【23卒】面接官が教える「三菱UFJ信託銀行」の面接対策

2021.12.18 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

大手信託銀行である三菱UFJ信託銀行に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。

応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

三菱UFJ信託銀行に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい、面接に関しての情報やノウハウというものがあります。

例えば、三菱UFJ信託銀行の面接では、まずは求める人材をよく理解した上で、特に自己PRにおいて課題解決力と行動力をアピールすることが大切です。

一方、面接で志望動機を語るためにはなぜ金融を選ぶのか、なぜ銀行を選ぶのかについて的確に答えられなくてはいけません。

さらに競合他社と比べてなぜ三菱UFJ信託銀行なのか、についても面接官が納得できるように答えられることが大切です。

これら以外にも、三菱UFJ信託銀行の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、三菱UFJ信託銀行の採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、三菱UFJ信託銀行の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシートを作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. 三菱UFJ信託銀行の求める人材
  2. 三菱UFJ信託銀行の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. 三菱UFJ信託銀行の面接攻略のまとめ【就活】
  6. 三菱UFJ信託銀行を志望するときに知っておきたい社風
  7. 三菱UFJ信託銀行の会社概要
  8. 三菱UFJフィナンシャルグループの経営理念
  9. 三菱UFJ信託銀行のサステナビリティ活動指針と事業戦略
  10. 参考リンク集

三菱UFJ信託銀行の求める人材

三菱UFJ信託銀行はどのような人材を求めているのでしょうか?

三菱UFJ信託銀行の新卒採用情報サイトにある「教育制度と福利厚生」には、このようなバンカーを育てたいという育成方針として次の文章が載っています。

プロフェッショナル

収益力の高い組織を支えるプロフェッショナル社員

成果責任

職務に応じた責任を全うし、成果を出す社員

自律(創造・挑戦)

新たな業務分野を創造し挑戦する自律的な社員

このうち、特に成果責任と自律(創造・挑戦)については、面接でチェックされるポイントと考えます。

なので、三菱UFJ信託銀行の求める人材は、次のような人と考えます。

  • 職務に応じた責任を全うし、成果を出す人
  • 新たな業務分野を創造し挑戦する自律的な人

求める人材は、面接で自己PRをするときの参考としてぜひとも知っておいてください。

三菱UFJ信託銀行の新卒採用情報について【就活】

はじめに三菱UFJ信託銀行の新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集コース
    • 募集コースは、全国コースと、地域特定コースの2つです。

      全国コースは、転居を伴う異動があり、地域特定コースは、転居を伴う異動はありません。

    • 仕事内容により、一般採用と、配属特定採用があります。

      一般採用は、入社時の配属は限定されず、内定後に本人の希望や適性を踏まえて配属されます。

      配属特定採用は、入社時の配属業務を特定し、早くから特定領域のプロフェッショナルを目指すものです。アクチュアリー、ファンドマネージャー、システム/デジタルの職種があります。

  2. 選考フロー   

    プレエントリー→セミナー・会社説明会→WEBエントリーシート・WEB適性検査・履修履歴→書類選考→面接(複数回)→内々定

  3. エントリーシート(22年卒)

    自己PRに関すること

    • これまであなたが、最も力を入れて取り組んできたことを簡潔に記入してください。(50字以内)
    • 上記の質問に関して、苦労した点と、どのようにしてそれを乗り越えたか、また創意工夫した点を記入してください。 (500字以内)
    • 自覚している長所を一言で表現してください。 (20字以内)
    • 自覚している短所を一言で表現してください。 (20字以内)
    • 上記「長所」と「短所」それぞれ自覚する理由を客観的な行動事実に基づいて説明してください。 (200字以内)
    • ゼミ・研究室名と教授名を記入してください。(50字以内)
    • 趣味や特技を記入してください。

    志望動機に関すること

    • 当社を志望する理由、当社で実現したい夢や目標を記入してください。 (450字以内)
    • 当社の資産運用業務に対してもっているイメージ、どのような点に興味を持っているかを記入してください。(200字以内)
    • 現在当社の業務で興味のあるものを2つ選んでください。(リテール、資産金融、不動産、証券代行、受託財産、市場、システム)
  4. 面接

    面接では、ESに沿って質問があります。学生時代に頑張ったことの深掘りがあります。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください(30秒で)
    • 自己PRしてください
    • 小中高時代の自分の性格や、思い出は何ですか
    • 今の大学・学部・学科を選んだ理由は何ですか
    • ゼミでは何を学んでいますか、社会で活かせることは何ですか
    • 学生時代に力を入れたことは何ですか(はじめたきっかけ、役割、苦労したこと、苦労をどう乗り越えたか、成果)
    • 学生時代に一番困難だったことは何ですか
    • クラブ・サークル活動は何をやっていましたか
    • アルバイトは何をやっていましたか、学んだことは何ですか
    • リーダーかサポートかどちらですか
    • 強みと弱みは何ですか、それを表すエピソードを教えてください
    • 周りからどのような人と言われますか
    • 世の中のどのようなことに問題意識を持っていますか
    • 世の中で理不尽だと思うこと、もっと良くなると思うことはありますか
    • 働くうえで大切にしたいことは何ですか
    • ストレス解消法はありますか

    志望動機に関すること

    • 就活の軸は何ですか
    • なぜ金融業界を志望しますか 
    • なぜ信託銀行を志望しますか
    • なぜ三菱UFJ信託銀行を志望しますか
    • なぜ三井住友信託銀行ではなくて三菱UFJ信託銀行なのですか
    • 三菱UFJ信託銀行でやりたい仕事は何ですか
    • なぜ○○業務をやりたいのですか、活かせる自分の強みは何ですか
    • キャリアプランを教えてください
    • 他社の応募状況と三菱UFJ信託銀行の志望度を教えてください
  5. 採用人数   

    19年度入行実績 249名

    20年度入行実績 194名

    21年度入行実績 134名

    22年度入行計画 前年並み

  6. 21年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大3、京都大1、北海道大1、大阪大1、九州大1、一橋大1、都立大2、横浜国大3、大阪市大1、神戸大1、岡山大1、他

    私立大

    早稲田大23、慶応大30、上智大4、明治大8、青山学院大6、立教大7、中央大9、法政大5、学習院大3、東京理科大2、東京女子大2、津田塾大1、同志社大5、立命館大4、関西大2、京都女子大1、西南学院大1、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2021年9月5日号)参照

  7. 学歴フィルター

    三菱UFJ信託銀行は、難関大学から中堅大学まで採用しています。適性検査を突破すれば道は拓けます。

面接攻略の考え方【就活】

就活の面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてまとめてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    三菱UFJ信託銀行は、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、三菱UFJ信託銀行は「職務に応じた責任を全うし、成果を出す人」「新たな業務分野を創造し挑戦する自律的な人」を求めています。

    ここで、「新たな業務分野を創造し挑戦する自律的な人」とは、課題解決力のある人を表しています。

    また、「職務に応じた責任を全うし、成果を出す人」とは、行動力のある人を表しているのではないでしょうか。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で、課題解決力と行動力をアピールしましょう。

    課題を発見し、既存の発想にとらわれずに新しい解決法を考え、解決のための計画づくりができ、実現のために粘り強く取り組む人というアピールです。

    力を入れたことは勉強、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    最も力を入れたことは何か、困難だったことと、困難を解決するために創意工夫してどのように粘り強く行動したか、その結果と自分が身につけたことを語ってください。

    但し三菱UFJ信託銀行は、採用するすべての人に課題解決力と行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、その能力を上手に説明してください。

    ■「配属特定採用」への応募者は、応募職種にふさわしい能力やスキルをアピールする

    選考時に「配属特定採用」を希望する応募者は、応募職種にふさわしい自分の保有する能力やスキルをアピールしましょう。

    「アクチュアリー」や「システム/デジタル」は、理系応募者が活躍できる業務です。

    理系学生が研究した専門分野の知識、能力をそのまま発揮して働けることは少ないと思われますが、研究で得た論理的思考力、数理能力はそれらの専門的な仕事で役に立ちます。

    「ファンドマネージャー」は、高度な金融知識が求められます。

    応募する業務が問題なく遂行できる能力やスキルを持っていることを、積極的にアピールしてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜ金融を選ぶのか明確に伝える

    なぜ金融を選ぶのかについて的確に答えるためには、金融業についての理解を深めることか大切になってきます。

    金融は銀行以外にも、保険や証券などがありますので、その違いを知っておく必要があります。

    ■なぜ銀行を選ぶのか、その中でなぜ信託銀行なのかを明確に伝える

    銀行とは何か、銀行業界を取り巻く環境や、銀行業界の仕事についての基本は、ブログ記事「【2022年】銀行業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を参照ください。

    銀行は、これまでの3大業務である預金・貸付・為替から、投資信託や保険商品などの手数料を収益の柱とするようになりました。

    そして、M&Aの支援業務や個人向け長期運用コンサルティングも手掛けるようになりました。

    海外事業向け融資も拡大しています。

    まずは、銀行業務の事業構造が変わってきていることを理解してください。

    さらに、フィンテックと呼ばれる技術革新が進行中であり、フィンテックが事業モデルや仕事のあり方を変えてしまう可能性があることも理解してください。

    マニュアルに書いてある通りに行う仕事は自動化され、行員は顧客との折衝や、より創造的な仕事を行うようになるでしょう。

    一方、信託銀行は、通常の「銀行業務」と金銭・不動産の信託といった「信託業務」、そして不動産・証券代行・相続関連などの「併営業務」と、幅広い業務領域を持つ金融機関です。

    信託とは、委託者(顧客)がある目的に従って受益者(顧客)の利益のため、財産の管理・処分を受託者(信託銀行)への信頼をもって運用・管理を任せる仕組みです。

    委託者と、受益者が同じでもかまいません。

    信託業務は信託された金銭や有価証券、不動産の管理、運用、継承することを主な業務としています。

    信託業務は、プライベートバンクに近い存在といえます。

    このような知識を念頭においたうえで、銀行業務、その中でも信託銀行に興味があることを伝えられるとよいでしょう。

    ■なぜ三菱UFJ信託銀行を選ぶのか明確に伝える

    三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の経営理念、業務内容、サステナビリティ活動指針と事業戦略などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることが三菱UFJ信託銀行を選んだ志望動機になります。

    また、三菱UFJ信託銀行と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    三菱UFJ信託銀行を志望する応募者は、メガバンクや、同じ信託業務を取り扱う三井住友信託銀行、りそなグループをかけもち応募することが多いと思います。

    あるいは、同じ金融業ということで、損保、生保の会社にも応募する学生もいると思います。

    たとえ三菱UFJ信託銀行が第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜ三菱UFJ信託銀行なのかを、質問されたとき、面接官が納得できるように答えることが求められます。

    ■三菱UFJ信託銀行で、応募するコースや職種を選んだ理由と、そこでやりたい仕事を明確に伝える

    三菱UFJ信託銀行の採用形態は、「全国コース」と、「地域特定コース」のコース別採用、さらに仕事内容により、「一般採用」と、「配属特定採用」となっています。

    応募者は、応募するコース・職種を選んだ理由や、そこでやりたい仕事とその理由を説明できるようにしてください。

    さらに、やりたい仕事で活かせる能力やスキルがあればそれを伝えてください。

    ■他社の応募状況と志望順位を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、銀行業界(信託銀行)志望と答えてください。他社名を教えてほしいと聞かれたら、メガバンク及び同程度の銀行に応募中ならそれを答えてください。

    銀行以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。

    この場合まったくの異業種に応募している場合は、なぜ応募したのか答えられるようにしてください。

以上、三菱UFJ信託銀行の採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、まずは銀行業界を取り巻く環境を理解することと、銀行業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】銀行業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、信託銀行とはどのような銀行なのかを理解することも面接準備には必須です。

三菱UFJ信託銀行の会社概要、MUFGグループの経営理念や、事業戦略など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも、三菱UFJ信託銀行のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で三菱UFJ信託銀行のホームページから得た基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

三菱UFJ信託銀行の面接攻略のまとめ【就活】

三菱UFJ信託銀行に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

三菱UFJ信託銀行が採用したい人材は、「職務に応じた責任を全うし、成果を出す人」「新たな業務分野を創造し挑戦する自律的な人」です。

面接では、ESに沿って質問があります。学生時代に頑張ったことの深掘りがあります。

面接で自己PRするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 「配属特定採用」への応募者は、応募職種にふさわしい能力やスキルをアピールする

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜ金融を選ぶのか明確に伝える
  • なぜ銀行を選ぶのか、その中でなぜ信託銀行なのかを明確に伝える
  • なぜ三菱UFJ信託銀行を選ぶのか明確に伝える
  • 三菱UFJ信託銀行で、応募するコースや職種を選んだ理由と、そこでやりたい仕事を明確に伝える
  • 他社の応募状況と志望順位を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは銀行業界を取り巻く環境を理解することと、銀行業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、三菱UFJ信託銀行とはどのような銀行なのかを理解することも面接準備には必須です。

三菱UFJ信託銀行の会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

三菱UFJ信託銀行を志望するときに知っておきたい社風

三菱UFJ信託銀行を受けるにあたり知っておきたい社風について以下に記します。

  • 福利厚生は手厚く、退職金・年金、財形貯蓄、持株会、寮、住宅補助もあります。
  • 20時に退社が原則のため、付き合い残業は減っています。ですが、仕事が終わらない場合は持ち帰ってやっていることもあります。
  • トップダウン、年功序列、前例主義といったような伝統ある企業に見られる古い体質も残っています。挑戦的な社風に変えようともしています。
  • 女性管理職の割合は未だ少ないと言えます。会社として、育休・産休など取得するように努めていますが、職場によっては取りにくい雰囲気があります。
  • 他の金融機関よりノルマのプレッシャーは緩い感じです。プロセスも評価してくれます。
  • 三菱グループというブランド意識が全社員に良い意味で浸透していて、自信を持って仕事に取り組んでいます。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

三菱UFJ信託銀行の会社概要

ここからは、三菱UFJ信託銀行の会社概要を説明します。面接において志望動機を語る上で役に立ちます。

  1. 三菱UFJ信託銀行は、1927年設立の三菱信託株式会社、川崎信託株式会社及び、1947年設立の日本信託株式会社が源流です。

    その後、各社の社名変更、合併を経て、2005年三菱信託銀行とUFJ信託銀行が合併し、三菱UFJ信託銀行が設立されました。

  2. 三菱UFJ信託銀行は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の信託銀行で、三井住友信託銀行に次ぐ規模となっています。
  3. 三菱UFJ信託銀行を知るキーワードには、次のようなものがあります。
    • Fiduciary Duty:相手方から信頼を託され、相手方のために専門性の高いサービスを提供する人
    • 信託型コンサルティング&ソリューション:信託ならではの専門性と幅広い機能により、個人、法人の顧客の課題やニーズを把握・分析し、問題解決の具体的手段まで提供する、ベースとするビジネスモデル
    • 情報銀行:個人から本人のデータを預かり、個人に代わって管理、第三者に提供し、その対価を個人に還元するプラットフォーム
    • 信託財産230兆円超:委託者から託され、受託者が委託者に代わって運用・管理する財産で国家の一般会計予算の約2倍
    • AIアプリ:「まごよろこぶ領収書提出アプリ」や教育費に該当するか否かを判定するシステムなど、最先端のIT技術と蓄積するノウハウを掛け合わせ、顧客の課題を解決しより利便性の高いサービスを提供
    • こころを託す物語:家族の遺言、ベンチャービジネスの上場など、信託銀行の業務は顧客一人ひとりの想いに深く寄り添っていく仕事
  4. 三菱UFJ信託銀行の2021年3月期の経営数字は次の通りです。

    資本金は、3,242億円です。(2020年3月末)

    従業員数は、連結で13,425人、単独で6,397人です。(2020年3月末)

    拠点数は、国内53,海外5です。(2021年6月末)

    連結業務粗利益は、5,195億11百万円です。

    連結経常利益は、1,573億94百万円です。

    連結当期純利益は、1,183億34百万円です。

    三菱UFJ信託銀行の格付けについて、S&Pは「A」、ムーディーズは「A1」、日本格付研究所は「AA」、格付投資情報センターは「AA-」、フィッチレーティングスは、「A-」と高い評価を得ています。(2021年11月)

面接では会社概要について、例えば「Fiduciary Dutyとは何か知っていますか?」のような質問をされることがあるかも知れません。

面接前に会社概要を把握しておくことが大切です。

三菱UFJフィナンシャルグループの経営理念

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の経営理念について紹介します。

MUFG Way

<存在意義>

世界が進むチカラになる。

<共有すべき価値観>

1.信頼・信用(Integrity and Responsibility)

2.プロフェッショナリズムとチームワーク(Professionalism and Teamwork)

3.成長と挑戦(Challenge Ourselves to Grow)

<中期的に目指す姿>

世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ

面接では、「MUFG Wayを知っていますか」と質問されるかもしれません。覚えておくと良いです。

三菱UFJ信託銀行のサステナビリティ活動指針と事業戦略

ここでは、三菱UFJ信託銀行のサステナビリティ活動指針と事業戦略について、その概要を紹介します。

  1. 三菱UFJ信託銀行は、「安心・豊かな社会を創り出す信託銀行」をサステナビリティ(持続可能性)の活動指針とし、社会・お客さまの課題を解決できるプロフェッショナル集団を目指しています。
  2. 2021年4月からの中期経営計画では、以下の4つの事業戦略にチャレンジします。
    • 日本屈指の「金融サービス業」を目指す

      高い専門性を発揮し、付加価値の高い「コンサルティング&ソリューション」を顧客に提案

    • 「グローバル」に展開する資産運用・管理会社

      Fiduciaryとして顧客に選ばれ続ける資産運用・管理のソリューションを提供

    • 「社会環境に貢献する」商品・サービス

      少子高齢化や地球温暖化等の社会課題を解決する信託機能などを活かしたサービス創出

    • 「デジタル・トランスフォーメーション」による金融インフラ構築

      デジタル接点や、商品サービスのデジタル化を通じた新しい顧客体験づくりと、強靭な業務基盤確立

面接で自己PRや志望動機を語るさいは、事業戦略を知っておくことが大切です。覚えておきましょう。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK