新卒と中途の違いを意識して面接に臨め

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職に苦戦しているあなたやこれから転職を考えているあなたに新卒採用と中途採用の面接の違いを教えます。

新卒採用と中途採用では会社が応募者に求めるものに違いがあり、それが面接での質疑応答に反映されます。

目次
  1. 新卒と中途では、会社から求められるものに違いがある
  2. 新卒と中途では面接でも質疑応答に違いがある
  3. まとめ

新卒と中途では、会社から求められるものに違いがある

新卒者と中途採用者を比べたときに会社から求められるものの違いは次の通りです。

  • 中途採用者は欠員補充などの事情により具体的な仕事が決まっているため、即戦力が期待されています。

    一方新卒者は将来の貢献を期待されるポテンシャル採用です。よって面接時点では配属先も決まっていません。

  • 中途採用者は働いた経験があるため会社とはどういうものかわかっていますが、逆に元の会社のカルチャーにすっかり染まっていると、新しい会社のカルチャーに馴染んでくれるか面接官は不安を持ちます。

    そこで中途採用の面接では仕事、上司、会社へうまく適応してくれるか見られます。

    一方新卒者は会社や仕事に早く慣れることができるか見られています。

このような新卒者と中途採用者に対するスタンスの違いをまずは理解してください。

新卒と中途では面接でも質疑応答に違いがある

新卒と中途採用者では会社から求められるものに違いがあるので、それが面接の質問にも反映されます。

あなたは新卒のときに既に採用面接を受けていますから、中途採用も特に違いはないだろうと思うと面接対応を間違えます。

以下の違いに注意してください。

  • 採用面接の定番質問が違います。

    どこの会社に応募しても必ず訊かれる採用面接の定番質問があります。

    新卒採用では「自己PR」と「志望動機」についての質問です。

    一方、中途採用では「自己PR」「志望動機」に加えて「退職理由」も訊かれます。

    「自己PR」について、新卒採用の場合は学業、クラブ活動とかアルバイトについてアピールすることが殆どで、あなたもこの中から選んでいたかと思います。

    しかし中途採用の場合は、自分の仕事において持っている能力やスキルをどのように活かして成果を上げたかが中心です。

    「志望動機」について、新卒採用の場合は、自分はこの会社に合っていて、好きな仕事をやれそうと自分なりに想像して説明します。

    一方、中途採用では既に社会人を経験していますから、理想ではなく地に足のついた現実的な志望動機が望まれます。

    「退職理由」は中途採用だけの定番質問です。

    面接官が納得できる退職理由を説明する必要があります。この答えを間違えると不採用になります。

  • 面接官のメンバー構成が新卒の場合と違います。

    新卒採用と違い中途採用は配属予定先が決まっていて、通常は配属予定先の管理職が面接官として参加します。

    そこで配属予定先の面接官にあなたがどう思われるかが肝心になります。

    人事部門も配属予定先の意向を無視して採用・不採用を決めたりはしません。

    「一緒に働きたいか」「部下として活躍できるか」といった評価ポイントは、配属部門の面接官による判断で決められることを認識してください。

    これに対する最低限の対策は、自慢話ととられないような話し方をすることです。

    元の会社での成果を示すことは必要ですが、上手に、簡潔明瞭に成果を話してください。

    一つ注意するのは、元の会社の実績で嘘をつかないことです。面接官から突っ込まれるとボロが出ます。

    さらには、明るく、笑顔で、素直そうな態度を示してください。配属予定先の管理職が一緒に働きたいと思うのは、くせのない普通の人です。

  • 面接官の質問の深さが違います。

    新卒採用では、自分を大きく見せようとする人がいます。

    自己PRでやってもいないことを実績として誇り、クラブ活動やサークル活動では副部長ですと言います。

    ベテラン面接官ともなると直ちに嘘を見破り、「またか」と思いますが、その点を深く追求することはしません。

    一方、中途採用での自己PRはあなたの実績や成果が中心です。

    入社後活躍できるか見極めるために、実績や成果はしつこいくらい深く追求されます。

    よってあなたは中途半端な自己PRをしないでください。

    自分が中心となって実績や成果を出したのか、それとも他のメンバーに助けてもらったのか、納期は守れたのかなど、様々な質問がなされます。

    自分が中心となって行った業務の実績や成果を自己PRすることです。

まとめ

新卒採用と中途採用では会社が求めるものに違いがあり、中途採用は即戦力が期待されています。

面接において中途採用は仕事、上司、会社へうまく適応してくれるのか見られます。

新卒と中途は面接の質疑応答シーンに違いがあります。

定番質問の違いや、面接官のメンバー構成の違い、質問の深さの違いなどです。

中途採用に応募するあなたは、これらの違いを良く理解して面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK