転職の面接で他社の選考状況を訊かれたときの上手な答え方

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職の面接で他社の選考状況を訊かれたときの上手な答え方を教えます。

あなただけでなく、転職希望者は複数の会社に同時に応募することがあります。応募した会社が甲乙つけがたい場合、面接で他社の選考状況を訊かれたらどう答えてよいか困るものです。

このような場合どのように答えたらよいのでしょうか?

目次
  1. 他社の選考状況を確認する面接官の意図
  2. 他社の選考状況の答え方
  3. 「当社は第一志望ですか」と質問されたときの答え方
  4. まとめ

他社の選考状況を確認する面接官の意図

転職面接では他社の選考状況を必ず訊かれますがなぜでしょうか?

これは応募者であるあなたが応募先会社にどれだけ熱意や入社意欲を持っているかを知りたいからです。

転職希望者は同時に複数の会社に応募することがありますが、それは当たり前のこととして面接官もわかっています。複数応募が面接で不利になることはありません。

しかし面接官としてはせっかく内定を出したのに辞退されては困ります。よって、後述する「第一志望かどうか」の質問と同様の意味で他社の選考状況を確認するわけです。

同時に、志望動機と整合性がとれているかチェックする意味もあります。

例えば経理職を強く希望している応募者が、他社で営業職希望ではなぜ?と考えてしまいます。

他社の選考状況の答え方

転職面接で他社の選考状況についての質問があったときの答え方の基本は、「他社の選考状況を説明しつつ、この会社への入社の意思を示す」ことです。

  1. 面接官から「他社の選考状況を教えてください」と言われたら、現在進行中の応募先会社に絞って説明することです。

    過去に不採用となった会社は外してもかまいません。面接官は並行して応募中の会社の進行状況によって、自社の採用・不採用を決定する上でどの程度影響があるか知りたいのです。

    「現在応募している会社は〇社あります」とだけ言ってください。

  2. 面接官から「会社名を教えてください」と言われても具体的な会社名を言う必要はありません。

    新卒の就活と違って中途採用はこっそりとやる会社もあり、相手先会社に迷惑がかかることももあります。

    この場合は、業種、職種、地域などで答えてください。

    「御社と同じ○○業の会社」とか「生産技術職を募集している会社」、「××県を中心に・・・」というような言い方です。

    志望職種と他の応募先での志望職種に整合性がとれていればよいのですが、そうでなければ応募先の共通点、理由を説明できるように考えてください。

    共通点、理由が説明できないと面接官から「要はどの会社でもいいのだね」と軽くみられます。

  3. 面接官から「他社の選考状況は、現在どれくらい進んでいますか」と言われたら正直に答えてください。

    「一次面接を控えています」とか「最終面接が○○日にあります」とか答えます。未だ何も進んでいない場合は「書類選考中です」と答えてください。

    他社の内定を保留しているなら、選考の結果連絡を早くしてくれるかも知れません。

「当社は第一志望ですか」と質問されたときの答え方

転職の面接で「当社は第一志望ですか?」と質問されたときの答え方を説明します。

複数の会社に応募しているときは必ずこの質問がありますので回答の準備が必要です。

質問があるのは、応募者であるあなたが応募先会社にどれだけ熱意や入社意欲を持っているかを知りたいからです。

面接官としてはせっかく内定を出したのに辞退されては困るからで、この点では他社の選考状況を確認することと同様の意味を持っています。

  • その会社が第一志望なら文句なしに「御社が第一志望です」と答えてください。
  • 問題は、その会社が第一志望でない場合の答え方です。

    この場合でも「第一志望です」とためらわずに答えてください。ちょっとためらって第一志望と言うと面接官から見抜かれます。

    また「御社は○番目です」などと第一志望でないことを正直に言うと、不採用になる確率が高いです。

    「御社は入りたい会社の中に入っています」とか、「未だ他社の最終的な選考状況がわからないのではっきりと答えられませんが、御社にも魅力があります」との言い方についても良くありません。この答え方では第一志望ではありませんと暗に言っているようなものです。

    この答え方で面接官が「合格」を出す応募者は、どうしても採用したいレベルの人です。

    あなたに自信があれば良いのですが、そうでない場合は避けたほうが無難です。

    繰り返しますが、「当社は第一志望ですか?」の質問は会社への熱意や入社意欲を訊いているわけです。

    面接官の目も応募者が第一志望かどうかわからないほど節穴ではありません。応募者の前職や経験、スキルなどから、自社が第一志望レベルであるかわかっていながら訊いています。

    よってあなたが採用・不採用のボーダーライン上にいると自覚するなら「第一志望です」と言ってください。

    さらに「面接を通じて御社への入社意欲がますます高まりました」と続けるとなお良いです。

             

まとめ

転職の面接で他社の選考状況を訊かれたときの上手な答え方を教えます。

面接官が他社の選考状況を確認するのは、応募者であるあなたが応募先会社にどれだけ熱意や入社意欲を持っているか知りたいからです。

面接で他社の選考状況についての質問があったときの答え方の基本は、「他社の選考状況を説明しつつ、会社への入社の意思を示す」ことです。

面接で「当社は第一志望ですか?」と質問されたときは、たとえそうでなくても「御社が第一志望です」と答えてください。

これらを参考に面接に臨むと良い結果が得られます。

頑張ってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK