就活面接の「自己PR」における長所、短所の正しい話し方

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、就活面接の自己PRのなかで説明を求められる、長所や短所についての適切な話し方を解説します。

就活の面接において「自己PRをしてください。その中で自分の長所や短所を含めて話してください。」とか「自分の長所、短所を話してください」と面接官からよく質問されます。

このときあなたはどう答えたら良いのでしょうか?

目次
  1. 面接で長所、短所をどのように話すか?
  2. 長所をつくるときのポイント
  3. 短所をつくるときのポイント
  4. まとめ

面接で長所、短所をどのように話すか?

そもそも長所、短所とは何でしょうか?

面接で話すべき長所とは「自分のなかで優れているところ」です。

一方短所は、「自分のなかで劣っているところ」です。

面接において面接官が自己PRとしての長所や短所を訊くのは、応募者が自己分析できているか見たいからです。

自分のことが客観的にわかっているかを知りたいということです。

応募者が面接で話す自分の長所と短所について、面接官から見ると「違うのでは」と思うことがしばしばあります。

自己分析がしっかりできていないからです。あるいは応募者が自分を過大に見せたいからかも知れませんが。

自己PRでは自己分析が必須です。面接サポート本の事例を丸暗記して話さないようにしてください。

それでは自己PRをするための長所、短所をどのように作っていくか、説明します。

面接官はあなたの長所から「ビジネスパーソンとしての適応力があるかどうか」を見ています。よってあなたは自分の長所のなかにその適応力があることを示す必要があります。

それでは、長所をつくるときのポイントを説明します。

長所をつくるときのポイント

  • あなたの自慢できる能力を一言で表し、具体的エピソードと今後、その長所を会社でどう活かしていくか説明します。

    長所はエピソードを交えて具体的にアピールします。

    また、長所がどういうメリットを会社に与えてくれるのかわかるように説明してください。

    「私の長所は○○力があるということです。なぜならクラブ活動において・・・・・。よって入社できたら○○力をこのように活かして会社に貢献したいと考えています」といったかたちです。

  • 応募者が長所を説明するときによく使う「前向き」、「積極的」、「ポジテイブ思考」のような言葉は抽象的であり、面接官は「またか」となりがちです。

    あなたは自分らしい具体的な表現を心がけてください。

  • 長所を表すには、「自分はこう考えている」というより、第三者の具体的な言葉が効果的です。

    「以前、こんなことで先生に褒められました」とか「アルバイトをしている時、・・・・のようなことでお客様に感謝されたことがあります」といった、第三者から長所を指摘されたエピソードは面接官に納得感を与えます。

ぜひ以上のような言い方を覚えてください。ただしウソはつかないでください。面接官から追及されるとボロがでます。

続いて、短所をつくるときのポイントを説明します。

短所をつくるときのポイント

  • 面接においてあなたは短所を正直に話して、短所を克服するために行っている努力について説明します。

    自己PRで短所を説明するというのはなんとなくおかしい感じがしますが、短所を有効に使うのも自己PRのやり方と考えてください。

    短所を理解しそれを前向きに克服しようとして努力していることを言ってください。克服したとまでは言わなくてもいいです。

    「私の短所は・・・・なところです。たとえば・・・・。自分はこの短所を自覚し、・・・・のように克服しようと努力を続けています」といったかたちです。

  • 短所の説明を求められたら、「裏を返せば長所になる」のように説明しないでください。

    応募者のなかには、短所を裏返して自己PRする人がいますが、この説明は良くありません。

    なぜなら、この場面で面接官が知りたいのは応募者の短所を克服する努力であり、短所を克服する場面で発揮される問題解決能力です。

    「裏を返せば長所になる」と主張すると、面接官は短所が自覚できていないとみなしたり、質問をはぐらかされているという印象を受けます。

  • 短所を馬鹿正直に表現しなくてもかまいません。あなたが自覚している短所が、ビジネスパーソンにとって重大な短所のケースがあります。

    その短所は会社で仕事をする上で決してプラスにならないばかりか、むしろ「ビジネスパーソンに向かないのではないか」というような短所です。

    「議論で絶対に譲らない」とか「時間にルーズでいつも授業に遅刻する」とか「約束を守らない」などの短所で、会社で働くことに向かないと面接官は感じます。

    このような短所があったとしても、あえて言わず、別の少し軽い短所を説明するほうが無難です。

    もしあなたが本当にそのような短所を持っているなら、会社に入社するまでには絶対直してください。

まとめ

面接で話すべき長所とは「自分のなかで優れているところ」です。

一方短所は、「自分のなかで劣っているところ」です。

長所をつくるときのポイントは、あなたの自慢できる能力を一言で表し、具体的エピソードと今後、その長所を会社でどう活かしていくかを説明することです。

あなたは自分らしい具体的な表現をすることを心がけてください。

短所をつくるときのポイントは、短所を正直に話して、短所を克服する努力について説明することです。

短所の説明を求められたら、「裏を返せば長所になる」のような説明はしないでください。

短所は馬鹿正直に表現しなくてもかまいません。

もし「ビジネスパーソンに向かないのではないか」というような短所があれば、あえて避けて別の少し軽い短所を説明してください。

以上、面接の自己PRにおける長所、短所の正しい話し方について順を追って説明しました。

繰り返しますが、自己PRの長所、短所は面接で必ず質問される項目です。

面接官が「自己分析がきちんとできているな」と納得できる答えづくりを目指してください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK