就活に勝つために、大切な面接の目的を理解しよう

2019.12.16 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、就活に勝つために知って欲しい面接の目的を教えます。

面接の目的は一体何でしょうか?あなたはこれを理解しておかないと面接のときの対応を間違えてしまいます。

面接の目的といっても「応募する側であるあなたの目的」と「採用する側である会社の目的」の2つは異なっています。それぞれの目的を知っておくことが就活に勝つためにはとても大切です。

目次
  1. 応募者にとって面接の目的は?
  2. 応募者にとって面接の隠れた目的とは?
  3. 会社にとって面接の目的は?
  4. まとめ

応募者にとって面接の目的は?

応募する側にとって面接は「わたしはこのような人間ですとアピールする場」です。

自分の良さや特徴を会社に伝えるためには、しっかりと自己を分析することが大切です。もちろん自己分析には具体的な裏付けが必要です。裏付けがないとなかなか面接官にまで伝わりません。

就活生は往々にしてこの自己分析を省きがちです。そして就活の面接の受け方が書いてある質疑応答本の模範回答をうのみにし、ひたすら丸暗記して面接に臨みます。その結果失敗するというケースが後を絶ちません。

また就活の面接で自己PRを求められた場合を考えてみます。

応募者がやりがちなのは、自己分析を省いて応募した会社のホームページから「会社が求める人材像」を探し出してきて、それに無理やり自分を合せることです。そしてホームページ上の言葉通りに「私は御社が求める人材像にそっくりです」とアピールするのです。

それは本当のあなたですか?「会社が求める人材像」はあるべき理想像です。

自己分析もしないでサイト上の言葉を拝借して「自分は求められる人材像と同じです」と言うと、正直いって面接官は「またか」と思います。

これでは就活に勝つことはできません。あなたは素直に、自分の本当の特徴を表現することが大切です。

応募者にとって面接の隠れた目的とは?

実は、応募する側であるあなたにはもうひとつ隠れた目的があります。

それは会社があなたを判断するのと同時に、あなたも応募した会社を判断すべきであるということです。あなたが入社するのにふさわしい会社かどうかです。

就活の面接ではこれも大切なことです。応募した会社があなたにとってふさわしい会社かどうかは、次をチェックしてください。

面接会場が応募した会社の会議室なら、受付の人や採用担当者の態度、面接官の態度、通路やトイレなどで行き合った社員の態度や何気ない会話、貼ってあるポスターの内容等々です。

会社を判断する材料はたくさんあります。面接や会社説明会などで会社を訪れる機会があったら一度じっくり社内を観察してください。

会社にとって面接の目的は?

採用する側である会社にとって面接は「会社にとって役に立つ人材を見つける場」です。

「そんなことは知ってるよ」とあなたは当然思うでしょう。ですが実はこれを意識して就活面接を受けている応募者は多くありません。

就活に勝つためには面接の目的を知り、さらに理解することが大切です。

たとえばあなたは応募した会社の「役に立つ人材」とはどういう人物か知っていますか?ホームページにある「求められる人材」といった抽象的な人物像ではありません。社員にこうなってほしいと具体的に求められているものです。

これを探しだすことが就活成功のコツのひとつです。会社にとって役に立つ人材像と、あなたの自己分析からみた自分の特徴をすり合わせて、うまく合う部分をアピールするのです。

会社の考える「役に立つ人材」がわからないと就活の面接の受け方、すなわち会社の質問に対するあなたの自己PRや志望動機の回答がどこの会社でもみんな同じということになってしまいます。

会社の応募者に対する評価のポイントはどこの会社もみんな同じというわけではありません。能力部分については会社の業態によって何を重視するか異なるものです。

就活に勝つためにはそこをきっちりと把握して、自分の持つ能力の打ち出し方を考えて回答することです。

たとえば同じ営業でも、小売業で直接消費者に接している会社は「明るさ」「元気さ」「コミュニケ―ション力」などがより求められるかも知れません。一方会社間の営業では、「商品企画力」とか「問題を分析し解決する力」などが求められるケースがあります。

また会社の社風に合っているかも評価されるポイントです。あなたは自分が社風に合いそうか見極めてください。

まとめ

就活に勝つためには、面接の目的を理解することです。

応募者にとって面接は「わたしはこのような人間ですとアピールする場」です。会社にとっては「会社に役に立つ人材を見つける場」です。

就活に勝つためには、このような目的を理解して面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK