転職の面接に向けて前日までにやっておきたい事前準備

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職面接に向けて前日までに必ずやっておきたい事前準備について教えます。

しっかり事前準備をすることできっとよい結果につながります。

補足として面接当日の注意点も入れてありますので参考にしてください。

目次
  1. 転職の面接に向けて事前準備を怠らないこと
  2. 転職面接当日までに必ずやっておくべき事前準備
  3. 転職面接当日の注意点:余裕をもって30分前には面接会場に到着できるよう移動しましょう
  4. まとめ

転職の面接に向けて事前準備を怠らないこと

転職面接で準備不足にならないように、事前にしっかり準備しましょう。

もちろん転職を成功させたいあなたは準備を怠らないと思いますが、もし当日までに準備が整わないと面接に勝つことができません。

以下に説明する内容についてもう一度チェックしてみてください。しっかりできていますか?

転職面接当日までに必ずやっておくべき事前準備

転職面接の準備その1:新聞を毎日読み重要ニュースは知っておく

若いビジネスパーソンはスマホを使ってインターネットでニュースを読むことが一般的だと思います。ですができたら転職を目指す期間中は、新聞購読をお勧めします。

インターネットでもニュースは読めますが、ニュースの重要度がわかりません。自分の価値観でニュースを選び、読んでしまうからです。社会一般の重要度とズレが生じる場合が多いでしょう。

新聞は、一面のトップニュースで重要度がわかります。解説で世の中の流れを知ることも可能です。

転職で面接官を担当する管理職や役員クラスは、一般的にあなたの親御さん世代とかその上の世代です。

中高年の世代は、重要な情報や気になる情報をインターネットより新聞から得ているのです。

ビジネスパーソンは特にその傾向があり、人によっては経済紙を含めて3~4紙を並行して読んでいます。ベンチャー企業の若い経営者でも同じように新聞を読んでいると考えてください。

新聞で重要なニュースを読んでいないと、面接官から「気になるニュース」を質問されたとき満足に受け答えできません。

あなたが回答した内容について、深く突っ込まれることもあります。

特に、日本だけでなく世界の経済ニュース、志望企業や志望企業が属する業界ニュースは万遍なくチェックしておく必要があるでしょう。

転職面接の準備その2:失敗した面接を振り返って、反省点を修正する

既に面接試験を受けて失敗した会社があれば、なぜ自分の良い点を伝えることができなかったのか反省します。反省した内容は書き出してみることを勧めます。

何社も面接で落ちてしまったと言う応募者に、落ちた理由は何だと思うか質問することがあります。面接であがってしまったため、言いたいことが言えなかったという答えが大半です。

面接は学生時代の就活で経験済みでしょうが、面接であがることは通常よくあることです。

確かに、あがってしまったことが原因で失敗したこともあったでしょう。しかし、それだけでは原因分析力が不足しているとか、反省点の洗い出しが不十分だと判断されてしまいます。

失敗の原因は、あがってしまったことではないでしょう。「自己分析」を十分行っていなかったとか、「会社分析」をきちんとしていなかったことにあるでしょう。

元面接官として、「あがる」原因もそこにあるのではないかと考えます。

転職面接の準備その3:「自己PR」、「志望動機」と「退職理由」について的確に答えられるようにする

転職面接の3大質問は「自己PR]と「志望動機」、「退職理由」です。

これらに答えられるように事前にじっくり考えて回答をつくっておくことが必要です。

質問のほとんどは、自己PRと志望動機及び退職理由につながっていると考えてください。

転職面接の事前準備の重要性は理解していても、どのように準備したらよいかわからないこともあるでしょう。そこで、面接サポート本や転職サイトから「自己PR」、「志望動機」や「退職理由」をそっくりそのまま取り込もうとしていませんか?

面接官からあなたに「自己PRしてください」「志望動機を話してください」「退職理由は何ですか?」とストレートに質問されれば、上記の方法でも何とか答えられます。

しかし、関係ない質問だと思ったものが、実は「自己PR」・「志望動機」・「退職理由」を聞くための派生質問だったということは良くあります。

結果としてあなたの受け答えは、いくつかの矛盾を導き出してしまい兼ねません。

そうならないために、自己分析がどうしても必要です。

転職面接の準備その4:面接の前日から当日にかけて準備することを忘れない

面接前日に準備することは次の通りです。

  • 自然な笑顔が作れるように、鏡の前や家族の前などで何回も練習しましょう。

    自然な笑顔は急に作れるものではありません。この練習は面接のかなり前からやっておいてください。笑顔が自分のものになると、生き方への自信にもつながりますね。

    営業系のビジネスパーソンは仕事柄笑顔が得意だと思います。

    あなたが事務系、技術系など外部のお客様に接する機会が少ないビジネスパーソンである場合は、一生懸命笑顔を練習しましょう。

  • 持ち物のチェックをしましょう。

    〇履歴書や職務経歴書のコピー

    〇企業訪問スケジュール

    〇自己分析データ

    〇志望動機・退職理由などが書いてある転職ノート

  • 面接会場をもう一度確認し、そこに行くまでの交通機関と所要時間を調べておきましょう。余裕があるときは実際に同じ時間に行ってみましょう。

    特に何社も面接を受けるとこれらを怠りがちです。

転職面接当日の注意点:余裕をもって30分前には面接会場に到着できるよう移動しましょう

大都市なら交通機関が発達しているのでおおよその所要時間を計算できます。地方での面接の場合は、電車やバスが30分~1時間に1本ということがあります。また、降りてから歩かなくてはいけない場合もあります。

指定時間より到着が早すぎた場合は、15分前になるまで待機してから受付を通すくらいがいいです。

指定時刻ぎりぎりに駆け込み、息を切らせながら面接をする応募者がいます。それだけでアウトです。間に合わないよりはましですが・・・・。余裕をもった時刻管理は、社会人として重要なマナーです。

面接会場に着いたら、身だしなみや立ち振る舞いを最終チェックします。鏡に向かって自然な笑顔ができるかも試してみましょう。さあ、準備完了です。

まとめ

転職面接に向けて前日までに必ずやっておくべき事前準備があります。

毎日新聞に目を通し、重要ニュースはチェックしておいてください。

失敗した面接の反省点を書き出して、修正してください。

「自己PR」、「志望動機」と「退職理由」について自分の言葉で答えられるようにしましょう。

持ち物の最終チェックも忘れないでください。

面接当日は余裕をもって移動し、30分前には面接会場に到着できるようにしましょう。

準備不足にならないようこれらのことをもう一度頭に入れておきましょう。

頑張ってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK