転職回数をごまかすことは良くない

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職回数をごまかすべきではない理由を教えます。

中途採用の募集で転職回数が多い人は不利だと言われます。履歴書や職務経歴書に職務歴を記すとき、空白欄がないほど転職していると応募に不利にならないかと悩んでしまうものです。

そこで、できれば転職回数をごまかして中途採用募集に応募できないかと考える応募者がいます。

はたして転職回数をごまかす行為は許されるのでしょうか?

目次
  1. 転職回数をごまかしてもすぐに見つかる
  2. 転職回数をごまかすと結局は本人のためになりません
  3. 転職回数が多い人は自己PRを工夫する
  4. まとめ

転職回数をごまかしてもすぐに見つかる

転職回数をごまかしても、入社後、社会保険の加入手続きをするときに過去の履歴をチェックされた時点で発覚します。

その他にも入社後に発覚するケースとして、元の会社の同僚が応募先会社に在籍していてそこからわかることもあります。

あるいは、自分自身がなにかの拍子で同僚に話してしまうことも考えられます。

転職回数をごまかすと結局は本人のためになりません

転職回数をごまかすことは経歴詐称です。入社後に発覚すると懲戒解雇になります。すると他の会社への転職活動も困難になります。

これでは元も子もありません。

なにより、本人自身がいつも経歴詐称についての負債を持ち続けることは、精神衛生上好ましくありません。

よって転職回数をごまかすことをしないで、正直に履歴書を記入することです。

転職回数が多い人は自己PRを工夫する

転職回数が多い人は、なぜ転職回数が多いか面接官が納得できるように説明し、自己PRを工夫する必要があります。

面接官は、転職回数が多くなってしまった理由の正当性(納得できる理由か)と信ぴょう性(ウソをついていないか)を見ています。

そこであなたは今までの仕事と応募職種のスキル面での共通点をあげて自己PRすることです。

そして転職回数が多いことは認めて、今後はこれまでに得たスキルを活かして応募先会社でじっくり仕事に取り組み、貢献していきたいと自己PRしてみてください。

詳しくは「転職回数が多い人は自己PRを工夫する」を参照してください。

まとめ

転職回数はごまかすべきではありません。

転職回数をごまかしても、入社後に社会保険の加入手続で過去の履歴をチェックされるとわかってしまいます。

元の会社の同僚が応募先会社に在籍していて、そこから発覚することもあります。また自分自身がなにかの拍子で同僚に話してしまうこともあります。

転職回数をごまかすことは経歴詐称ですから、入社後に発覚すると懲戒解雇になります。

さらにいつ経歴詐称が発覚してしまうかと怯えているのは、精神衛生上好ましくありません。

もし転職回数が多かったら、なぜ転職回数が多いのか納得できる説明を考え、自己PRを工夫してください。

以上を参考にして面接に臨んでください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK