就活の面接では携帯電話の取り扱いに十分注意する

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、就活の面接シーンにおける携帯電話取り扱いについて教えます。

スマホが普及してから、暇なときには時と場所を選ばずスマホを操作する若い人々を見受けます。

よって、面接シーンでもつい普段通りに携帯電話の電源を切らないままにしがちです。厳粛な面接シーンで着信音やバイブの音が鳴ってしまって、あわててその場で携帯電話を切ることになりかねません。

目次
  1. 面接では携帯電話を切ること
  2. 携帯電話をマナーモードにしない
  3. 面接で携帯電話を切っておく理由は?
  4. まとめ

面接では携帯電話を切ること

面接では携帯電話を切っておくことです。

あなたは面接会場がある建物に入って受付を通す前に、あらかじめ携帯電話を切っておいてください。面接シーンでは携帯電話を使用しないからです。

その後は面接が終了し、面接会場の建物を出るまで携帯電話は切りっぱなしにします。

これは会社説明会でも同様です。会社説明会の会場の建物に入ってから、建物を出るまで携帯電話は切っておいてください。

携帯電話をマナーモードにしない

面接では携帯電話をマナーモードにしないでください。

面接会場の建物内にいるときに、どこから電話がかかってくるかわからないと携帯電話をマナーモードにする応募者がいます。マナーモードのバイブ音は静かな部屋にいると意外と大きく聞こえるものです。

面接会場はもちろんですが、控室でもマナーモードのバイブ音は響きます。

携帯電話はマナーモードにしないで切っておくようにしてください。

「携帯電話はマナーモードにしておいてください」と人事の担当者から指示されることもありますが、その場合でも携帯電話は切っておくことが望ましいです。

それでも携帯電話を切っておくことが心配ならば、連絡を取りたい相手にあらかじめ携帯電話を切ることを連絡しておくとか、メールで連絡をするように依頼しておくといいでしょう。

面接で携帯電話を切っておく理由は?

面接会場の建物内で携帯電話を切っておく必要があるのは、面接をする場面で電話がかかってきたときに、たとえマナーモードのバイブ音でも面接官から良い評価を得られないからです。さらに控室でも他の応募者に迷惑がかかります。

また控室でスマートフォンをいじっていると、その場にいる人事担当の社員に良い印象を与えません。後で面接官にこのことを伝えることがありますので注意してください。

まとめ

就活の面接では面接会場がある建物に入ってから、面接を終えて建物を出るまで携帯電話を切っておくことを覚えてください。

マナーモードも禁止です。

面接会場の建物内で携帯電話を切っておく必要があるのは、面接の途中で電話がかかってきたときに、たとえマナーモードのバイブ音でも良い評価を得られないからです。さらに控室でも他の応募者に迷惑がかかります。

控室でスマートフォンをいじっていると、その場にいる人事担当の社員に良い印象を与えず、面接の評価にも悪影響です。

これらに注意して面接を頑張ってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK