どうして就活の面接であなたの熱意や意欲が伝わらないか?

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、就活の面接でどうしてあなたの熱意や意欲が面接官に伝わらないか考えてみます。そして熱意や意欲の伝え方を教えます。

入りたい会社に採用されるためには、あなたの能力やスキルをアピールすることは当然です。さらにそれに加えて会社に熱意や意欲を認めてもらわなくてはなりません。

効果的に熱意や意欲を伝えるためにどうしたらいいでしょうか?

目次
  1. 就活の面接で熱意や意欲が伝わらないのはなぜか?
  2. 就活の面接で熱意や意欲が伝わらない言い方
  3. 就活の面接で熱意や意欲が「伝わらない」を「伝わる」にする言い方
  4. まとめ

就活の面接で熱意や意欲が伝わらないのはなぜか?

面接官に熱意や意欲を伝えるとは一体どのようなことでしょうか?

あなたが一生懸命熱意や意欲をアピールしても、面接官にさっぱり伝わらないともどかしいものです。

この原因は、面接官が考える応募者の熱意や意欲のあり方を、あなたが理解していないことではないでしょうか?

就活の面接で熱意や意欲が伝わらない言い方

就活面接であなたの熱意や意欲が伝わらないとき、以下について考えてみてください。

  • あなたは「入社したら頑張ります」とか「入社したい気持ちは誰にも負けません」というような熱意や意欲の押し売りをしていませんか?

    もちろんあなたの熱心さだけは面接官に届くかもしれません。ですが入社したらどのように頑張るかが見えてきません。

    入社したい気持ちは誰にも負けないといっても具体的な証明がありません。だからこの言葉だけで熱意や意欲が十分伝わると考えるのは間違いです。

  • あなたは意思に反して「熱意や意欲が伝わらない言い方」をしていませんか?

    たとえば、面接官から「当社はあなたの中で何番目に入りたい会社ですか?」と質問されたとき、「第一志望群です」とか「入社したい会社のいくつかに入っています」というように回答していませんか?

    あるいは面接官との会話に感情がこもらないような話し方です。

    これではあなたの熱意や意欲は面接官に伝わらないです。「本当に当社に入社したいのか?」と思われます。

就活の面接で熱意や意欲が「伝わらない」を「伝わる」にする言い方

それでは熱意や意欲が「伝わる」言い方を教えます。

  • 「入社したい」の言葉を繰り返してもそれだけでは熱意や意欲は伝わりません。

    あなたが会社に入社するための努力をどれほどしているか具体的に伝えてください。

    例えば小売業ならば、応募先会社やライバルのショップに何回も足を運んで、「同業他社と比較して○○の点が良かった」と伝えます。

    あるいはメーカーであれば、「ライバルメーカーの商品と比較して、○○のような良い点は御社にしかない」と研究の成果を伝えることです。

    または自分が会社に役に立つことを具体的に伝えることでも、熱意や意欲を示すことができます。

    例えば、「○○のような長所とか良い点を活かして御社の○○の分野で貢献したい」と言うことです。

    このように、入社したいことを具体例をあげて説明すると熱意や意欲が伝わります。

  • 熱意や意欲がないと感じられる態度では、内定は得られません。

    熱意や意欲が伝わらないもうひとつの理由は、「入社したい」ということが伝わらない言い方です。

    応募先はいつも「第一志望」と伝えるべきです。

    中途半端な言い方は印象が良くありません。

    これら以外にも「当社に入社したいの?」と思われる発言は控えてください。

    また、面接で冷静に対応することは大切ですが、変化に乏しい単調な話し方では熱意や意欲が伝わりません。

    大げさな身振り手振りは必要ありませんが、ここぞという場面では感情を込めて話すと熱意や意欲が伝わります。

まとめ

就活の面接で熱意や意欲が伝わらないのは、面接官が考える応募者の熱意や意欲のあり方を、あなたが理解していないことではないでしょうか?

伝わらないのは、熱意や意欲の押し売りをしていたり、言い方に問題があるからです。

これらについて思い当たるふしはないか、もう一度考えてみましょう。

入社するために努力したことや、入社したら貢献できることをどれだけ面接官に伝えられるかが重要です。

さらには必要な場面では感情を込めて話してください。そうすればあなたの熱意や意欲はきっと伝わります。

頑張ってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK