Uターン転職の正しい志望動機の答え方

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、Uターン転職を考えているあなたに正しい志望動機の答え方を教えます。

地方から東京や大阪などの大都市圏の大学に進学し、そのまま都会で就職したあなたが、いつしかUターンして地元で働こうと考えたのには様々な理由があると思います。

都会での一人暮らしは大変だとか、自然豊かな生活環境の中で働きたいとか、将来親の面倒をみなくてはいけないなど様々でしょう。

それではUターン転職をする上でどのような準備や心構えをして、面接ではどのように志望動機を答える必要があるのでしょうか?

目次
  1. Uターン転職の準備その1:計画性をもって行う
  2. Uターン転職の準備その2:中途採用募集の情報を素早く収集する
  3. Uターン転職の準備その3:人脈を活用する
  4. Uターン転職の実態:Uターン転職の応募者は少ない
  5. Uターン転職の志望動機:面接では志望動機を間違えない
  6. まとめ

Uターン転職の準備その1:計画性をもって行う

Uターン転職のために都会と地元を往復するだけで時間と旅費がかかってしまいます。

あなたが在職中なら、その都度有給休暇を取得しなければなりません。おまけに上司に求職活動をしていると言うこともできません。

さらには、精神的、身体的負担も多大なものとなります。余程計画的に転職活動を進めないと、あなた自身が疲弊してしまうことになりかねません。

また応募先の会社も、わざわざUターン転職を目指すあなたに配慮して、あなただけのために筆記や面接試験のスケジュールを調整することもあります。

あなたがどうしても平日に有給休暇が取れないなら、土曜日や日曜日に試験をセットしてくれることもあります。

こうした会社の配慮も考えなくてはいけません。

よってUターン転職は計画性をもって行ってください。

Uターン転職の準備その2:中途採用募集の情報を素早く収集する

都会にいると、地元企業の中途採用募集の情報がどうしても入りにくくなります。

Uターン転職を考えるあなたは、地元企業の中途採用募集の情報をタイムリーに得る手段を考えましょう。

以下のような手段があります。

  • 興味がある地元の会社のホームページをこまめにチェックしてください。中途採用募集の情報が載ることがあります。
  • 時々、地元の新聞社や、人材紹介会社、商工会議所やハローワークが主催して、地元で合同会社説明会を開催することがあります。

    地元の新聞にはそのような情報が載りますので、新聞社のホームページなどをこまめにチェックしてください。

    また大都市圏で、地元企業のUターン転職合同会社説明会が開催されることもあります。

Uターン転職の準備その3:人脈を活用する

応募したい会社の生の情報を手に入れることを考えてください。

友人、知人や親せきが応募したい会社に勤務していたら、会社の良い点、悪い点を尋ねると思いがけない情報が手に入ります。

「社内の雰囲気が明るい」、「上司にモノが言える」といった良い情報から、「残業が多い」、「有給休暇が取りにくい」、「パワハラが横行している」などの悪い情報です。

会社のホームページや、転職サイトに載っているようなうわべの情報ではなく、生の情報を仕入れることが大切です。応募するか判断するうえで役に立ちます。

Uターン転職の実態:Uターン転職の応募者は少ない

地方企業でも全国や海外展開までしている有名大企業は、全国から応募者を集めています。

しかし地元に根を張っている中小企業は、優良企業であっても知名度が低いだけに地元在住の応募者が中心です。

一般的には、あなたのようにUターン転職を考えている人は少数です。

よって応募先会社にしてみれば、都会の会社で働くあなたがわざわざUターン応募してくれるのはうれしいことです。そして期待度も高いものです。

Uターン転職の志望動機:面接では志望動機を間違えない

あなたが地元に帰りたくてUターンの転職活動を行ったとき、応募先会社の面接において気をつけたいことがあります。

それは志望動機を質問されたとき、「地元の有名企業だから」とか、「地元に愛着があるから」、「将来、親の面倒をみるため」などといった説明をしないことです。

会社はそのような志望動機を評価してくれません。

このような回答をすると、「地元で働ければどの会社でもかまわないのか?」とか「会社にぶら下がるつもりなのか?」と思われてしまいます。

志望動機とは、「自分がやりたいことで会社の期待に応えます」ということと、「自分は会社の社風に溶け込めます」ということを説明することです。

あなたは志望動機について、「自分はこの会社にこのように役に立ちます」と具体的な実績をからめて伝えることです。

もちろん面接官も、あなたが先に挙げたような大きな理由があるために地元にUターンしたいことは十分わかっています。ですが面接では、それだけを志望動機にしてはいけません。

マイナス評価となりますので注意してください。

まとめ

Uターン転職をする上で、どのような準備や心構えをする必要があるのでしょうか?

Uターンのヒントは、「計画的に転職活動を行うこと」、「地元の転職情報をタイムリーに収集すること」、「あなたの知り合いから生の情報を得ること」です。

さらにライバルは地元に住む人が中心で、Uターンの転職を考えている大都市圏の応募者は少数です。応募先から期待される可能性が大きいです。

面接で志望動機について話すときは、「事情により地元へUターンしたかったから」ではなく、「自分はこの会社にこのように役に立ちます」と具体的な実績をからめて伝えます。

以上がUターン転職成功のヒントです。

あなたの転職に役立てられたら幸いです。頑張ってください。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK