履歴書の職歴にブランクがある場合、転職の面接で納得してもらえるような答え方

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、履歴書の職歴に一定の期間ブランクがある場合、転職の面接で納得してもらえるための答え方を教えます。

会社を退職して転職活動を続けても不採用が続くなど、なかなか転職できない期間があるものです。

病気療養などの諸事情により転職活動ができないため、ブランク期間が生じることもあります。

そのような場合、履歴書や職務経歴書にあるブランク期間について、面接官に納得してもらうためにはどのように答えたらよいでしょうか?

目次
  1. 職歴のブランク期間が長いと思われるのはどれくらい?
  2. 職歴のブランク期間について面接官は何を問題ととらえるか?
  3. 職歴のブランク期間についての答え方
  4. まとめ

職歴のブランク期間が長いと思われるのはどれくらい?

ブランク期間が長いと見なされる期間はどれくらいと特に決まっているわけではありません。

面接官がブランク期間が長いと感じたら、なぜそのようなブランク期間が生じたのか確認します。

よってあなたはブランク期間について面接官が納得できるように答えなくてはいけません。

職歴のブランク期間について面接官は何を問題ととらえるか?

ブランク期間があると、一般的にマイナス評価となります。

面接官が危惧するのは次のようなことです。

  • その理由が何であれ、ブランク期間が長いことで応募者の仕事へのやる気が薄れたり、カンがなくなったりしていないか。

    サッカーや野球などのスポーツでも、試合に出ていなければやる気が薄れたり、カンがなくなったりします。

    よって入社した場合に、やる気やカンを取り戻すに時間がかかるのではと危惧します。

    入社したらバリバリ働いてもらいたい会社としては心配な点です。

  • ブランク期間が長いのは、能力的に問題があるため何社応募しても不採用になったからではないか。

    能力的に業務遂行が十分できなくて、直ぐに退職してしまうのではないかと危惧します。

  • 応募者が仕事以外の自分の夢を追いかけていたり、なんとなく働かずにぶらぶらしていた結果、ブランク期間が長くなってしまったのではないか。

    これらについては、再びビジネスパーソンとして働く適応力があるか心配します。

  • 履歴書に記述はないけど、病気療養のためブランクが長くなってしまったのではないか。

    病気が治っていれば問題ないですが、治っていなければ入社してから仕事に支障をきたさないかと心配します。

職歴のブランク期間についての答え方

ブランク期間についての答え方の基本は、「社会復帰が可能であること」「会社への適応力があること」「即戦力として問題ないこと」を示すことです。

ブランク期間の時間の使い方、生活サイクルの実態、経済面での工夫を答えられるようにします。

ブランクの期間に「あなたが何を得たか」を伝えられるかも重要です。ブランク期間も自分にとって決してムダではなかったと言えたらよいのですが。

ブランク期間のマイナス評価をいかにプラスへ転じることができるか、せめてマイナスを帳消しにしなくてはなりません。そのためには以下の点を伝えることが大切です。

  • 転職できたらそれまでのブランク期間を即座に取り戻し、即戦力として働く意欲があること。そして現在もビジネスマナーやコミュニケーションに問題がないこと。
  • 希望業界・業種の求人が少なく狭き門であったためブランクがあるが、能力を磨くために、ブランク期間中も○○の自己研鑽努力を続けていること。

    業務遂行能力に問題がないと思わせるためには、転職がなかなか決まらなかったとは言わないでください。何社応募しても能力的に不採用となったのではと思われます。

    入社できたら持てる能力を発揮し、永く会社に貢献したいと答えることも大切です。

  • 夢追い系の人は、「期間を区切って○○になるために努力してきたが、ここにきて転職を考えた」ことを伝えます。

    ただなんとなくの人は「反省していること、心を入れ替え、本気で転職活動をしていることを伝えます。

  • 病気だった人は、完治し心身ともに万全であることを伝えて面接官を安心させてください。

まとめ

履歴書の職歴にブランクがある場合、面接で納得してもらえるためにどう答えるか教えます。

どれくらいブランクがあると長いと見なされるか特に決まっているわけではありませんが、ブランク期間があるとマイナス評価になります。

最低でも、ブランク期間のマイナス評価を帳消しにするような説明ができないといけません。

そのためには面接官が持つ懸念を打ち消す努力をすることです。

履歴書にあるブランク期間についての答え方の基本は、「社会復帰が可能であること」、「会社への適応力があること」、「即戦力として問題ないこと」を示すことです。

ブランク期間の時間の使い方、生活サイクルの実態、経済面での工夫を答えられるようにします。

ブランク期間に「あなたが何を得たか」を言えることも重要です。これらのことを頭に入れて面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK