転職者は「求人ボックス」でネット上の公開求人を一括検索しよう

2019.09.09 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

転職活動中に求人情報を探すため、「Indeed」や「Careerjet」といった求人検索サイトを利用する人も多いと思います。

Indeedをはじめとするこれらの検索サイトは、求人情報専門の検索エンジンです。

インターネット上には、「リクナビNEXT」や「doda」といった求人サイトや、ハローワークのインターネットサービスなど、求人情報を扱うサイトが多数存在します。ですがそれぞれのサイトを回って求人検索をかけるのは大変です。

求人専門の検索エンジンを利用することで、求人サイトやハローワーク、各企業ホームページ等に掲載されている求人情報を一括で検索することができます。

こういった一括検索が可能なのは、求人専門の検索エンジンが日々インターネット上に公開されている求人情報を集めてきているからです。

時間がない転職者にとって大変利用価値が高いサービスと言えます。

この記事では、求人専門の検索エンジンの中でも特に使いやすくて求人数も豊富な、求人ボックスについて説明します。

求人ボックスとは

求人ボックスは「価格.com」で有名な株式会社カカクコムが運営する求人情報専門の検索エンジンです。

求人ボックスを利用することで、インターネット上に公開されている正社員、アルバイト・パート、派遣・契約社員、在宅ワークや新卒採用といった求人情報を一括で検索できます。

数ある求人専門の検索エンジンのなかでも、求人ボックスは日本最大クラスの新着求人数と求人総数を誇っています。

またサイトの見やすさ、使いやすさにおいても定評があります。

そのため2015年にサービスが開始されて以来、急速に利用者数が増えています。

求人ボックスは「こだわり検索」ができて、検索の精度も高い

Indeedはアメリカでスタートしたサービスですが、求人ボックスは日本発のサービスです。

したがって日本ならではの「こだわり検索」ができることが強みです。

「未経験OK」「女性が活躍」「ミドル・シニア歓迎」「英語が活かせる」「学歴不問」「急募」「服装自由」「ブランクOK」「社名非公開求人を除く」「ハローワーク求人を除く」といった条件で絞り込めることは求職者にとってありがたいです。

また筆者が検索をかけた印象では、求人ボックスは検索キーワードに対して表示された求人情報のマッチング精度が高いように感じられました。

求職者はズバリ求めている仕事を見つけることができるのではないでしょうか。

さっそく求人ボックスを利用してみよう

転職中は時間との戦いです。

求人ボックスを利用することで、インターネット上に公開されている求人を一括検索できます。

個別の求人サイトを回る手間が省けますので、有効活用してみてください。

はい
いいえ
OK