【23卒/22年転職】面接官が教える「京セラ」の面接対策

2022.03.20 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

大手総合電子部品メーカーである京セラに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

京セラに入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えば京セラの面接では、求める人材をよく理解して、自己PRにおいて特に行動力をアピールすることが大切です。

技術系応募者の場合、就活生は研究内容を、転職希望者は技術力を説明するなかで課題解決力もアピールすべきです。

一方、面接で志望動機を語るためには競合他社と比べてなぜ京セラなのか答えられなくてはいけません。

また、就活生は希望する職種とその理由を、転職希望者は、応募職種を選んだ理由と取り組みたいことを明確に伝えられるようにしてください。

これら以外にも京セラの面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、京セラの採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、京セラの会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシート、転職希望者は職務経歴書を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生や転職の希望者は本ブログを読むことで、自己分析や企業研究の段階からスムーズに選考、面接対策へ進むことができるようになります。

目次
  1. 京セラの求める人材
  2. 京セラの新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. 京セラの面接攻略のまとめ【就活】
  6. 京セラの中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. 京セラの面接攻略のまとめ【転職】
  10. 京セラを志望するときに知っておきたい社風
  11. 京セラの会社概要
  12. 京セラの社是・経営理念
  13. 京セラフィロソフィとアメーバ経営
  14. 参考リンク集

京セラの求める人材

京セラはどのような人材を求めているのでしょうか。

面接では求める人材を知っておくことが自己PRをするうえで必要です。

京セラのホームページにある新卒採用情報には「求める人材像」が載っています。

求める人材像

CHALLENGE 夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる人

HONESTY 素直な心、ひたむきさを持っている人

GLOBAL グローバルな視点を持っている人

面接において自己PRを話すとき、求める人材像を知っておくことは大切です。覚えておくと良いでしょう。

京セラの新卒採用情報について【就活】

はじめに京セラの新卒採用情報について概要を以下に記します。

  1. 募集職種   

    募集職種は、営業管理コース、技術コース、オンリーワンコースです。

    ■営業管理コースは、チャレンジ採用コースと、職種別採用コースがあります。

    チャレンジ採用コースは、職種に関わらず、営業部門、経営スタッフ部門を希望する人が対象となります。

    職種別採用コースは、応募時に希望する職種が明確な場合で、経理財務、法務の職種を希望する人が対象となります。

    ■技術コースは、学校推薦、自由応募、その他応募方法があります。

    学校推薦の応募では、プロダクト・職種別採用を行っています。希望のプロダクトを2つ選択して、人事との事前面談を通して、希望のプロダクトへの配属を前提に面談を進めます。

    自由応募では、応募時に携わる職種にかかわらず、京セラで活躍したい人が対象です。応募の際に希望のプロダクトを確認しますが、確定は合格連絡後となります。

    その他応募方法は、博士の人の応募、理工系の知識を活用する「営業職」への推薦応募、留学生/海外大生の応募があります。

    ■オンリーワンコースは、学生時代、得意分野に没頭し、誰にも負けない努力をしてきた人で、活動実績、経験を強みに京セラで活躍したい人が対象となります。

  2. 選考フロー

    コース毎の選考フローは次の通りです。

    • 営業管理コース   

      エントリー→書類審査(エントリーシート・適性検査)→面談(複数回)→内々定

    • 技術コース(学校推薦)     

      エントリー→応募コース選択→必要書類提出・適性検査→人事面談→マッチング面談→内々定

    • 技術コース(自由応募)

      エントリー→応募コース選択→書類審査→適性検査→一次面談→二次面談→内々定

    • オンリーワンコース

      エントリー→自己紹介シート・自己PRシート提出→書類審査(自己PRシート+SPIテスト受検)→面接(複数回)→内々定

  3. エントリーシート(22年卒)

    ■営業管理コース、オンリーワンコース

    自己PRに関すること

    • 学生時代に力を入れたことについて教えてください。(1つ以上最大3つまで可)(400字以内)
    • あなたにとって1番の試練・挫折は何でしたか。また、それをどのように乗り越えたかを具体的に教えてください。(400字以内)
    • あなたと京セラの考え方の共通点を、上記経験を踏まえて具体的に教えてください。(400字以内)

    志望動機に関すること

    • 第1・2希望の事業部門と職種
    • 弊社への応募の「きっかけ」を踏まえて、志望理由を教えてください。職種別採用コースの場合は第1希望/第2希望部門の志望理由をご記入ください。(400字以内) 

    ■技術コース

    自己PRに関すること

    • 自己PRを記入してください。(250字以内)
    • 卒業・修了研究のテーマを記入してください。
    • 研究内容の趣旨を分かりやすく記入し、ねらいについては研究の目的、関連研究における位置付けなどを記入してください。 ※研究テーマが未定の方は、現在の専攻に基づき、最も関心を持っている研究分野について、またその理由についてご記入ください。(800字以内)
    • 進捗状況(研究の進み具合など)記入してください。 ※研究テーマが未定の方は未記入で結構です。(700字以内)
    • 学業や研究以外に、学生時代に力を入れていることや大切にしていることは何ですか。それに関連してどのような行動を取ったのかを理由とともにご記入下さい。
    • あなたが大学を通じて得たものを記入してください。(150字以内)
    • 長所について記入してください。(25字以内)
    • 短所について記入してください。(25字以内)

    志望動機に関すること

    • ご希望のプロダクト・職種(第一希望)を選択してください。
    • 第一希望を選択された理由を記入してください。(200字以内)
    • ご希望のプロダクト・職種(第二希望)を選択してください。
    • 第二希望を選択された理由を記入してください。(200字以内)
  4. 面接   

    京セラフィロソフィに合うかどうかを見られます。

    欠点や過ちを反省でき、他人に協力を仰いで問題の解決につなげる人かを見られます。

    技術コースは、最終面接で1~3枚の紙に自己PR用のセールスポイントと、長所・短所、挫折経験などを書き、3分プレゼンを行います。研究内容についても同じように5分プレゼンします。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください
    • 自己PRをしてください
    • 学生時代に力を入れたことを説明してください(なぜ取り組んだか、気づいた強み、そこから得られたもの)
    • 研究内容を説明してください(背景、何人で研究しているか、考え方、壁にぶつかったときの対応、最も大変だったこと、現在の課題、研究が企業で活かせることなど)(技術コース)
    • ゼミでの役割は何ですか
    • 大学の成績を教えてください
    • 部活動でリーダー経験はありますか、トラブルはありましたか、それをいかに解決しましたか、活動で得たことは何ですか
    • チーム内で意見が対立したときどのようにふるまいますか
    • 挫折経験はありますか、それをいかに乗り越えましたか、そこで何を学びましたか
    • 今まで最も困難だったことは何ですか
    • 周囲からどんな人と言われますか
    • 強みと弱みは何ですか、強みを表すエピソードは何ですか
    • 大事にしている価値観は何ですか
    • TOEIC点数や資格の取得状況を教えてください

    志望動機に関すること

    • 就活の軸を教えてください
    • 京セラを志望する理由を教えてください
    • 応募する職種を志望する理由を教えてください、希望する部署とその理由を教えてください
    • 京セラでやりたいことは何ですか
    • 京セラでどのように貢献できますか
    • 京セラフィロソフィの共感できるところとその理由を教えてください
    • 営業でクレームを受けたときはどうしますか
    • 将来海外で働きたいですか
    • 京セラで興味のある製品は何ですか
    • 他社の応募状況と京セラの志望順位を教えてください
  5. 採用人数

    19年度入社実績 349名

    20年度入社実績 400名(技術系約300名。営業管理系約100名)

    21年度入社実績 370名(技術系約300名 営業管理系約70名)

  6. 21年新卒入社大学別就職者数   

    国公立大:

    東京大4、京都大4、北海道大3、東北大2、名古屋大1、大阪大10、九州大9、東京工大4、筑波大3、電通大3、東京外大1、都立大1、横浜国大2、横浜市大1、大阪市大2、大阪府大1、神戸大7、岡山大3、広島大4、熊本大8、他

    私立大:

    早稲田大6、慶応大11、上智大2、明治大12、立教大1、中央大4、法政大1、成蹊大1、東京都市大4、日本大4、駒沢大1、専修大1、東海大1、東京理科大5、芝浦工大4、東京電機大3、千葉工大2、金沢工大4、愛知大1、南山大2、名城大4、同志社大22、立命館大19、関西大9、関西学院大5、京都産業大1、龍谷大1、同志社女子大1、近畿大1、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2021年9月5日号)参照

  7. 学歴フィルター

    京セラは、難関国立・私立大学から中堅私立大学まで幅広く採用しています。地元関西地区の私立大学から多数採用する傾向があります。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■行動力を自分の中から探してアピールする

    京セラは基本的に行動力を求めていると考えられます。

    求める人材として、「CHALLENGE 夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる」「HONESTY 素直な心、ひたむきさを持っている」人とうたっています。

    果敢にチャレンジし続けられるとか、ひたむきさを持っているとは、まさに行動力を表しているのではないでしょうか。

    また、総務人事本部長の方が、このようなことを話しています。

    • 京セラはチャレンジを大切に成長してきた会社であり、チャレンジとは、今よりも高い目標を掲げ、その実現を目指すこと。

      当然壁にぶつかるが、その壁を超えるからこそ成長を遂げられるもの。

    • これまでの人生でチャレンジした経験の中で、成功や失敗は問題ではなく、チャレンジを通じて得たものや、次にどんな行動を起こしたのかについて知りたい。

    京セラは本当に、チャレンジ=行動力を大切にする会社と考えます。

    面接では、学生時代において力を入れたことを伝える中で、行動力をアピールしましょう。

    力を入れたことはクラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。(ただし、学業は除いてください。)

    最も力を入れたことは何か、そこで困難だったことは何か、困難をどのように粘り強く、乗り越えたか、その結果と自分が身につけたことを語れるようにしてください。

    但し、京セラは採用するすべての人に行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、その能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容で課題解決力も語る

    まず、京セラは基本的に技術系の会社であることを理解しましょう。新卒採用者の75%は技術系です。

    電子部品業界は技術進歩が速い業界です。

    総合電子部品メーカーとして産業・自動車用部品、半導体関連、電子デバイス、スマホ・タブレット、プリンター・複合機、ソーラーエネルギ―関連等あらゆる電子部品、関連製品を開発・製造しています。

    中期的にも重点事業を強化するための投資を継続していきます。

    これらの事業を推進する上での研究課題が山積しています。

    面接では、それらに十分対応できる能力、スキルがあることを、自分の研究内容から探し出して話せるようにしてください。

    技術系応募者は、面接において研究内容の説明を相当詳しく求められることを覚悟してください。

    具体的には、研究にあたって、その課題と課題解決の手法をあげ、解決に困難だった点について自分自身の工夫と成果、京セラで生かせるものを説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、あるいはねばり強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    「この応募者は、斬新な発想のもとに何かをやってくれるのではないか」と期待感を持たせてくれる人になれば採用に大きく近づきます。

    応募希望者のなかには、直接京セラの製品に関わる研究、勉強をしていない人もいると思います。その場合は面接で潜在的な能力面をアピールすることです。

    ■チームワークができることも証明する

    京セラの面接では、チームワークに関する質問がなされます。

    例えば、「部活動でリーダー経験はありますか、トラブルはありましたか、それをいかに解決しましたか、活動で得たことは何ですか」とか「チーム内で意見が対立したときどのようにふるまいますか」といったような質問です。

    京セラは、創業者の稲森和夫氏が創り出した「アメーバ経営」が有名です。アメーバ経営とは何かは後述しますが、全員参加経営ともいえるもので、チームワークが必須です。

    なので、就活の面接ではチームワークができる人かどうかを見られます。

    面接でチームワークに関する質問がなされた場合には、チームの中で自分が請け負った役割と、目標達成のためにメンバーをどのように巻き込んだか、メンバーの意見を尊重するなかで、どのように自分の考えを理解してもらったかなど、チームの中での円満な人間関係に努力したことのエピソードを探し出して、語ってください。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    京セラの求める人材には、「GLOBAL グローバルな視点を持っている人」もうたっています。

    京セラは64%が海外売り上げです。海外拠点も全世界に約300社あり、常時約400名が海外出向しています。

    面接では、海外勤務について質問されています。事務系、技術系応募者に限らず、世界のどこへでも行って働く覚悟も伝えてください。

    また海外営業等の職種では、語学スキルが配属の判断材料となっています。

    海外関連の業務が希望なら、英語が得意でない人は採用が決まったら英語力向上に努めることも伝えるとよいでしょう。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■就職活動の軸を話せるようにする

    就活において、応募先を決める上での考え方をまとめてください。

    どのような基準で応募先を決めているかです。「電子部品業界を中心に応募する」とか「京都の先進的企業に的を絞っている」とかです。

    ■なぜ京セラを選ぶのか明確に伝える

    京セラの創業以来の歴史を理解し、社是・経営理念、事業内容、フィロソフィなどから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることが京セラを選んだ志望動機になります。

    また、京セラと競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    京セラを志望する応募者は、電機大手企業や、電子部品業界に興味がある人が多いと考えられます。また先進的な京都企業に応募を絞る人もいるように思います。

    よって電機大手ではパナソニック、日立製作所、三菱電機など、電子部品メーカー・京都企業では、村田製作所、ローム、オムロン、島津製作所などと並行して応募するでしょう。

    たとえ京セラが第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜ京セラなのかを、質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■京セラで何をやりたいかを明確に伝える

    技術コース(学校推薦)は、応募時に希望プロダクト・職種を指定する採用方法です。

    また、営業管理コース(職種別採用コース)については応募時に希望職種を指定する採用方法です。

    なので、希望プロダクト・職種を選んだ理由を答えられなくてはいけません。そのうえで希望プロダクト・職種に就いたらやってみたい仕事と、なぜやってみたいかその理由をしっかりと説明できなければなりません。

    一方、技術コース(自由応募)は、面接時に希望プロダクト・職種を確認されます。

    また営業管理コース(チャレンジ採用コース)、オンリーワンコースは面接時に希望職種を確認されるでしょう。

    ですから、希望プロダクト・職種とそこでやってみたい仕事、及びなぜやってみたいかその理由を答えられるように準備してください。

    やりたい仕事で注目している製品やサービスとその理由も話せるようにしておくとよいでしょう。

    ■京セラフィロソフィを理解しておく

    京セラのフィロソフィは、創業者の稲森和夫氏が京セラを経営していくなかで生まれた人生哲学であり、「人間としてこういう生きざまが正しい」としてまとめたものです。

    京セラはそのフィロソフィの基に経営していますので応募者は理解しておくと良いでしょう。

    ホームページの「稲盛和夫OFFICIAL SITE」において京セラフィロソフィが載っています。

    ■京セラの製品を知っておく

    京セラの製品はスマホ、タブレットなどを除き、見えるところで使われているものは少ないものです。

    よって、特に事務系の応募者は、その製品が最終製品の中でどのような役割、機能を果たしているのかわかりにくいと思います。

    だからこそ、京セラの製品について理解しておくことが大切です。

    面接でも、「京セラで興味のある製品は何ですか」と訊かれることがあります。

    ホームページにある製品群について、名称と役割、機能を知っておくと良いと思います。

    ■他社の応募状況を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、電子部品業界志望と答えてください。他社名を教えてほしいと聞かれたら、大手電子部品メーカーに応募中ならそれを答えてください。

    それ以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。この場合まったくの異業種であり、なぜそうなのか答えられるようにしてください。

以上、京セラの採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、まずは京セラが属する電子部品業界を取り巻く環境を理解することと、電子部品業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】電子部品業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、京セラとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

京セラの会社概要、社是と経営理念、フィロソフィなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも京セラのホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で京セラのホームページから得た京セラの基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

京セラの面接攻略のまとめ【就活】

京セラに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

京セラが採用したい人材は「夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる」「素直な心、ひたむきさを持っている」「グローバルな視点を持っている」人です。

面接で選考するポイントは、京セラフィロソフィに合うかどうかです。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容で課題解決力を語る
  • チームワークができることを証明する
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 就職活動の軸を話せるようにする
  • なぜ京セラを選ぶのか明確に伝える
  • 京セラで何をやりたいかを明確に伝える
  • 京セラフィロソフィを理解しておく
  • 京セラの製品を知っておく
  • 他社の応募状況を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは電子部品業界を取り巻く環境を理解することと同時に電子部品業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、京セラとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

京セラの会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

京セラの中途採用情報について【転職】

続いて京セラの転職面接について解説していきます。

はじめに京セラの中途採用情報について概要を以下に記します。

  1. 募集職種   

    京セラは、転職の希望者を対象とした事務系職種、技術系職種のキャリア(中途)採用を積極的に行っています。

    事務系、技術系とも社内に必要な能力、スキルを持つ人が少ない職種を募集していますので、応募にあたって基本は即戦力としての専門性が問われます。

    一方、経験・スキルを問わない第二新卒も、積極的に応募を受け付けています。

    募集職種はその時々で変わっていくと思いますが、現時点でどのような職種を募集しているか、詳細は、京セラのホームページにあるキャリア採用情報をご覧ください。

    もし、自分の能力、スキルが募集職種にフイットし、京セラの社風に馴染めそうなら中途採用に応募してみてはいかがでしょうか?

  2. 選考フロー   

    エントリー→書類選考→選考(面接・適正検査)→内定→面談及び電話相談→入社

    • エントリーはエントリーフォームより応募です。
    • 書類選考結果は2~3種間で連絡します。
    • 面接回数は1~2回です。
  3. 面接   

    面接では京セラフィロソフィに合うかどうか確認されます。

    自己PRに関すること

    • 現職(前職)の仕事内容を説明してください
    • 研究開発をして辛かったこと、課題をどのように乗り切りましたか
    • 10年後どうなりたいですか
    • 体育会系だけど大丈夫ですか

    志望動機に関すること

    • 京セラを志望する理由を説明してください
    • 社風についてどう思いますか
    • 京セラフィロソフィの共感できるところとその理由を教えてください
    • アメーバ経営についての感想を教えてください
    • 名誉会長の本を読んだことがありますか、印象的なところはどこですか
    • 求人に書いてあるところと違うところに配属されることがあるが大丈夫ですか
    • 製造ラインは薬品を使用しますが、臭いは大丈夫ですか
    • 将来の夢は何ですか

    退職理由に関すること

    • 現職(前職)の退職理由は何ですか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由を必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントを参考にしてください。

  1. 転職面接時の自己PRのヒント

    ■行動力を自分の中で探してアピールする

    京セラは基本的に、行動力を求めていると考えられます。

    京セラは、求める人材として、「CHALLENGE 夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる」「HONESTY 素直な心、ひたむきさを持っている」人とうたっています。

    果敢にチャレンジし続けられるとか、ひたむきさを持っているとは、まさに行動力を表しているのではないでしょうか。

    転職の面接では、現職(前職)において、応募書類だけでは説明しきれない詳細な職務を説明してください。

    その中で、自分が一番自信を持って成果をあげた職務を重点的に説明してください。

    職務の遂行にあたっては、課題解決のために困難だったことは何か、解決のためにどのように粘り強く職務を遂行したか、その結果と自分が身につけた知識やノウハウも含めて語れるようにしてください。

    もし上記の能力について乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して、間接的にでも募集職種に役立つことを伝えましょう。

    ■技術系応募者は技術力を語るなかで課題解決力もアピールする

    京セラは基本的に技術系の会社で、技術者を中心に採用しています。

    技術系応募者は、面接において現職(前職)の職務内容の説明を相当詳しく求められることを覚悟してください。

    募集職種の職務内容を理解して、転職の面接では、それらに十分対応できる経験、能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務内容を説明するなかで面接官にわかるようにする必要があります。

    与えられた目標を達成するために、課題を発見し解決するストーリーを説明してください。

    その中で、どのような困難があり、どのような対策を講じて解決に導いたか、及び最終的な成果を説明できるようにしてください。

    またその成果が、京セラでどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろんそのような職務を経験していない人もいると思いますが、その場合は潜在的な能力面をアピールすることです。

  2. 転職面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜ京セラを選ぶのか明確に伝える

    京セラの創業以来の歴史を理解し、社是・経営理念、事業内容、フィロソフィなどから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることが京セラを選んだ志望動機になります。

    また、京セラと競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    京セラを志望する応募者は、電機大手企業や、電子部品業界に興味がある人が多いと考えられます。また先進的な京都企業に応募を絞る人もいるように思います。

    よって電機大手ではパナソニック、日立製作所、三菱電機など、電子部品メーカー・京都企業では、村田製作所、ローム、オムロン、島津製作所などと並行して応募するかも知れません。

    たとえ京セラが第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜ京セラなのかを、質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■京セラで何をやりたいかを明確に伝える

    応募職種を選んだ理由とそこで取り組みたい業務を明確に説明してください。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ理由は、現職(前職)で培った自分の経験、能力、スキルが京セラで活かせることです。それについて、現職(前職)の職務内容をわかりやすく説明することで伝えてください。

    やりたい仕事で注目している製品や技術、サービスとその理由も話せるようにしておくとよいでしょう。

    ■京セラフィロソフィを理解しておく

    京セラのフィロソフィは、創業者の稲森和夫氏が京セラを経営していくなかで生まれた人生哲学であり、「人間としてこういう生きざまが正しい」としてまとめたものです。

    京セラはそのフィロソフィの基に経営していますので応募者は理解しておくと良いでしょう。

    ホームページの「稲盛和夫OFFICIAL SITE」において京セラフィロソフィが載っています。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に思ってもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、京セラの中途採用情報と転職の面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は1~2回行われ、自己PRと志望動機、退職理由に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

転職の面接を攻略するためには、まずは京セラが属する電子部品業界を取り巻く環境を理解することと、電子部品業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】電子部品業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、京セラとはどのような会社なのかを理解することも転職面接の準備には必須です。

京セラの会社概要、社是と経営理念、京セラフィロソフィなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも京セラのホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で京セラのホームページから得た京セラの基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

京セラの面接攻略のまとめ【転職】

京セラに中途採用で入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

京セラが採用したい人材は「夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる」「素直な心、ひたむきさを持っている」「グローバルな視点を持っている」人です。

転職の面接では、京セラフィロソフィに合うかどうか確認されます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語るなかで課題解決力もアピールする

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜ京セラを選ぶのか明確に伝える
  • 京セラで何をやりたいかを明確に伝える
  • 京セラフィロソフィを理解しておく

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

面接攻略のためには、まずは電子部品業界を取り巻く環境や電子部品業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことです。

また、京セラとはどのような会社なのかを理解することも転職の面接準備には必須です。

京セラの会社に関することなど、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも読み進めてみてください。

京セラを志望するときに知っておきたい社風

京セラはどのような社風なのか、面接を受けるにあたり知っておきたい情報を載せます。

  • 年1回の5連続休暇、5年に一度さらに5連続休暇が取得できます。通常の有休は取得理由を問われることがあります。
  • ダイバーシティは浸透しており、LGBTへの受け入れが寛容です。多目的更衣室やハートフル相談員などがいて、話も聞いてくれます。
  • 女性活躍委員会が定期的に開催されるなど、女性の活躍に熱心です。女性の管理職を急激に増やしていますので、一部部署では多少の混乱は起きています。  

    女性は育休産休を取得して職場復帰をしており、短時間勤務も可能です。

  • 年に数回、会社の経営理念を学ぶ場があります。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

京セラの会社概要

ここからは、京セラの会社概要を説明します。

  • 日本の電子部品業界は高い技術力をもとに、世界的にみても高いシェアを誇る製品をつくる企業が何社もあります。

    大手企業では村田製作所、日本電産、TDK、日東電工、アルプス電気などがありますが、京セラはそのうちの1社です。 

  • 京セラは稲盛和夫氏が、1959年京都市で、ファインセラミックの専門メーカーの京都セラミックを創業したのがはじまりです。  

    1959年の創業以来黒字経営を続けるなど、経営の安定性は高いものがあります。

  • 京セラは総合電子部品メーカーとして、産業・自動車用部品、半導体関連、電子デバイス、スマホ・タブレット、プリンター・複合機、ソーラーエネルギ―関連等あらゆる電子部品、関連製品を開発・製造しています。

    半導体セラミックパッケージでは世界シェアトップです。

  • 2021年3月期の経営数字は次のようになっています。

    資本金は、1,157億03百万円です。

    グループの従業員数は78,490名です。

    連結売上高は、15,269億円です。

    連結営業利益は、706億円です。

    連結当期利益は、902億円です。

    事業セグメント別売上高構成比は、産業・自動車用部品23.5%、半導体関連部品17.3%、電子デバイス20.0%、コミュニケーション15.2%、ドキュメントソリューション20.7%、生活・環境4.2%、その他△0.9%となっています。

    地域別売上高構成比は、日本36.0%、アジア25.6%、ヨーロッパ18.5%、米国16.8%、その他3.1%となっています。

面接では会社概要について、例えば「海外売上比率を知っていますか」のような質問をされるかも知れません。

面接前に概要をしっかり知ることが大切です。

京セラの社是・経営理念

続いて京セラの社是・経営理念を紹介します。

社是

“敬天愛人”  

常に公明正大 謙虚な心で 仕事にあたり 天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心

経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。

心をベースに経営する

京セラは、資金も信用も実績もない小さな町工場から出発しました。頼れるものは、なけなしの技術と信じあえる仲間だけでした。

会社の発展のために一人ひとりが精一杯努力する、経営者も命をかけてみんなの信頼にこたえる、働く仲間のそのような心を信じ、私利私欲のためではない、社員のみんなが本当にこの会社で働いてよかったと思う、すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、また同時にこれほど強固なものもないのです。

その強い心のつながりをベースにしてきた経営、ここに京セラの原点があります。

面接では「経営理念を知っていますか」と質問されるかも知れません。覚えておきましょう。

京セラフィロソフィとアメーバ経営

京セラの経営は、京セラフィロソフィとアメーバ経営に代表され、稲盛和夫氏が京セラを経営するなかでつくりあげたものです。ここでは、その内容について簡単に説明します。

  • 京セラは「お客様第一主義」を最も大切なテーマととらえています。

    顧客の満足のためには、世の中の変化に対応するスピードと、グループの技術力と経営資源を有機的に結びつけ、新たな価値を創造し続けることです。

    そのために重要となるのが、人の心をベース とする経営から生まれた「京セラフィロソフィ」と「アメーバ経営」の実践です。

  • 京セラフィロソフィとは、「人間として何が正しいか」をものごとの判断基準とする人生哲学、経営哲学です。

    あらゆる行動をするうえで、公明正大かつまじめに一生懸命努力していくことの大切さを基本としています。

  • アメーバ経営とは、組織を小グループに分け、独立採算制 により運営し、経営者意識を持つリーダーを育成し、全従業員が 経営に参画する「全員参加経営」を実現する経営手法です。

面接では京セラフィロソフィについて必ずといってよいくらい質問がなされます。覚えておきましょう。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK