」や「技術ビジョン」などからわかるように、研究課題が山積しています。

    技術系応募者は、募集職種の職務内容を理解して、面接では、それらに十分対応できる経験、能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務を説明するなかで面接官にわかってもらう必要があります。

    具体的には、職務遂行にあたって、技術面の工夫と成果をわかりやすく説明することで持っている技術力をアピールしましょう。

    また成果を出すためのスキルやノウハウが、パナソニックでどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろん直接そのような職務を経験していない人もいると思いますが、その場合は潜在的な能力面をアピールしてください。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    パナソニックはグローバル展開が進んでいる会社です。グローバルな開発拠点をもっており、カンパニー体制の中で、中国・北東アジア社、US社があります。

    将来的に海外勤務もありえますので、面接では事務系、技術系応募者に限らず、世界のどこへでも行って働く覚悟を伝えてください。

  2. 転職面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜパナソニックを選ぶのか明確に伝える

    日本の家電・AV業界で、パナソニックは売上高が日立、ソニーに次ぐ第3位のメーカーであり、身近なところにパナソニックの家電・AV商品がありますから親しみを感じて応募する人が多いと思います。

    まずは、パナソニックの創業以来の歴史を理解し、企業経営の哲学である経営理念、カンパニー体制と事業や、将来に向けての研究開発などを読んでください。

    そのなかで、自分の共感できることがパナソニックを選んだ志望動機につながります。自分らしい志望動機をまとめましょう。

    ■なぜその職種を選んだか、そこで何をやりたいかを明確に伝える

    事務系、技術系を問わず、応募する職種について、なぜやってみたいのかその理由をしっかりと説明できなければなりません。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ理由は、現職(前職)で培った自分の経験、能力、スキルがパナソニックで活かせることです。それについて、職務内容をわかりやすく説明することで伝えてください。

    将来のキャリアプランも訊かれるかもしれません。まとめておきましょう。

    応募職種の分野によっては、注目しているパナソニックの商品やサービス、技術などと、なぜ注目しているか、その理由も話せるようにしておくとよいでしょう。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に思ってもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、パナソニックの中途採用情報と転職の面接攻略の考え方を説明しました。特に面接は2回行われ、自己PRと志望動機、退職理由に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

転職における面接を攻略するためには、まずは家電・AV業界を取り巻く環境を理解することと、家電・AV業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】家電・AV業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、パナソニックとはどのような会社なのかを理解することも転職の面接準備には必須です。

パナソニックの従業員数や売り上げといった会社概要、パナソニックの歴史、パナソニックの哲学ともいえる経営理念、技術ビジョンなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもパナソニックのホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で面接を受けるにあたり必要と思われるパナソニックの基本的な知識を簡単に紹介します。ぜひ読んでおいてください。

パナソニックの面接攻略のまとめ【転職】

パナソニックに中途採用で入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

パナソニックが採用したい人材は、「大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける人」「世界で戦える、尖った強みを持った人」「新たな価値を創造し、変革を起こせる人」です。

転職の面接は、2回行われ、採用試験で最も重視する科目です。面接では、エントリー情報の深堀りを中心に、求める人材像に基づき採否を判断されます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語る
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜパナソニックを選ぶのか明確に伝える
  • なぜその職種を選んだか、そこで何をやりたいかを明確に伝える

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

転職の面接を攻略するためには、まずは家電・AV業界を取り巻く環境を理解することと、家電・AV業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、パナソニックとはどのような会社なのかを理解することも転職の面接準備には必須です。

パナソニックの会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

パナソニックを志望するときに知っておきたい社風

パナソニックはどのような社風なのか、面接を受けるにあたり知っておきたい情報を載せます。

  • パナソニックは、何といっても創業者の松下幸之助翁のレガシーが大きく、翁の想いが、全社員に浸透しています。

    松下幸之助翁の経営理念は、研修等様々な機会に学び直されています。

  • またパナソニックには良い人、真面目な人、親切な人が多く、人間関係もぎすぎすしたところがありませんので働きやすい会社と言えます。
  • 古くからある日本の会社の伝統である家族主義的な経営の風土が残っています。

    一方で、保守的な体質も残っており、実力主義というより、年功序列の風土があるようです。

    それらは、日本的経営の特徴そのものですから、それが問題ということではありません。要は、自分がどのような社風の会社に馴染めるかということだと思います。

  • 近年は、家電から、住宅、車載、B to Bに大きく舵を切っていますから、チャレンジ精神のある人も会社に必要と考えます。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

パナソニックの会社概要

日本の製造業をリードする家電・AV業界のなかでパナソニックは日立製作所、ソニーに次ぐ売上げを誇る大手企業です。

国内唯一の総合家電メーカーとして、家電製品の多くでトップシェアを誇っており、家電以外にも電池や太陽光発電(住宅用)、照明器具などでトップシェアです。

パナソニックはかって「松下電器産業株式会社」を社名とし、「National(ナショナル)」というブランドを使用していましたが、2008年に「Panasonic(パナソニック)」に社名、ブランドを統一しました。

パナソニックという名前は、あらゆるとか全てを意味する「pan」と、音を意味する「sonic」を合わせたもので、「松下が創り出す音が世界中に広がっていくように」の意味が込められています。

パナソニックは、戦後の日本経済の発展に伴い、ソニーや東芝、シャープ、日立製作所などとともに白物家電やAV機器など消費者向け家電製品、サービスに力を入れ、総合家電メーカーとしてゆるぎない地位を築いてきました。

第二次大戦後の日本の高度成長期には、全国の電器屋を「ナショナル店会」として系列化し強力な販売網として機能させました。

ソニーが新商品開発の技術力でアピールしたのに対して、旧社名の松下電器産業のころは営業力で対抗するという図式でした。

しかし韓国、中国、台湾のメーカーの台頭があり、同業他社とともに次第に家電メーカーとしての事業割合を縮小しています。

現在も国内唯一の総合家電メーカーですが、近年は消費者向け商品・サービス(BtoC)から法人向け商品・サービス(BtoB)の売上比率を上げるとともに、住宅、車載事業などに業態を大きくシフトさせています。

このようなパナソニックの2020年3月期の経営成績は次の通りです。

資本金は、2,589億円です。

連結従業員は、259,385人です。

連結売上高は、7兆4,906億円です。

連結営業利益は、2,938億円です。

連結当期純利益は、2,257億円です。

セグメント別売上割合は、アプライアンス34.7%、ライフソリューションズ25.5%、コネクティッドソリューションズ13.8%、オートモーティブ19.8%、インダストリアルソリューションズ17.1%、その他3.9%、消去・調整▲14.8%です。

パナソニックはカンパニー・事業部制を採用しています。

アプライアンス社は、家電、美容、健康などのBtoC事業、業務用冷熱機器、デバイス、エネルギーなどのBtoB事業を領域とし、家庭からオフィス・店舗まで対応した商品・サービスを提供しており、7事業部があります。

ライフソリューションズ社は、電設資材や住設建材、建築事業などを事業領域とし、住宅やオフィス、商業施設やスマートタウンなど、人々の「くらし」に関わる場面で快適な空間、豊かな時間を提供しており、2事業部、3会社があります。

コネクテッドソリューションズ社は、「流通」「物流」「エンターテイメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」の6事業領域とし、BtoBの顧客に「つながる価値」を提供しており、3事業部、2社があります。

オートモーティブ社は、車載インフォテインメント、車載エレクトロニクス、自動車用ミラー、車載電池などの電動化システムを事業領域とし、移動時のライフスタイルの変革や、ドライバーの運転負荷軽減、さらには環境対応車向けに革新的なデバイスやソリューションを提供しており、3事業部、1社があります。

インダストリアルソリューションズ社は電子部品、FA・産業デバイス、電子材料、電池などBtoB事業を領域とし、6事業部があります。

中国・北東アジア社は、事業推進と地域統括の機能を持ち、本部は北京として、家電と住宅設備を組み合わせた「くらし空間の提案」と、コールドチェーンを中心とした「生鮮食品サプライチェーン」への貢献を現地目線で提案しており、5事業部があります。

その他、US社には、1事業部、1社があります。

また、カンパニーから独立してハウジングシステム事業部があります。

現在は、7カンパニー、28事業部からなる、大きく分けて家電、住宅、車載、BtoBの4事業を経営しています。

面接では会社概要について、例えば「連結売上を知っている?」と質問されることもあるかも知れません。面接前に概要をしっかり知ることが大切です。

パナソニックの歴史

パナソニックは、1917年に創業者松下幸之助氏が、夫人、夫人の弟(後の三洋電機創業者)と3人で電球用ソケットの製造、販売をしたことからスタートしました。

1918年には、松下電器器具製作所を創立します。その後、1935年には、松下電機産業株式会社に社名を変更します。

戦後10年以上経ったころ、日本では神武景気の波に乗り、家庭電化ブームが起こります。白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫は3種の神器として人々のあこがれとなりました。

そこで、松下電器は飛躍を遂げます。海外生産体制も始まります。

1966年に始まったいざなぎ景気には、3C(カー、カラーテレビ、クーラー)が流行語となり、人々の生活も向上しました。カラーテレビ、クーラー、電子レンジ、VTRなどの新規商品を発売し、飛躍的な販売増となっていきます。

1983年には、家電事業をベースに、総合エレクトロ二クスメーカーへの転換を図り、将来性の高い部品や、半導体、産業分野へ注力することを決めています。

2003年には、グループブランドを「Panasonic」に、ブランドスローガンを「Panasonic ideas for life」に制定しました。

2008年には、パナソニック株式会社に社名を変更、あわせてブランドを全世界でPanasonicに統一しました。

2013年には、「A Better Life, A Better World」を掲げ、事業部基軸の4カンパニー制がスタートしました。

2016年には、高成長が期待される「海外戦略地域における家電」、「住宅」、「車載」などに対する投資を継続し、同時にBtoB事業においても勝つためのビジネスモデルを目指し、4つのカンパニー横断で強化を進めました。

現在は、7カンパニー、28事業部からなる、大きく分けて家電、住宅、車載、BtoBの4事業を経営しています。

パナソニックは今でも創業者松下幸之助氏のレガシーが大きいので、面接の前に「松下幸之助一日一話」は読んでおくと良いと思います。

パナソニックの経営理念・ブランドスローガン

パナソニックの経営理念・ブランドスローガンを以下に記します。

経営理念

パナソニックのブランドスローガン“A Better Life, A Better World”は、 創業者・松下幸之助が定めた綱領を、現代向けに、端的に表現したものです。 綱領は、パナソニックの事業の目的とその存在の理由を簡潔に示したものであり、「経営理念」の根幹として、これまであらゆる経営活動のよりどころとしてきました。

綱領:

産業人たるの本分に徹し社会生活の改善と向上を図り世界文化の進展に寄与せんことを期す

信条:

向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し各員至誠を旨とし一致団結社務に服すること

私たちの遵奉すべき精神:

産業報国の精神、公明正大の精神、和親一致の精神、力闘向上の精神、礼節謙譲の精神、順応同化の精神、感謝報恩の精神

Panasonicブランドの目指す姿

Panasonic ブランドの目指す姿は、ブランドプロミス、ブランドスローガン、ブランドバリューにより成り立っています。

  • コーポレートブランド:

    Panasonic

  • ブランドプロミス:Panasonicブランドのお客様への約束

    私たちパナソニックは、より良いくらしを創造し、世界中の人々のしあわせと、社会の発展、そして地球の未来に貢献しつづけることをお約束します。

  • ブランドスローガン:ブランドプロミスを端的に表したもの

    A Better Life, A Better World

  • ブランドバリュー:ブランドプロミスを実践する上で社員が心掛けるべき価値

    Visionary(先進)

    私たちは、環境など地球規模の課題や時代の変化を敏感にとらえ、常に一歩ゆく創意と工夫で、お客様の期待を超える新しい価値を創造しつづけます。

    Refined(洗練)

    私たちは、お客様一人ひとりが真に求めるくらしを、磨きぬかれた製品と上質なサービスで具現化し続けます。

    Trusted(信頼)

    私たちは、お客様が心から満足していただける価値を提供しつづけることで、ゆるぎない関係を築きあげます。

面接では、企業理念について質問されることも想定してください。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK