転職面接の「自己PR」でライバルに差をつける

2019.12.16 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職の面接における自己PRでライバルに差をつける方法を解説します。

転職の面接で必ず聞かれる「自己PR」と「志望動機」、「退職理由」をロジカルにつくる」では、「自己PR」「志望動機」「退職理由」の作り方を説明しました。

ここでは自己PRをついてさらに掘り下げ、回答をつくるときのいくつかのヒントを教えます。

目次
  1. まず転職面接における「自己PR」とは何か?
  2. 自己PRのヒント1:他の応募者との違いを示す
  3. 自己PRのヒント2:キャリアをアピールする
  4. 自己PRのヒント3:職務経歴書から進歩する
  5. まとめ

まず転職面接における「自己PR」とは何か?

はじめに自己PRについてもう一度復習します。

自己PRとは「私にはこんな能力があります」ということを会社に伝えることです。

能力とは「社会人基礎力」のことです。経済産業省が定義づけた「仕事をするために必要な基礎的な力」のことと考えてください。

「自己PR」は以下の3つの能力から考えます。

  • 前に踏み出す力(行動力):「主体性」「働きかけ力(人を動かす力)」「実行力」で構成されています。
  • 考え抜く力(課題解決力):「課題発見力」「「計画力」「創造力(創意工夫する力)」で構成されています。
  • チームで働く力(チームワーク):「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「状況判断力」「規律性」「ストレスコントロール力」で構成されています。

あなたが身に着けている能力は、この3つのうちのどれでしょう?十分な自己分析をして、具体的に紹介することが「自己PR」です。

続いて「自己PR」をつくるヒントの説明に移ります。

自己PRのヒント1:他の応募者との違いを示す

その他のたくさんの応募者とあなたでは、どんな違いがあるのかを面接官に見せましょう。他の応募者と比べて良い点をうまく説明できれば、転職の面接に勝つことができます。

ライバルとの違いは次のように見せてください。

  • 自分は、ほかの応募者以上に会社に役立つ人間であることを伝えます。

    転職を目指す他のライバルも、同じように必死で自分の能力をアピールします。そんな中、同レベルの応募者たちと比較したあなたの強みを考えてください。

    ここで大切なことは、会社が中途採用で求めている人材像を探し出し、自分の中でその人材像に当てはまる部分を伝えることです。

    伝えたいことが多いときは、会社の価値観に照らした、上位一、二点に絞ります。

  • 結論(私は○○である)より、具体的な根拠の説明が大切です。

    ポイントは、なぜ強みと言えるのかを具体的事実に基づいて説明することです。

    なぜ〇〇力があると言えるのか、これまでの人生の中で〇〇力を発揮した事実を具体的に説明してください。

    自分の信念、価値観にまで触れることができるとなお素晴らしいです。

  • 中途採用の応募者は同じ職種へ応募します。他の応募者と話のネタが重複したときこそチャンスです。

    話が重複してはライバルとの違いをアピールできないとがっかりする必要はありません。

    そんなときこそ印象づけられるチャンスと考えましょう。

    話のネタとしてなぜそれを選んだか、そこから得たものは何であったのか?しっかり掘り下げて話すことができればライバルと差が付きます。自分の特徴や良さをわかりやすく説明しましょう。

自己PRのヒント2:キャリアをアピールする

これまで仕事をやってきた上で達成したり、獲得したことを具体的にわかりやすく説明してください。

  • もしビジネスパーソンとしての経験が短くてアピールするキャリアがない場合は、仕事で得た専門知識や基礎的能力をアピールしてください。

    また少しでも役立った経験を探してアピールすることも心がけます。

  • ビジネスパーソンとしてが経験があり、キャリアをアピールできる自信があれば、それまでの仕事で得た知識や経験、能力などから応募先で応用できることを選びます。そしてそれがどう役立つか、応募先企業の視点からQCDのいずれかに絡めて話すと効果的です。

    QCDとは、Q:仕事の質 C:コスト低減 D:納期(スピード)のことです。

  • 成果や業績について、どのように工夫し努力したか説明してください。

    社内表彰されたことや、売上実績などを繰り返すだけでなく、成功の裏にあった工夫や努力を説明することがポイントです。工夫や努力を具体的にアピールすることが自己PRです。

自己PRのヒント3:職務経歴書から進歩する

職務経歴書に書かれた内容からさらに進歩して自己PRするといいです。

職務経歴書に書かれている自己PRの内容を丸暗記して話す人がいますが、面接官は「職務経歴書に書いてある内容と全く同じなら話さないで」と思ってしまいます。

自己PRの時間を有効に使うために、少しでも内容を充実させてください。

たとえばもしあなたが会社に在籍中で、職務経歴書記入時より時間が経っていれば、より新鮮な話題を話すことです。

また、職務経歴書に書かれている自己PRに関連した具体的なエピソードについて質問されることがあります。準備しておきましょう。

まとめ

転職面接における自己PRとは、「私は能力がある」ということを会社に伝えることです。

自己PRは他の応募者との違いがはっきり分かるよう、具体的に説明しましょう。

これまで仕事をやってきた上で達成したり、獲得したことを具体的にわかりやすく説明してください。

職務経歴書で書いた内容からさらに進歩することも必要でしょう。

転職面接における自己PRのヒントを参考に、あなたも自分の特徴を打ち出せる自己PRをつくってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK