転職の面接で、応募資格を満たしていないときに逆転する答え方

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職の面接で応募資格を満たしていないときに、ハンデを逆転する答え方を教えます。

転職を考えて中途採用募集に応募したいけれど、応募資格を満たしていないことがあります。

このような場合、応募することをあきらめる人もいます。

ですが応募資格を満たしてないけれど勇気?を出して応募し、運よく書類選考が通る人もいます。すると、面接で「応募資格を満たしていないが・・・」と質問された場合どのように答えるか悩んでしまうものです。

応募資格を満たしていないとき、転職の面接でどうのように答えたらよいでしょうか?

目次
  1. 応募資格とは何か?
  2. 応募資格は絶対的なものではない
  3. 応募資格に載っていない応募資格がある
  4. 応募資格を満たしていない人の面接での答え方
  5. まとめ

応募資格とは何か?

転職を考えるとき、求人募集に載っている応募資格とは一体何でしょう?

応募資格に載っているのは、「学歴」「経験有無、年数」「保有資格」「求められるスキル」などです。

会社がこれらの応募資格を求人募集に載せるのは、そのような応募資格を満たしていないと、入社しても担当業務や役割が果たせないと考えるからです。

もちろん税理士や司法書士など資格がないとできない仕事もあります。ですがそれらの仕事を除いた場合、会社は応募資格について絶対不可欠なものと考えているのでしょうか?

応募資格は絶対的なものではない

結論から言うと、多くの会社は応募資格は絶対に守らなくてはいけない条件であると考えていません。

多少の融通は効かせてくれるものと考えてください。

応募資格を満たしていない場合でも、募集業務を担当できると会社が認めてくれれば採用の可能性は十分あります。

よって大卒以上という募集資格であっても、会社が募集業務をこなせると判断すれば高卒を採用します。

経験が必要な職種であなたが未経験でも、あるいは経験年数が足りなくても、あるいは資格を持っていなくても同様です。安心してください。

応募資格に載っていない応募資格がある

転職の求人募集では、法律により性別や年齢による差別はできないことになっています。

しかし、あからさまではありませんが、暗に女性や若い人を対象にしている求人募集があります。

たとえば「女性が活躍している職場です」というのは、女性に応募してもらいたいと言っているのです。

「若者向けの商品を販売しています」といえば、販売するスタッフは若い人がいいといっているようなものです。

「体力が必要な仕事です」という求人ならば、おおむね男性を対象としています。

このような応募資格に載っていない応募資格にも注意してください。

応募資格を満たしていない人の面接での答え方

それでは、応募資格を満たしていないことを面接官から質問されたとき、どのように答えたら良いでしょうか?

あなたが面接に呼ばれるときは、書類選考によって応募資格を満たしていないことは会社もわかっています。

それでも会社があなたを見てみたいということは、応募資格を満たしていないけど採用する可能性があると考えてください。

面接官から「応募資格を満たしていないが・・・」と問われたら、前職で得た能力、スキルや経験のうち応募先会社で活かせることを探して、それを自己PRしてください。

応募資格は満たしてないが、熱意は誰にも負けないことも話します。自己啓発をして、一日でも早く同僚に追いつくように頑張ることを伝えてください。

以上を上手に面接官に訴えることが大切です。

まとめ

転職の面接で応募資格を満たしていないときにハンディを逆転する答え方を教えます。

応募資格は絶対に守らなくてはいけない条件ではなく、多少の融通は効かせてくれることがあると考えてください。

応募資格を満たしていない場合でも、募集業務が担当できると会社が認めてくれれば採用の可能性があります。

面接で「応募資格を満たしていないが・・・」と問われたら、前職で得た能力、スキルや経験のうち応募先会社で活かせることを探してそれを自己PRします。

応募資格は満たしていないが、熱意は誰にも負けないことも伝えます。

これらを参考にして面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK