転職の面接で、親の介護という退職理由を上手に伝えるには?

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職の面接で親の介護という退職理由を上手に伝える方法を教えます。

親の介護のためにやむを得ず退職せざるをえない場合があります。

ですが親を介護するために退職していた場合、転職の面接でどのように退職理由を伝えたらよいでしょうか?上手に話さないと転職に失敗してしまいます。

目次
  1. 親の介護を退職理由とした場合、面接官にどう思われる?
  2. 親の介護が退職理由であることを上手に答える
  3. まとめ

親の介護を退職理由とした場合、面接官にどう思われる?

「親の介護が退職理由です」と伝えると面接官は本当かどうか疑うことがあります。

「自分の仕事を辞めてまで親の介護をしなければならないのか?」、「別に本当の退職理由があるのではないか?」と疑問を持つのです。

よって面接官は、親の介護が本当かどうかいろいろ質問することが想定されます。

本当に親の介護で退職せざるをえなかった場合は、正直に伝えても採用で不利になることはありません。

しかしながら親の介護が退職理由であると伝えると、面接官は現在の親の状態が気になります。入社後、親の介護によって仕事に影響がでないか心配だからです。

親の介護が退職理由であることを上手に答える

親の介護が解決したから中途採用に応募するわけですから、退職理由と同時に「親の介護は解決して、現在は働くことができる」ことをはっきりと面接官に伝えてください。

このとき、面接官は次のような質問をすることがあります。

差し支えない範囲で答えると面接官も安心します。

  • できれば親のおおまかな病名
  • できれば介護認定のレベル
  • 介護の必要度と、家族のサポートや介護施設などの支援体制が出来ていること

「父は○○の病気で、要介護3です。このため介護施設に入所できるように手をつくしていましたが、×月より入所できる見込みになりました。何か問題があったときは妹が面倒をみてくれますので、これからは安心して働くことができます」のような答え方です。

まとめ

親の介護という退職理由を上手に伝える方法を教えます。

親の介護で退職せざるをえなかった場合は、それを正直に伝えても採用で不利になりません。しかし面接官は、入社後仕事に影響が出ないか心配します。

あなたは親の介護が解決したから中途採用に応募しているわけですから、「親の介護は解決して、現在は働くことができる」ことをはっきりと面接官に伝えてください。

できれば「親の病名」、「介護認定のレベル」、「介護の必要度と、家族のサポートや介護施設などの支援体制が出来ていること」について差し支えない範囲で説明してください。

以上を参考に面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK