転職の面接で体調不良による退職をいかにうまく伝えるか

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職の面接で体調不良という退職理由をいかに上手に伝えるか教えます。

以前の会社での仕事が激務であったり、自分に合わなくて体調不良となり、やむをえず退職せざるを得ないことはあります。

ですが再び健康を取り戻して転職を考えたとき、応募先に退職理由をどのように伝えるか悩むと思います。

ここでは体調不良で退職したあなたに、転職面接で上手に退職理由を伝えるポイントを解説します。

目次
  1. 面接官が応募者に聞きたいこと
  2. 転職面接で退職理由への質問にどう答える?
  3. まとめ

面接官が応募者に聞きたいこと

面接官は転職面接において必ず退職理由について詳しく聞きます。

特に履歴書や職務経歴書に体調不良とか病気による退職と記入してある場合、面接官が確認したいことがあります。

それは、以下の3点です。

  1. 体調不良の原因が何なのか?

    面接官は体調不良や病気が退職理由になっていると、その原因を知りたくなります。

    体調不良に至った原因が前職の勤務状況からくるものであった場合、入社後同じ状況になったとき再発しないか気になるところです。

  2. 現在は健康面で問題はないか?

    退職後、体調を整えて転職を図るわけですが、現時点では健康面に問題がないか確認します。

  3. 入社後、再発することはないか? 

    現在は健康であっても再び体調不良にならないか、健康を維持できる対策を打てているか確認します。

    せっかく転職して入社した社員が体調不良で働けないことは、会社にとって損失だからです。

転職面接で退職理由への質問にどう答える?

  1. 体調不良の原因について:

    体調不良の原因は、過重労働を強いられた、パワハラ上司に責められ続けた、能力を上回るノルマを強いられたとか様々だと思います。

    そのため身体的、精神的に体調不良になってしまったのだと思います。

    体調不良の原因を話す基本として、あなたにとって複雑な気持ちもあると思いますが、前の会社の悪口や批判はあえて言わないことです。会社で起こった事実だけをさらっと答えてください。

    そして体調不良の原因は自分にもあるとの言い方をしてください。

    過重労働を恒常的に強いる会社や、パワハラ上司がいても対応してくれない会社にはもちろん問題があります。

    ですが前の会社の悪口や批判を言っても、面接官は個人的には同情するものの、応募者に良い印象を持ちませんので注意してください。

  2. 現在の健康状態について:

    現在は健康面に問題がないなら自信をもって「問題ありません」と答えてください。

    またこの場合、通常の勤務や仕事の遂行に支障をきたさないなら、「定期検査」などの話をわざわざあなたから出さなくてもかまいません。

    必要なら医師の「完治証明書」など安心できる情報を提供します。現在は問題がないことを伝えると面接官も安心します。

    体調不良がほぼ完治していても健康面で通院が必要な場合は、その状況を正確に伝えてください。

    「月に一度通院をしている。その際、ご迷惑をおかけするが、業務を工夫しできる限り迷惑をかけないようにします」と言います。

  3. 入社後、再発する可能性について:

    入社した後で再発する恐れがないかについては、「健康管理が大切であることを今回の経験でしみじみ感じたこと」と、「今後、再発しないように○○のような健康管理に気をつけていること」を前向きに答えてください。

    面接官が安心します。

まとめ

様々な理由によって体調不良となりやむをえず退職することはあります。再び健康を取り戻して転職を考えたとき、体調不良という退職理由をいかに伝えるかを教えます。

履歴書や職務経歴書に体調不良とか病気による退職と記入してあると、面接官が確認したいことがあります。

それは体調不良の原因は何かということ、現在は健康面に問題ないかということ、入社後に再発する可能性はないかということです。

体調不良の原因については、前の会社の悪口や批判はあえて言わずに、会社で起こった事実だけをさらっと答えます。そして体調不良の原因は自分にもあるとの言い方をすることです。

現在は健康面に問題がないなら自信をもって「問題ありません」と答えてください。

入社後再発の可能性については、「健康管理が大切であることを今回の経験でしみじみ感じたこと」と、「今後、再発しないように○○のような健康管理に気をつけていること」を前向きに答えます。

どれほど健康に気をつけていても仕事環境によって体調不良に陥り、退職せざるをえないことも起こりえます。

あなたが健康を取り戻して転職に成功することを筆者も応援しています。頑張ってください。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK