【22卒】面接官が教える「HIS」の面接対策

2020.10.29 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

旅行業界大手で、グループとして多角的に事業を運営しているHIS(エイチ・アイ・エス)に入社を希望する人が必ず通過しなければならない面接試験。

(HISの正式社名は株式会社エイチ・アイ・エスですが、本ブログでは略して「HIS」と呼ぶこととします。)

応募者は事前にどのような面接の対策を練ったらよいのでしょうか?

HISに入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関する情報や、ノウハウというものがあります。

例えばHISの面接では、自己PRについて、求める人材をよく理解した上で、特に行動力をアピールすることが大切です。

一方、面接で志望動機を語るためには、ライバル他社と比べてなぜHISなのか答えられなくてはいけません。

HISでやりたい仕事を明確に伝えることも大切です。

これら以外にもHISの面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、HISの採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、HISの会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基にエントリーシートを作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. HISの求める人材
  2. HISの新卒求人情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. HISの面接攻略のまとめ【就活】
  6. HISを志望するときに知っておきたい社風
  7. HISの会社概要
  8. HISの企業理念
  9. 新型コロナウイルスの影響
  10. 参考リンク集

HISの求める人材

HISはどのような人材を求めているのでしょうか。

面接では求める人材を知っておくことが自己PRをするうえで必要です。

HISのホームページにある社長メッセージには求める人材のヒントが載っています。

私が求めるのは、優れた人間性と強い精神力。

人間性というのは、嘘をつかずに正々堂々としていて、お客様や仲間を大切にし、周囲を惹きつける魅力のある人。

そして精神力は、困難な問題に直面したり失敗した際にも、明るく元気に向き合い乗り越えられること、健康な肉体とのバランスに優れた力です。

また、旅が好きな人と一緒に仕事がしたいと思います。

ちなみに、私がHISを創業した1980年当時は、旅の経験が豊富な人というのが採用条件のひとつでした。

海外での体験は視野を広げ見識を深め、創造力と行動力を育みます。

旅好きな方は、コミュニケーション能力(伝達力)が高い上に、クリエイティブな発想が豊かでもあります。

もちろん、旅の経験がなくても、専門分野で結果を残そうと努力した経験があれば問題ありません。

とにかく、HISグループで『誇りとやり甲斐を胸に新しいことに挑戦したいという気概』を持った人と働きたいです。

社長のメッセージをまとめると、次のような人材を求めていることがわかります。

  • 嘘をつかずに正々堂々としていて、お客様や仲間を大切にし、周囲を惹きつける魅力のある人
  • 困難な問題に直面したり、失敗したりした際にも、明るく元気に向き合い乗り越えられる人
  • 旅が好きな人、旅の経験がなくても、専門分野で結果を残そうと努力した経験がある人
  • 「誇りとやり甲斐を胸に新しいことに挑戦したい」という気概を持った人

面接において自己PRをするとき、求める人材像をあらかじめ知っておくことは大切です。

ぜひ覚えておきましょう。

HISの新卒求人情報について【就活】

HISは2021年度入社の新卒採用活動を中止しましました。

2022年度入社の新卒採用活動が実施される場合には、下記内容が役に立ちます。

はじめにHISの新卒求人情報について以下に記します。

  1. HISの募集職種

    HISは、2つのコースと4つの初期配属先を選択する募集形態となっています。

    2つのコースは、グローバルコースとリージョナルコースです。

    • グローバルコースは、グローバルなフィ―ルドで、幅広く活躍し、社会・会社と共に成長するコースです。  

      転居を伴う国内外の転勤があります。

    • リージョナルコースは、特定の地域で自分らしく社会・会社と共に成長するコースです。

      特定エリア内で、社命による転居を伴う転勤があります。

    初期配属先は、①全職種、②法人団体営業職(BtoBアウトセールス)、③SE職(ITエンジニア)、④経理職の4つです。

    • 全職種は、旅行コンサルタント(BtoCカウンター・ネットセールス)や法人営業(BtoBアウトセールス)の他、営業支援、商品開発、海外営業など、適性に応じて入社時に決定します。
    • 法人団体営業職(BtoBアウトセールス)は、法人営業(業務渡航・官公庁営業等)、団体営業(視察・教育・イベント旅行等)を担当します。
    • SE職(ITエンジニア)は、基幹システムやインフラ、アプリケーションの開発等、要件定義から設計、開発、運用・保守までのプロジェクトを遂行します。

      関東地区のみ希望選択できます。

    • 経理職は、決算・決算短信、有価証券報告書作成、予算・債権管理、外国為替、経費および支払業務等を行います。  

      関東地区のみ希望選択できます。

    コースの転換は入社2年後から35才になるまで毎年実施できます。

  2. 選考フロー

    選考フローは次の通りです。

    WEBエントリー→エントリーシート→会社説明会→面接(複数回)→内々定

  3. エントリーシート(20年卒)

    エントリーシートは、次の内容の記入を求められます。

    • 忘れられない旅のエピソードを聞かせてください。(150字以内)
    • 旅を通して、得たものは何ですか。(150字以内)
    • あなたにとって、旅の魅力とは。(15字以内)
    • 【自分×HIS】あなたにしかできない、HISで挑戦(実現)したいオンリーワンの商品(または事業)を提案してください。

      (立体物の添付は不可ですが、枠内を自由に使用してください。)

    • あなたは、その商品(事業)を通じて、どのような価値を創造したいですか。
  4. 面接

    面接は複数回行われます。

    その中で特に学生時代に力を入れたこと、営業はできるか、旅行にどれほど関心があるか、HISについてどれくらい知識を持っているかなどが問われます。

    全職種

    自己PRに関すること

    • 自己紹介、自己PR
    • 大学を選んだ理由
    • 地元と大学のある街の違いは何か
    • 学生時代に力を入れたことは何か、そのなかで困難だったことは何か、どのように解決したか、その結果と得られたものは何か
    • 大学で所属するサークルを選んだ理由
    • 旅のエピソードについて
    • 旅行は好きか
    • 旅行してどこが一番良かったか、その理由は
    • 人と意見が食い違ったときどうするか
    • あなたを家具で例えると何か、その理由は
    • 計画はち密に立てるか
    • ストレスを感じるときはどんな時か、発散方法は
    • 周りからどのような人といわれるか
    • 特技はなにか
    • 長所は何か

    志望動機に関すること

    • 企業選びの軸は何か
    • HISとJTBとの違いは何か
    • HISを志望する理由
    • 入社して取り組みたい仕事(職種)とその理由は何か
    • 従業員数や企業理念、これから力を入れようとしていることを知っているか
    • 旅行を一言で表すと何か
    • 旅行してどこが一番良かったか、その理由は
    • 新規事業を提案して
    • 5年後、10年後、20年後どのような仕事をしているか
    • 友人にHISか他社のどちらを利用するか迷っている人がいると仮定して説得してください
    • 友人にHISはどんな会社と聞かれたらどう答えるか
    • 業界が抱える問題はなにか、それにどう対応するか
    • 接客に必要なこと3つとその理由
    • 他社の選考状況、第一志望はどこか

    法人団体営業職

    自己PRに関すること

    • 自己紹介と自己PR
    • 専攻科目の説明
    • 学生時代に力を入れたことは何か
    • 最近挑戦したこと
    • 今までで一番の困難にぶつかった経験
    • どんなときストレスを感じるか、ストレスの発散方法は何か
    • 挫折経験を教えて
    • 羽目を外した経験
    • HISで活かしたい強みは何か
    • 自分の弱みを具体的に説明して
    • 中高時代の部活動について
    • 友人の中でどのような立ち位置か
    • 旅行してどこが一番良かったか、その理由は
    • 趣味は何か
    • 最近の気になるニュースは何か、その理由は
    • 人の気持ちを動かした経験について

    志望動機に関すること

    • 就活の軸について
    • HISを志望する理由
    • HISの強みと弱みは何か
    • なぜ法人営業か、やっていけるか
    • 新規事業を提案して(なぜこの企画を考えたか、HISのメリットは何か)
    • 興味のある事業は何か
    • 法人営業でどんなことをやりたいか、それはなぜか
    • 5年後、10年後どのような仕事をしているか
    • 海外で何がしたいか
    • 海外支社はどこを希望するか、それはなぜか
    • 仕事をする上でステップアップをどのように考えているか(私生活を含めて)
    • HISを利用したことはあるか
    • 友人にHISはどんな会社と聞かれたらどう答えるか
    • 応募先業界の共通点はなにか
    • 他社の選考状況
  5. 採用人数   

    19年入社実績 507名

    20年入社予定 575名

    21年度採用計画 中止

  6. 20年新卒入社大学別就職者数

    国公立大:

    北海道大1、東北大1、名古屋大1、大阪大2、九州大1、千葉大1、東京外大1、都立大1、横浜市立大2、大阪市大1、広島大1、熊本大1、他

    私立大:

    早稲田大12、慶応大3、上智大3、明治大7、青山学院大10、立教大11、中央大7、法政大11、学習院大7、成蹊大5、成城大5、武蔵大4、明治学院大17、日本大19、東洋大16、駒沢大4、専修大5、東海大3、東京女子大4、日本女子大5、津田塾大3、大妻女子大2、共立女子大6、昭和女子大4、神奈川大6、愛知大5、愛知学院大2、愛知淑徳大7、中京大5、南山大5、同志社大6、立命館大8、関西大10、関西学院大6、京都産業大3、龍谷大9、京都女子大1、同志社女子大4、追手門学院大1、近畿大5、桃山学院大1、甲南大3、武庫川女子大3、西南学院大2、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2020年8月30日号)参照

  7. 学歴フィルター

    HISは全国の私立大を中心に採用しています。学歴フィルターはありません。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。

なので、それらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■行動力を自分の中で探してアピールする

    求める人材像からHISは、特に行動力を求めていると考えられます。

    行動力とは、自分の立場を理解し、何をすべきか、相手が自分に何を期待しているかを知り、やるべきことについて前向きに、目的達成まで粘り強く取り組むことです。

    求める人材にある、「困難な問題に直面したり失敗した際にも、明るく元気に向き合い乗り越えられる人」や「誇りとやり甲斐を胸に新しいことに挑戦したいという気概を持った人」は、まさに行動力のある人だといえます。

    面接では、学生時代に力を入れたことの中で、なぜ打ち込んだのかその理由と、どのような困難があり、困難をどう解決しやり遂げたかのエピソードを探し出して、語ってください。

    但し、HISは採用するすべての人に行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、面接でその能力を上手に説明してください。

    ■人と接することが好きなことをアピールする

    人と接することが好きで、人のために尽くすことを厭わない姿勢は、サービス業には絶対必要なことです。

    求める人材にも、「お客様や仲間を大切にし、周囲を惹きつける魅力のある人」とうたっています。

    HISの新卒求人はSE職と経理職という専門職を除き、大部分は営業職であり対人折衝能力が求められます。

    面接では、学生時代に、人に尽くして良好な人間関係を築いたことがあれば、それをアピールしてください。

    また、営業職は精神的にもタフさが求められます。

    挫折を乗り越えた経験やストレスの発散方法について回答を準備してください。

    ■ 旅行好きをアピールする

    HISは旅行好きが絶対条件です。

    求める人材にも、「旅が好きな人」とうたっています。

    旅のエピソードや、旅行してどこが一番良かったか、その理由は何か、地元と大学のある街の違いは何かなど、質問がなされます。

    面接ではこれまで旅行したことを思い出して答えられるように準備してください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■会社選びの軸を話せるようにする

    どのような業界を選ぶのか、どのような会社を選ぶのか、選択する基準を説明できるようにしてください。

    自分の中で一貫した考え方・価値観を持って、業界や会社を選んでいることが大切です。

    ■なぜHISを選ぶのか明確に伝える

    HISを志望する人は、旅行会社に興味がある人であり、HISと並行してJTBや他の旅行会社にも応募する人が多いことと思います。

    面接では、仮にHISが第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜHISなのかを質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    特にHISとJTBの違いを知っておくことが大切です。

    そのためには、HISと他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    HISのビジネスモデルなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

    その他ホームページから感じたことをまとめてください。そのなかで、自分が共感できることがHISを選んだ志望動機となります。

    ■HISでやりたいことは何か、そこで活かせる経験や、やりたい理由を明確に伝える

    HISは、2つのコースと4つの初期配属先を選択する募集形態となっています。

    2つのコースとは、グローバルコースとリージョナルコースです。

    すなわち、2つのコースのいずれかを選び、さらに4つの初期配属先から一つを選択するやり方です。

    初期配属先は、①全職種、②法人団体営業職(BtoBアウトセールス)、③SE職(ITエンジニア)、④経理職の4つです。

    このうち、SE職と経理職の専門職は関東地区のみ選択可となっています。

    面接では、コース・初期配属先を選んだ理由と、そこでやりたいことをしっかりと説明できなければなりません。

    仕事で活かせる経験があればそれも伝えると良いでしょう。

    入社後、専門職を除き、新入社員は営業の第一線で働くことになると思いますが、その後にどのような仕事をやりたいかを具体的に説明してください。

    将来のキャリアプランを聞かれたときのための答えも準備しておきましょう。

    ■HISという会社について答えられるようにする

    面接では、HISに関する知識を問う質問が多くなされます。

    例えば、以下のような質問です。

    • HISとJTBとの違いは何ですか。
    • 従業員数や企業理念、これから力を入れようとしていることを知っていますか。
    • 友人にHISか他社のどちらを利用するか迷っている人がいると仮定して説得してください。
    • 友人にHISはどんな会社と聞かれたらどう答えますか。
    • HISの強みと弱みは何ですか。
    • 興味のある事業は何ですか。
    • 海外支社はどこを希望しますか、それはなぜですか。
    • HISを利用したことはありますか。

    面接では、こうした質問に対して答えられることが求められます。

    ホームページをよく読んでHISを理解しましょう。

    HISとJTBなど他の旅行会社の営業所を訪問し、HISとの違いを確認することなども良いでしょう。

    ■HISの志望順位、他社の応募状況を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、旅行業界志望なら「同じ業界に数社応募中です」と伝えても構わないと思います。

    それ以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」と答えてください。

    この場合異業種であれば、その業界と旅行業界に応募した共通点を答えられるようにしてください。

以上、HISの採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、旅行業界を取り巻く環境を理解することと、旅行業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】旅行業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、HISとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

HISの従業員数や売り上げといった会社概要、企業理念、事業概要など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもHISのホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で面接を受けるにあたり必要と思われるHISの基本的な知識を簡単に紹介します。ぜひ読んでおいてください。

HISの面接攻略のまとめ【就活】

HISに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。

面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

HISが求める人材は、次のような人です。

  • 嘘をつかずに正々堂々としていて、お客様や仲間を大切にし、周囲を惹きつける魅力のある人
  • 困難な問題に直面したり、失敗したりしたときにも、明るく元気に向き合い乗り越えられる人
  • 旅が好きな人、旅の経験がなくても、専門分野で結果を残そうと努力した経験がある人
  • 「誇りとやり甲斐を胸に新しいことに挑戦したいという気概」を持った人

面接で選考するポイントとして、自己PRについては、①学生時代に力を入れたこと、②営業ができる性格かどうか、③旅行にどれほど関心があるかです。

志望動機については、①HISを志望する理由とやりたいこと、②HISについてどれくらい知識を持っているかなどです。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 自分の中で行動力を探してアピールする
  • 人と接することが好きなことをアピールする
  • 旅行好きをアピールする

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 会社選びの軸を話せるようにする
  • なぜHISを選ぶのか明確に伝える
  • HISでやりたいことは何か、そこで活かせる経験や、やりたい理由を明確に伝える
  • HISという会社について答えられるようにする
  • HISの志望順位、他社の応募状況を答えられるようにする

面接を攻略するためには、旅行業界を取り巻く環境や、旅行業界で働いたときの仕事の内容を理解しておくことが大切です。

また、HISはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

HISの会社概要や事業概要など、面接での受け答えのために知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

HISを志望するときに知っておきたい社風

HISの面接を受けるにあたり知っておきたい社風について以下に記します。

  • HISは挑戦することを大切にしている会社です。
  • 体育会系の会社であり、上司の命令は絶対です。そのような雰囲気に馴染める人には向いています。
  • 若い人が多く、職場の雰囲気は和気あいあいとしています。お互いの業務などをフォローしあうなど、人間関係は良好です。
  • 自分の裁量で仕事ができるようになると、仕事が楽しく活躍ができます。
  • 社員は旅行好きであり、旅行業という仕事に熱意を持って働いています。
  • カウンターセールスでは、忙しい日には休憩が取れないほど。残業が多く、体力勝負のところがあります。売上目標があり、メンタルが強い人でないときついかも知れません。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

HISの会社概要

ここからはHISの会社概要を説明します。

  • HISは現社長の澤田秀雄氏が1980年に、HISの前身であるインターナショナルツアーズを設立したことから始まりました。

    当初は旅行業界のベンチャー企業として海外への格安航空券を販売していましたが、その後自社の海外パッケージツアーの商品も販売するようになりました。

    海外への格安航空券の販売で成長してきたことから、海外旅行の取扱いが90%以上と圧倒的な売り上げとなっています。

    また、訪日外国人需要の中でも最も人数が多い中国に的を絞り、中国人向けに情報を提供するチャネルを充実させようとしています。

    旅行業以外にもホテル事業進出、航空会社設立(スカイマークエアラインズ *現在はグループ外)、ハウステンボスの子会社化、ラグーナテンボス設立、「変なホテル」オープンなど、グループとして積極的にホテル・テーマパークを中心とした事業展開を図っています。

  • HIS(エイチ・アイ・エス)の社名は、同社の系列会社で格安航空券を販売していた「有限会社秀インター」のサービスブランド「Hide International Service」の頭文字からつけたものと言われます。

    (秀は澤田社長の名前からとっています。)

    その後、「Highest International Standards(最も優れた世界標準)」という意味も追加しています。

  • 2019年10月末の経営数字はつぎのようになっています。

    資本金は、110億円です。

    従業員数は、18,393名です。(グループ全体)

    連結売上高は、8,085億円です。

    連結営業利益は、175億円です。

    連結経常利益は、170億円です。

    連結当期純利益は、122億円です。

    売上に占める各事業の金額は、旅行が7,224億円、ハウステンボスグループが280億円、ホテルが126億円、九州産交が222億円、エネルギーが204億円となっています。

    国内に259拠点、海外は70ヵ国300都市523拠点を構えています。海外進出国数は旅行業界で一番です。

    連結子会社は148社です。

面接では、「従業員数や、売上などを知っていますか」といった質問がなされるかも知れませんので、覚えておくと良いでしょう。

HISの企業理念

HISの企業理念は次の通りとなっています。

HISグループ企業理念

自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する。

併せてHISの企業文化と企業スローガンを載せますので、こちらも知っておくことが大切です。

HISの企業文化

ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを越え、世界平和・相互理解の促進に貢献する。

HISグループの企業スローガン

Change & Create

挑戦者であれ。

面接では、「企業理念を知っていますか」といった質問がなされるかも知れませんので、覚えておきましょう。

新型コロナウイルスの影響

  • HISは、特に旅行事業とハウステンボスグループに新型コロナウイルスの影響が大きく出ています。

    このため経営面ではコスト削減と手元流動性の確保を実施し、従業員、お客様向け、取引先に感染拡大防止対策をとっています。

  • 当初予定のホールディングス化は一旦延期とし、新本社へ移転し体制の強化を図ります。

    経営資源は成長領域へ投入し、より強固な事業ポートフォリオの構築を目指しています。

  • 旅行市場はコロナ感染症の縮小とともに中長期的に回復すると見込んでいますが、旅行事業は当面国内旅行に軸足を移し、「GO TO キャンペーン」による需要の獲得を目指します。

    また、訪日旅行者の受け入れ体制を整備し、デジタルトランスフォーメーションの促進を図ることなどで国内旅行の売上1.5倍を目指します。

  • 海外旅行事業は、固定費削減や人材育成など、アフターコロナへの準備を徹底します。

    同時にオンライン体験ツアーなど新需要の創出や、物販・ECサイトやフードビジネスなどの旅行業以外の新収益モデルを確立していきます。

面接では、「アフターコロナで、HISはどのような取り組みを考えたら良いか」などの質問がなされるかも知れません。HISのコロナ対策を知っておいてください。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK