新設学部に在籍のあなたが就職活動の面接を受けるときに外せないこと

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、新設学部に在籍しているあなたが就職活動の面接を受けるときの注意点を教えます。

新設学部は、昔からある学部名称とは異なる名称が多いです。ですから中高年の面接官には何を勉強しているのかわかりにくいものです。このことを理解して面接にのぞむ必要があります。

目次
  1. 就職活動の面接では新設学部を知らない面接官がいる
  2. 面接では新設学部に在籍のあなたは専攻分野を説明できるようにする
  3. 自分の勉強に自信を持って面接に臨むこと
  4. まとめ

就職活動の面接では新設学部を知らない面接官がいる

あなたは新設学部を知らない面接官がいることを知ってください。

面接官は応募先会社の管理職や役員がなりますが、彼らは年代的にもあなたよりずっと上で、ご両親の世代です。

すると余程のことがない限りあなたが学んでいる大学の新設学部を知りません。まして最近の新設学部は、かっての法学部とか経済学部といったような面接官に馴染みのある名前ではありません。カタカナ名称の学部が多く、一見して何を勉強している学部かわかりにくいものです。

そこで面接官から、「新しい大学だが、あなたは何を学んでいるか?」という質問が最初になされるわけです。

面接では新設学部に在籍のあなたは専攻分野を説明できるようにする

就職活動の面接では、新設学部に在籍のあなたは、専攻分野を説明できるようにしてください。

面接官から新設学部の勉強内容について説明を求められたら、簡潔に自分の専攻分野を説明できるようにあらかじめ準備してください。

専攻分野の説明を求められることが多いですが、このような質問がなければあなたからあえて強調する必要はありません。

自分の勉強に自信を持って面接に臨むこと

就職活動において、新設学部は伝統ある大学学部と比べて知名度が低い学部だけに不利と言えます。ですが、あなたは自分の勉強に自信を持って面接に臨んでください。

筆者の経験でも言えますが、どこの大学にも、キラリと光る学生がいます。面接官はそのような人材を求めており、あなたは他の応募者とこのような点が違うと堂々と自信を持ってアピールしてください。そのためには普段からの勉強と自分磨きが大切です。

まとめ

就職活動の面接では、新設学部を知らない面接官がいることを知った上で、専攻分野を説明できるようにしてください。

あなたが新設大学、新設学部に在籍していても、就職活動は自信をもって臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK