転職の圧迫面接に負けない対応を知る

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では、転職活動中に圧迫面接を受けたとき負けない対応方法を教えます。

中途採用の試験ではいわゆる「圧迫面接」が行われることがあります。応募者が厳しい質問を投げかけられたり、面接官があえて気に入らないと思わせる態度をとったりします。

筆者はこのような圧迫面接はやるべきではないと考えています。ですが会社によっては意識して行うことがままあります。

よって応募者はこれに対応していく必要があります。

目次
  1. 転職の試験で圧迫面接がなされるわけ
  2. 圧迫面接と思われる面接官からの質問や態度
  3. 圧迫面接に対応するには?
  4. 圧迫面接についての筆者の視点
  5. まとめ

転職の試験で圧迫面接がなされるわけ

ではなぜ中途採用試験として圧迫面接がなされることがあるのでしょうか?

それは、面接官が圧迫面接をすることで、ストレスがたまりそうな仕事の場面で応募者がどれくらい冷静に対応できるか試しているわけです。

入社後に顧客からクレームがあったり、上司から本人にとって難易度の高い仕事を指示されることもあります。計画したより大幅に仕事が遅れそうなこともあります。

応募者がこのような様々な場面で冷静に対応できるか見極めたいのです。

圧迫面接と思われる面接官からの質問や態度

転職の圧迫面接における面接官の質問や態度は以下のようなものです。

  • 圧迫する:「あなたの言いたいことが、まったくわからないよ」
  • 高圧的に返事をする:「質問の意味がわかっているの?答えになってないよ。だめだな」
  • 言いがかりをつける:「前の会社ではよかったかも知れないけれどうちでは通用しないよ」
  • 追及する:「で?」「理由は」「なぜ」の言葉で答えにつまるまで、次々と質問する。応募者の理解度を図ろうとして、答えたことをさらに追及していきます。

圧迫面接に対応するには?

それではこのような圧迫面接に対していかに対応すれば良いのでしょうか?

基本は圧迫されても怯まず、冷静に対応することです。

  • 面接官がふさわしくないと思われる質問をすることがあります。でも、反論しないでください。

    ムキになって反論したらそれこそ面接官の思うつぼです。

  • 回答の正しさよりもその場の空気をしっかり読んでいくことが大事です。

    圧迫面接だなと思ったら冷静に答えることが大切です。困難な状況に陥ったときの、あなたの適切な対応力を見られます。

  • 質問に対しては前向きに素直に答えましょう。

    「そんな質問をするのはおかしい」とか「どうしてそんな質問をするのか」などと言い返してはいけません。

  • 圧迫面接をしてあなたの反応を見たいだけなのです。

    面接官の言っていることがわからず、ストレス耐性をみる質問に違いない思ったときは、不本意でしょうが素直に謝ってください。「勉強不足で解かりかねます。 これから勉強します。申し訳ありません。」

  • 一般的には面接官を議論で負かしてもほとんど得はありません。

    優秀な応募者ほど議論に負けるのことを嫌がります。ですが、さらに一歩前に進んでください。

  • 強い言葉を真に受けず、時には笑顔で答えるくらいの余裕を持ってください。

    応募者のストレス耐性を確認しているだけではないか、面接官も大変だなと思いましょう。(世間慣れのした大人には簡単でも、純真な若者にはけっこうむずかしい技ですが。)

  • 面接官の態度にムッとして黙り込むとか、怒るような感情を露わにしないでください。一番悪い対応です。

これらのやり方は、圧迫面接にあたっての有効な対応方法です。面接においてストレス耐性をみる質問があった場合はぜひとも試してみてください。

圧迫面接についての筆者の視点

圧迫面接について、筆者なりの視点を説明します。

はじめにも書きましたが、社会人として働いている応募者に圧迫面接をやるべきではないと考えます。

しかし、応募者が「圧迫された」と感じるものが全て圧迫面接なのかはちょっと疑問です。

応募者の答えに対し面接官がもっと深く知りたくて質問を重ねることはよくあります。これらすべてが圧迫面接だと考えるのは早計です。

次々に質問されても、あまり気にしないでください。

ですが圧迫面接に限度があることも事実です。

もし圧迫面接だとしても「あなたを本当に深く知りたい」ために行われているとあなたが理解し、納得する範囲なら問題ありません。しかし、それを外れた侮辱発言はもはや圧迫面接ではありません。

例えば、人格否定やセクハラなどです。そのような場合は中途採用に応募したことを考え直すことも必要です。

まとめ

転職の試験では圧迫面接が行われることがあります。

答えにくい質問をしたり、不愉快な雰囲気を感じさせたりするのが圧迫面接です。入社後の困難な仕事の場面で応募者がどれくらいストレスに対応できるかを試しています。

圧迫面接に対する対応の基本は圧迫されても怯まない、動じないことです。ただし、人格否定やセクハラなどがあった場合は中途採用に応募したことを考え直すことも必要です。

圧迫面接があったときはこれらを参考に対応してください。

圧迫質問にめげずに内定を得るように頑張ってください。応援しています。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK