転職の面接で退職理由が会社の業績不振であることを正しく伝えるには?

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、会社の業績不振により退職した場合、転職面接で退職理由の正しい伝え方を教えます。

勤めていた会社が業績不振になり、退職せざるを得ないことがあります。その場合、転職面接でどのように退職理由を伝えたらよいでしょうか?

目次
  1. 業績不振による退職の内容
  2. 転職面接で、会社の業績不振という退職理由の伝え方
  3. まとめ

業績不振による退職の内容

業績不振による退職にも様々なものがあります。

  1. 会社倒産による退職

    会社が倒産して社員全員が解雇になるケースです。

  2. 部門閉鎖による退職

    会社の一事業部門を廃止し、その部門の社員が解雇になるケースです。

  3. 会社の退職者募集に応募して退職

    業績不振による人員削減のため、会社が退職金を上乗せして希望退職を募集し、社員が応募するケースです。このとき会社から退職勧奨する場合と、社員が自ら応募する場合があります。

  4. 業績不振により自ら退職

    会社の業績不振を理由として、自分で退職するケースです。

転職面接で、会社の業績不振という退職理由の伝え方

業績不振という退職理由の伝え方は、応募者がどのような形で退職したかによって異なります。

基本は、前職の業績不振を組織の一員として受け止めたうえで発言することです。「自分は関係ない」との意識を持たないことです。

  1. 会社倒産によって退職した場合:

    会社倒産の場合は、全員が解雇されるわけであり、簡単に退職理由を説明してください。

    会社倒産による解雇ですから、退職理由が面接で不利になることはありません。心配しないでください。

    注意する点は、前職の会社や経営者を批判したり、悪口を言わないことです。

    また会社の倒産について言いわけや、責任逃れめいたことも言わないことです。自分が直接会社倒産と関係がなくても、自分の力も及ばなかったとの反省を伝えます。

    そして気持ちを切り替えて新しい仕事に取り組む姿勢や目標について話してください。

  2. 部門閉鎖によって退職した場合:

    部門閉鎖により解雇された場合も①と同様に対応することです。

  3. 会社の退職者募集に応募して退職した場合:

    この場合も簡単に退職理由を説明してください。

    会社から退職勧奨を受けて退職した場合は、面接官から能力面などで問題があったのかと勘繰られる恐れがあります。

    なぜ自分が退職勧奨にあったのか、年齢・職場など、人事考課とは別の人選基準があったことを簡潔に説明できるといいです。

    いずれにせよ①や②と同じように、前職の会社や経営者を批判したり、悪口を言ったりしないことです。

    また会社の業績不振について言いわけや、責任逃れめいたことも言わないことです。自分が直接業績不振と関係がなくても、自分の力も及ばなかったとの反省を伝えます。

    そして気持ちを切り替えて新しい仕事に取り組む姿勢や目標について話してください。

  4. 業績不振により自ら退職した場合:

    業績不振という理由で自ら退職した場合は、「沈む船から先に逃げ出した」と面接官から勘繰られる恐れがあります。

    この場合は、業績不振による退職ではなく、別の前向きな退職理由を考えてください。

まとめ

自分が勤めていた会社が業績不振になり退職せざるを得ないことがあります。

業績不振による退職といっても、様々なものがあります。

転職面接で業績不振という退職理由の伝え方は、応募者がどのような形で退職したかによって異なります。基本は前の会社の業績不振を、組織の一員として受け止めたうえで発言することです。

前職の会社や経営者を批判しないなことです。会社の業績不振については、自分の力も及ばなかったとの反省を伝えます。そして気持ちを切り替えて新しい仕事に取り組む姿勢や目標について話してください。

あなたの転職を応援しています。頑張ってください。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK