就活の面接に必須の持ち物を絶対忘れない

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、就活の面接における必須の持ち物について教えます。

面接に何を持っていったら良いのかさまざまな就活サイトに載っていますが、筆者が考える必須の持ち物を説明します。

意外と忘れがちな持ち物がありますのでチェックしてください。

目次
  1. 就活の面接での質疑応答のために必要な持ち物
  2. 就活の面接で会社とのやりとりがある場合などに必要な持ち物
  3. 就活の面接で遅刻しないために必要な持ち物
  4. 就活の面接でビジネスマナーとして必要な持ち物
  5. まとめ

就活の面接での質疑応答のために必要な持ち物

就活面接での質疑応答のために持っていくべき持ち物を以下に説明します。

  • 履歴書、エントリーシートのコピー(場合によっては原紙)

    これらは面接官が質問するときのベースになるものです。書いてある内容については、面接前日の夜とか、面接会場へ向かう乗り物の中でも読んでおくことです。

    面接当日に履歴書やエントリーシートを提出する場合もありますので、その場合は原紙を持参してください。写真の予備も持っていったほうがいいです。

    こうした正式な書類は汚したり折り曲げたりしないためにも、クリアファイルに入れて持参してください。

  • 自己紹介、自己PR、志望動機が書いてある就活ノート

    自己紹介は面接の初めにするものです。自己PR、志望動機は面接で必ず訊かれる質問です。事前に答え方を練習して臨んでください。

    これらは履歴書やエントリーシートにも書いてありますが、面接本番で話すための答え方が書いてあるのが就活ノートです。

    就活ノートも面接前夜とか当日の面接会場へ向かう乗り物の中で読んでください。

  • 応募した会社のホームページをプリントしたもの

    志望動機や、逆質問に使います(※面接中に取り出して確認するわけではありません)。

    履歴書、エントリーシートや就活ノートと同じく面接前夜とか当日の面接会場へ向かう乗り物の中で読んでおいてください。

就活の面接で会社とのやりとりがある場合などに必要な持ち物

面接の会場で、会社からの連絡事項やその他のやりとりがある場合に必要な持ち物があります。

  • 手帳、メモ帳など書き留められるもの

    採用担当者からの連絡事項などをメモするときに使います。

    また面接官の質問に対するあなたの答え方や、ビジネスマナーなどについて反省点があったら忘れないうちに書き留めておきます。

    その他にも、他の応募者から盗みたいこと、見習いたいことがあったら書き留めます。次回の面接に役に立ちます。

    これらは就活ノートに直接書いてもかまいません。

  • 筆記用具

    ボールペン、鉛筆、消しゴムです。鉛筆、消しゴムは不意に筆記試験があったときのために持って行くことをすすめます。

  • 学生証

    あなたを証明するものは学生証しかありません。必ず持っていってください。

  • 印鑑

    採用担当者から、急に書類の記入を求められたときの用心です。

就活の面接で遅刻しないために必要な持ち物

就活面接で遅刻は厳禁です。遅刻しないために用意する持ち物があります。

  • 面接会場までの地図

    面接会場までの道順を確認するには、GPS機能が付いたスマートフォンなどの地図アプリが便利です。

    ですがプリントした紙の地図も携帯してください。スマホの充電はいつ切れるかわかりませんし、場所がわからなくなったとき道行く人に尋ねるには紙の地図が便利です。

  • スケジュール帳

    特に同じ日に複数の面接が予定されているときや、次回の予定を書きいれるときに使います。

  • スマートフォンなどの携帯電話

    思いがけないことが起こって面接に遅刻しそうになったとき、採用担当者への連絡用に使います。

    なお、急な連絡をする場合に備えて、応募する会社の採用担当者に通じる電話番号は携帯電話に記憶しておいてください。

    携帯電話の電源は、面接会場がある建物に入るときに切ってください。マナーモードではなく電源を切ります。

就活の面接でビジネスマナーとして必要な持ち物

就活面接でビジネスマナーとして必要な持ち物があります。これらはビジネスパーソンとなってからも必要な持ち物です。

  • カバン

    書類とか必要な持ち物を入れておくものです。面接会場まで持っていくものなので、床の上に立てて置くことができるように底は幅のあるカバンがいいです。A4サイズの書類が入る鞄にしてください。

  • 時計

    携帯電話があれば時刻はわかりますが、ビジネスパーソンを目指すあなたは、携帯電話で時刻を確認するより、時計で確認するほうがスマートです。

    特に面接会場がある建物に入ってからは携帯電話を切りますからなおさらです。なお時計はカジュアルでない普通のものがいいです。

  • ハンカチ、ティッシュ、花粉症の人はマスク

    ハンカチ、ティッシュは言うまでもありませんがマナーの基本です。できたらハンカチは2枚持つと、1枚が濡れたときの予備となります。雨などで体が濡れたときに使うと1枚はびしょびしょになりますから。

    花粉症の人は予備も含めて2枚以上のマスクを持って行きましょう。あと花粉症の人はティッシュを多めに用意してください。

  • 折り畳み傘

    天気が悪いときは、急に雨が降ったときの用心に折り畳み傘を用意してください。カバンに入るサイズのものです。

  • 女性はストッキングの予備

    ストッキングが破れたときの予備です。特に面接の場面でストッキングが破れていると目立ちますから用意しておくと安心です。

  • くし、ヘアブラシ

    風が吹く日などは髪が乱れます。くしとかヘアブラシを持って行ってください。

  • エチケットブラシ

    濃い色のスーツはほこりや汚れが付くと目立ちます。エチケットブラシを持参しましょう。

  • 携帯用靴磨き

    黒い靴は汚れが目立ちます。携帯用靴磨きを持っていくと便利です。

  • その他

    あなたが必要と思う持ち物があれば持って行ってください。

まとめ

就活の面接では必ず持っていくべき持ち物があります。

それは、質疑応答のために必要な持ち物、会社とのやりとりがある場合などに必要な持ち物、遅刻しないために必要な持ち物、ビジネスマナーとして必要な持ち物です。

これらの持ち物を忘れないために、あらかじめチェック表を作って、面接があるたびにチェックするといいです。

面接がんばってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK