【23卒/22年転職】面接官が教える「大林組」の面接対策

2021.10.21 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

スーパーゼネコンの一角である大林組に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接対策をしたらよいのでしょうか?

大林組に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい就職や転職の面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えば、大林組の面接では求める人材をよく理解して、自己PRにおいては、課題解決力と行動力をアピールすることが大切です。

一方、面接で志望動機を語るためにはなぜ建設業界を選ぶのか、について的確に答えられなくてはいけません。

さらに競合他社と比べてなぜ大林組なのかについても、面接官が納得できるように答えられることが大切です。

これら以外にも大林組の就職や転職の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、大林組の採用情報とともに、就職や転職の面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、大林組の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシート、転職希望者は職務経歴書を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生や転職の希望者は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. 大林組の求める人材
  2. 大林組の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. 大林組の面接攻略のまとめ【就活】
  6. 大林組の中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. 大林組の面接攻略のまとめ【転職】
  10. 大林組を志望するときに知っておきたい社風
  11. 大林組の会社概要
  12. 大林組の基本理念
  13. 大林組の中期経営計画
  14. 参考リンク集

大林組の求める人材

大林組はどのような人材を求めているのでしょうか?

大林組の採用パンフレットには、職種ごとの求める人材が載っています。

そこで、パンフレットに載っている求める人材から、面接で自己PRすべき能力などを探ってみました。

  • 建築  

    新しい技術・技法を積極的に習得していきたいというチャレンジ精神旺盛な人、学ぶことや覚えることが多いので勉強熱心な姿勢のある人

    *「新しい技術・技法を積極的に習得していきたいというチャレンジ精神旺盛」であることとは、課題解決力と行動力を表しています。「勉強熱心な姿勢」とは向上心を表しています。

  • 情報  

    ICT技術に関心があり、思い描くシステムの実現に向けて積極的に自分の意見を発信し取り組める人、プロジェクトを進める上で多くのステークホルダーと関わるためのコミュニケーション能力がある人

    *「思い描くシステムの実現に向けて積極的に自分の意見を発信し取り組める」とは、課題解決力と行動力を表しています。

    *「多くのステークホルダーと関わるためのコミュニケーション能力」とは、コミュニケーション能力です。

  • 建築設計  

    唯一無二のものづくりに、理想と情熱をもって取り組める人、柔軟な発想と優れたコミュニケーションによりプロジェクトを取りまとめ主体的に推進できる人

    *「柔軟な発想と優れたコミュニケーションによりプロジェクトを取りまとめ主体的に推進できる」とは課題解決力と行動力を表しています。

  • 土木  

    自然条件、地域条件、人・もの・お金・現場ごとに異なるさまざまな要素を見極めて刻々と変わる状況に柔軟に対応できる人、周囲のモチベーションを高めて牽引していく、バランスの取れた統率力のある人

    *「さまざまな要素を見極めて刻々と変わる状況に柔軟に対応できる」とは、課題解決力と行動力を表しています。

    *「バランスの取れた統率力」は、リーダーシップです。

  • 設備  

    高い専門性を語るスペシャリストになるため、まずは幅広い知識・スキルを持ったゼネラリストであること、未知の領域や分野に対しても、好奇心をもって意欲的に取り組む姿勢のある人

    *「未知の領域や分野に対しても、好奇心をもって意欲的に取り組む姿勢」は、課題解決力と行動力を表しています。

  • エンジニアリング

    常に新しい知識・スキルを吸収し、計画・設計から施工までのプロジェクト全体に積極的に関わる姿勢がある人、顧客や社内の関係者に対し、自分の考えをわかりやすく伝えるためのコミュニケーション能力がある人

    *「新しい知識・スキルを吸収し、計画・設計から施工までのプロジェクト全体に積極的に関わる姿勢がある」とは、課題解決力と行動力を表しています。

    *「顧客や社内の関係者に対し、自分の考えをわかりやすく伝えるためのコミュニケーション能力」とは、コミュニケーション能力です。

  • 機電

    人と接することが好きな人、チャレンジ精神旺盛な人、日々の暮らしを支えるインフラや大きなものづくりに携わりたい人

    *「チャレンジ精神旺盛な人」とは、まさに行動力を表しています。

  • 事務

    人と接することが好きな人、チャレンジ精神旺盛な人、人々の暮らしを支えるインフラや大きなものづくりに携わりたいという人

    *「チャレンジ精神旺盛な人」とは、まさに行動力を表しています。

以上、職種ごとの求める人材をまとめると、大林組が求める能力やスキル、姿勢は「課題解決力」「行動力」「リーダーシップ」「コミュニケーション能力」「向上心」です。

面接において自己PRをするとき、このような求める人材像から導かれる能力をあらかじめ知っておくことはとても大切です。

大林組の新卒採用情報について【就活】

はじめに大林組の新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    募集職種は、土木、建築、設備、機電、事務です。このそれぞれに全国型と拠点型があります。

    全国型は、国内外の各事業所に勤務します。拠点型は、勤務地を大林組の本支店管轄地域内に限定します。

    応募にあたっては、事務は自由応募ですが、事務以外は学校推薦と自由応募の2つがあります。

  2. 選考フロー
    • 建築(生産・開発・研究)/ 建築(設計)  

      プレエントリー→(会社説明会)→リクルーター面談→応募書類提出→適性試験→専門試験→面談(+グループワーク)→最終面接→合格

    • 情報

      会社説明会・プレエントリー→応募書類提出→適性試験→専門筆記試験→面談→最終面接→合格

    • 土木   

      リクルーター面談・プレエントリー→応募書類提出→適性試験→面談→最終面接→合格

    • 設備

      プレエントリー→会社説明会(リクルーターによる個別説明)→応募書類提出→適性試験→専門筆記試験→面談→最終面接→合格

    • エンジニアリング

      プレエントリー→会社説明会(リクルーターによる個別説明)→応募書類提出→適性試験→専門筆記試験→面談→最終面接→合格

    • 機電

      プレエントリー→会社説明会→応募書類提出→適性試験→専門筆記試験→面談→最終面接→合格

    • 事務   

      プレエントリー・会社説明会→応募書類提出→適性試験→専門筆記試験→面談→最終面接→合格

  3.  エントリーシート(22年卒)   

    自己PRに関すること

    • 学業で特に注力した事項を必ず記入してください。(100文字以内)
    • ゼミナール・専攻分野(ゼミ名・専攻科目・テーマ)(100文字以内)
    • 卒業論文(論文名・テーマ)予定内容で結構です。(100文字以内)
    • 学業以外に学生生活で特に力を注いできた事項(クラブ活動等)を教えてください。(300文字以内)
    • 自己の特徴・長所(セールスポイント)を教えてください。(250文字以内)
    • アルバイト・ボランティア経験を教えてください。(100文字以内)
    • 趣味・特技を教えてください。(100文字以内)

    志望動機に関すること

    • 建設業の魅力及び最近の建設業で興味を持ったことを教えてください。「事務系」応募者については、建設業に興味を持った理由を記入してください。(300文字以内)
    • 志望職種・勤務区分とその理由(200文字以内)
    • 当社でやりたい仕事とその理由を教えてください。(300文字以内)
  4. 面接   

    ESに沿って質問されます。志望動機、事務系は学生時代力を入れたこと、技術系は研究内容の深掘りがなされます。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください(1分)
    • なぜその大学・学科に進学したのか、大学院に進学した理由は何ですか
    • 専攻について説明してください
    • 研究内容について説明してください(研究室を選んだ理由)
    • 学生時代に頑張ったこと、なぜ頑張ったか、苦労した点、それをどう乗り越えたか、うれしかったこと、成果と成長したことについて答えてください
    • 学業以外で力を入れたことを説明してください
    • 今までで最も困難だったことは何ですか
    • 自分の強み・弱みは何ですか
    • 趣味・特技は何ですか
    • あなたにとって働くとは何ですか

    志望動機に関すること

    • 建設業界を志望する理由を教えてください
    • 5社の中でなぜ大林組を志望しますか
    • 〇〇本部を志望する理由を教えてください
    • 大林組でやりたいことは何ですか
    • ITと建築の未来はどうなると思いますか
    • 事務系社員に求められる知識や資質は何だと思いますか
    • 転勤は大丈夫ですか、それはなぜですか
    • 現場がどのような場所か理解していますか
    • 好きな建築(大林組でも他社のものでも可)、建築家、構造家は何ですか
    • 大林組の建築施工物件で最も印象的なものは何ですか
    • 大林組のどのような技術に興味がありますか
    • 大林組のCMを知っていますか、感想を教えてください
    • 他社の選考状況と大林組の志望順位について教えてください
  5. 採用人数

    19年度入社実績 275名(文系45名 理系230名)

    20年度入社実績 302名(文系43名 理系259名)

    21年度入社実績 304名(文系52名 理系252名)

  6. 21年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大8、京都大5、北海道大6、東北大8、名古屋大2、大阪大6、九州大8、東京工業大10、一橋大2、筑波大2、千葉大3、都立大5、横浜国大4、横浜市大1、大阪市大6、大阪府大2、神戸大7、岡山大2、広島大4、熊本大8、他

    私立大

    早稲田大12、慶応大7、上智大5、明治大10、立教大1、中央大3、法政大8、学習院大2、成蹊大1、成城大1、東京都市大2、日本大13、東洋大2、東京理科大9、芝浦工大5、東京電機大2、工学院大2、日本女子大1、千葉工業大1、金沢工業大1、南山大1、名城大3、同志社大4、立命館大7、関西大6、大阪工業大11、近畿大7、摂南大1、甲南大1、西南学院大1、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2021年9月5日号)参照

  7. 学歴フィルター

    大林組は国公立大学、私立大学と幅広い採用となっています。適性試験・筆記試験を通過すれば、道は拓けます。

    学歴フィルターはありません。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    大林組は、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように大林組は、どの職種も課題解決力と行動力を重視しています。(機電と事務は行動力重視ですが、課題解決力も必要と考えます)

    大林組は、建築・土木・開発・新領域の4本柱の強化を戦略の核に、事業領域の深化・拡大、グローバル化を加速して、「最高水準の技術力と生産性を備えたリーディングカンパニー」「多様な収益源を創りながら進化する企業グループ」を目指しています。

    このような計画を推進するために、課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で課題解決力と行動力をアピールしましょう。

    課題を発見して、既存の発想にとらわれず新しい解決法を考え、解決のための計画づくりができる。実現のために粘り強く取り組むことができる。というアピールです。

    力を入れたことは勉強、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    最も力を入れたことは何か、なぜ力を入れたのか、困難だったことや困難を解決するために創意工夫してどのように粘り強く行動したか、などを語ってください。

    但し大林組は、採用するすべての人に課題解決力と行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、その能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容を語る

    まず、大林組は基本的に技術系の会社であることを理解しましょう。新卒採用者の85%は理系です。

    技術系応募者は、その学科を専攻した理由や研究内容について、なぜそれを研究するのか、どのように取り組んだか、その結果どうなったか、身につけたことなど自分の研究を面接官にわかるように、簡潔に説明できるようにしておきましょう。

    後述する、中期経営計画を読めば、大林組にはやるべき課題が山積されていることがわかります。

    面接では、自分の研究内容について説明するときに、それらに十分対応できる能力やスキルがあることを話せるようにしてください。

    ■リーダーシップのあることを説明する

    「土木」では、リーダーシップのある人材を求めています。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で、リーダーシップを発揮したことをアピールしましょう。

    ここでのリーダーシップとは、例えばクラブ・サークルの会長とかいったような役割・立場ではありません。

    目標達成に向けて、一緒に取り組んだ仲間に対して、良い影響を与える行動を指します。

    ■向上心のあることを説明する

    「建築」では、向上心を持つ人材を求めています。

    学生時代に最も力を入れたことや、研究内容の説明のときに、向上心を持っていることがわかるエピソードを用意すると良いでしょう。

    ■コミュニケーション能力は面接での受け答えで証明する

    「情報」と「エンジニアリング」は、コミュニケーション能力を持つ人材を求めています。

    コミュニケーション能力の有無は、面接における受け答えで結果として証明されます。

    ですから、「コミュニケーション能力があります」とはあえて言わないほうが良いでしょう。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜ建設業界を選ぶのか明確に伝える

    なぜ建設業界を志望するか、その理由を説明できるようにしてください。

    建設業界とは何か、建設業界を取り巻く環境や、建設業界の仕事についての基本は、ブログ記事「【2022年】建設業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を参照ください。

    建設会社について業務の理解を深めていき、魅力を語ってください。

    ■なぜ大林組を選ぶのか明確に伝える

    大林組の基本理念、事業内容、中期経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることが大林組を選んだ志望動機になります。

    また、大林組と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    大林組を志望する学生は皆さんそうでしょうが、建設業界に興味がある人だと思います。

    なので、大林組の応募者は、鹿島建設や大成建設、清水建設、竹中工務店といったスーパーゼネコン各社などとかけもち応募する学生が多いようです。

    たとえ大林組が第一志望でなくても競合他社と比較し、なぜ大林組なのかを質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■大林組でなぜその職種、勤務区分を志望するのか、配属希望部門と、そこでどのような仕事をやりたいか明確に伝える

    応募する職種、勤務区分とその理由、配属希望部門やそこでやりたい仕事は何か、なぜその仕事をやりたいのかをきちんと説明できなくてはいけません。

    あわせてやりたい仕事で活かせる能力やスキルがあればそれを伝えてください。

    ■大林組の会社や仕事の理解度を試す質問に答えられるように準備する

    面接では、大林組の会社や仕事の理解度を試す質問もなされます。

    例えば、「大林組の建築施工物件で最も印象的なものは何ですか」「大林組のどのような技術に興味がありますか」といったような質問です。

    こうした会社の理解度を試す質問に答えられるように準備しましょう。

    ■他社の応募状況と大林組の志望順位を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、建設業界志望と答えてください。他社名を教えてほしいと聞かれたさい、スーパーゼネコンに応募中ならそれを答えてください。

    建設業界以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。

    この場合まったくの異業種に応募している場合は、なぜ応募したのか答えられるようにしてください。

以上、大林組の採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

大林組は従来の建築分野以外の新事業への進出に積極的で、再生可能エネルギー創出事業や、グリーンエネルギーソリューション、アグリ・バイオビジネスななどを推進しています。

このような大林組の面接を攻略するためには、まず建設業界を取り巻く環境を理解することと、建設業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】建設業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、大林組とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

大林組の会社概要、基本理念、中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも大林組のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で大林組の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

大林組の面接攻略のまとめ【就活】

大林組に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

大林組が採用したい人材は、「課題解決力」「行動力」「リーダーシップ」「コミュニケーション能力」「向上心」のある人です。

面接では、志望動機、事務系は学生時代力を入れたこと、技術系は研究内容の深掘りがなされます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容を語る
  • リーダーシップのあることを説明する
  • 向上心のあることを説明する
  • コミュニケーション能力は面接での受け答えで証明する

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜ建設業界を選ぶのか明確に伝える
  • なぜ大林組を選ぶのか明確に伝える
  • 大林組でなぜその職種、勤務区分を志望するのか、配属希望部門と、そこでどのような仕事をやりたいか明確に伝える
  • 大林組の会社や仕事の理解度を試す質問に答えられるように準備する
  • 他社の応募状況と大林組の志望順位を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは建設業界を取り巻く環境を理解すると同時に、建設業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、大林組とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

大林組の会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

大林組の中途採用情報について【転職】

続いて大林組の転職の面接について解説していきます。

はじめに大林組のキャリア(中途)採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種  

    大林組は転職の希望者を対象とした中途採用を積極的に行っています。

    社内に必要な能力やスキルを持つ人が足りないと思われる職種を募集していますので、応募にあたっては即戦力としての経験や専門性が問われます。

    現時点でどのような職種を募集しているか、詳細は、大林組のホームページにあるキャリア採用情報をご覧ください。

    2021年10月現在では、12件の募集があります。

  2. 選考フロー

    ホームページのキャリア採用情報にある募集職種にWEBエントリーして、会社の指示に従ってください。

  3. 面接   

    面接では求める人材にふさわしいかどうかと、現職(前職)の職務内容の深掘りをすることで、応募者が大林組で活躍できるかを探ります。

    自己PRに関すること

    • 現職(前職)の職務内容を説明してください

    志望動機に関すること

    • なぜ大林組を志望しますか
    • 応募する職種でどのような仕事をやりたいですか
    • 大林組の建築施工物件の印象を教えてください
    • 大林組の建築施工物件で気に入っているものは何ですか

    退職理由に関すること

    • なぜ現職(前職)を退職しますか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由に関することを必ず訊かれます。

それらについて的確に答えるための準備をしてください。

以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントが参考になります。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    大林組は、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように大林組は、どの職種も課題解決力と行動力を重視しています。(機電と事務は行動力重視ですが、課題解決力も必要と考えます)

    大林組は、建築・土木・開発・新領域の4本柱の強化を戦略の核に、事業領域の深化・拡大、グローバル化を加速して、「最高水準の技術力と生産性を備えたリーディングカンパニー」「多様な収益源を創りながら進化する企業グループ」を目指しています。

    このような計画を推進するために、課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    転職の面接では、現職(前職)において、応募書類に記入した職務内容だけでは説明しきれない仕事ぶりを説明してください。

    その中で、課題を見つけ、解決のためにこれまでの考えにとらわれない新しい対策を立案し、関係者を巻き込んで粘り強く遂行した経験があれば、それを加えてください。

    さらに職務を実行するさいに困難だったこと、困難をどのように乗り越えたか、その結果どのような成果を上げたかを伝えてください。

    最後に、大林組で活かせる、身につけた知識やスキルを語ってください。

    もし上記の能力について乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して、間接的にでも募集業務に役立つことを伝えましょう。

    ■技術系応募者は技術力を語る

    まず、大林組は基本的に技術系の会社であることを理解しましょう。中途採用も技術系職種の募集が中心です。

    技術系応募者は、まず募集職種の職務内容を理解してください。

    そして、それらに十分対応できる経験や能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務を説明するなかで面接官にわかってもらう必要があります。

    技術系応募者は、面接において、現職(前職)の職務内容の説明を相当詳しく求められます。

    職務遂行にあたって、技術面の工夫と成果をわかりやすく説明することで持っている技術力をアピールしましょう。

    成果を出すためのノウハウが、大林組でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜ大林組を選ぶのか明確に伝える

    大林組の基本理念、事業内容、中期経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることが大林組を選んだ志望動機になります。

    また、大林組と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    大林組を志望する人は、建設業界に興味がある人だと思います。

    なので、大林組の応募者は、鹿島建設や大成建設、清水建設、竹中工務店といった他のスーパーゼネコン各社などにも興味があるかも知れません。

    たとえ大林組が第一志望でなくても競合他社と比較し、なぜ大林組なのかを質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■大林組で応募する職種を志望する理由と、その職種でやりたい仕事、活かせる能力やスキルは何かを明確に伝える

    事務系・技術系を問わず、応募する職種について、なぜその職種をやってみたいのか、そこでどのような仕事をして会社に貢献できるかを的確に説明できなければなりません。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ理由は、現職(前職)で培った自分の経験や能力、スキルが大林組で活かせるからということです。

    職務内容をわかりやすく説明することで、自分の経験や能力、スキルを理解してもらいましょう。

    応募職種の分野で注目している大林組の事業や技術などと、なぜ注目しているかその理由も話せるようにしておくとよいでしょう。

    ■大林組の会社や建物などに関する知識を得て質問に明確に答えられるようにする

    大林組の採用面接では会社に関する知識や、自社の建物などに対する関心度を確認するための様々な質問をします。

    例えば「大林組の建築施工物件の印象を教えてください」「大林組の建築施工物件で気に入っているものは何ですか」といったような質問です。

    ホームページの基本理念・事業などをよく読んでください。

    また、できたら大林組が建築施工した建物を実際に訪れて感想を言えるようにすると良いでしょう。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に納得してもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、大林組の中途採用情報と転職面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

大林組は、スーパーゼネコンの一角を占める総合建設会社です。

このような大林組の面接を攻略するためには、まず建設業界を取り巻く環境を理解することと、建設業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】建設業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、大林組とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

大林組の会社概要、基本理念、中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも大林組のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で大林組の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

大林組の面接攻略のまとめ【転職】

大林組に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

大林組が採用したい人材は、「課題解決力」「行動力」「リーダーシップ」「コミュニケーション能力」「向上心」のある人です。

面接では求める人材にふさわしいかどうかと、現職(前職)の職務内容の深掘りをすることで、応募者が大林組で活躍できるかを探ります。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語る

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜ大林組を選ぶのか明確に伝える
  • 大林組で応募する職種を志望する理由と、その職種でやりたい仕事、活かせる能力やスキルは何かを明確に伝える
  • 大林組の会社や建物などに関する知識を得て質問に明確に答えられるようにする

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは建設業界を取り巻く環境を理解すると同時に、建設業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、大林組とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

大林組の会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

大林組を志望するときに知っておきたい社風

大林組の面接を受けるにあたり知っておきたい社風について以下に記します。

  • 男性が多い職場なので、女性を大切にしてもらえて、女性はとても働きやすい環境です。
  • 働き方改革の機運はありますが何事も世の中から遅れ気味なので、実現はまだ先になりそうです。
  • 基本的にはおっとりしている社風です。職場内の和を重んじる傾向にあり、人とのコミュニケーションを大事にしているので、部署内の飲み会やイベントもあります。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

大林組の会社概要

ここからは大林組の会社概要を説明します。面接において志望動機を語る上で役に立ちます。

  • 大林組は、鹿島建設と売上高トップを争う、スーパーゼネコン5社のうちのひとつです。

    建設、不動産・開発、ゴルフ関連など、関係会社数は123社を数えます。

  • 大林組は1892年、大林芳五郎氏が土木建築請負業「大林店」を創業したのが前身です。  

    1937年株式会社第二大林組、株式会社大林組を吸収合併し、商号を株式会社大林組に変更し、現在に至っています。

  • 事業としては、建築、土木、開発、新領域があります。

    建築事業は、環境負荷低減、省エネ、耐震、防災、快適性や利便性の向上などのニーズに対応したあらゆる建築物を建設しています。

    六本木ヒルズ、東京スカイツリーなど時代や文化のシンボルとなる建物を手がけています。

    土木はトンネル、橋梁、高速道路などインフラ建設を手がけています。既存のインフラの長寿命化・機能強化に取組んでいます。

    開発は都心部の賃貸不動産開発・保有を進め、市街地再開発事業の事業協力者や特定業務代行者として数多くの実績を有しています。

    新領域事業は、再生可能エネルギー(再エネ)事業、PPP事業や農業ビジネスなどを推進しています。

  • 海外事業にも積極的で、16の国・地域に海外拠点を置いています。北米、アジアなどでプロジェクトに参画しています。
  • 大林組の2021年3月期の決算数字は次の通りです。

    資本金は577.52億円です。

    従業員数は、8,918人です。

    連結売上高は、1兆7,668億円です。

    連結営業利益は、1,231億円です。

    連結当期利益は、987億円です。

    事業の売上高構成比は、建設事業71.8%、土木事業23.5%、不動産事業2.4%、新領域事業2.3%です。

面接では、例えば「大林組の売上高を知っていますか」と質問がなされるかも知れません。覚えておきましょう。

大林組の基本理念

大林組の基本理念について紹介します。

企業理念

「地球に優しい」リーディングカンパニー

1 優れた技術による誠実なものづくりを通じて、空間に新たな価値を創造します。

2 地球環境に配慮し、良き企業市民として社会の課題解決に取り組みます。

3 事業に関わるすべての人々を大切にします。

これらによって、大林組は、持続可能な社会の実現に貢献します。

三箴(さんしん)

良く、廉く、速い

創業以来100年以上にわたる歴史の中で、ものづくりにおいて大切に受け継いできた精神。そして、大林組が、新しい価値の創造に向けて挑戦し続けるうえで、これからも変わることなく大切にしていく精神です。

基本理念は面接で質問されることもありますので、理解しておきましょう。

大林組の中期経営計画

大林組は、中期経営計画2017(2017年度~2021年度)を策定し推進中です。ここでは、そのポイントを紹介します。

  1. 中期経営計画の考え方  

    創業150周年(2042年)の目指す将来像の実現を見据え、達成すべき業績と施策を策定

    目指す将来像は、「最高水準の技術力と生産性を備えたリーディングカンパニー」「多様な収益源を創りながら進化する企業グループ」

    このため、既存の建築、土木、開発、新領域の強化を戦略の核に、事業領域の深化・拡大、グローバル化を加速させる

  2. 中期経営計画の基本方針は、「強固な経営地盤の構築」と「将来への布石」

    グループの総力をあげて、現在の業績を維持・拡大させ、成長投資や事業環境の変動に対応できる強固な経営基盤を構築

    事業領域の深化・拡大とグローバル化のための技術開発、人材の育成、新たなビジネスモデルの創出とこれらを支える戦略的な投資で将来への布石をうつ

  3. 建設事業の戦略  

    社会への新たな価値の提供、そのための競争力強化と安定的な利益の確保

    • 高付加価値サービスの提供のため、『ものづくりDNA』の継承、より高品質・さらなる安全の実現と飛躍的な生産性向上
    • 社会やマーケット、顧客ニーズの変化への柔軟な対応のため、高度な技術・技能集団の形成、グローバルネットワークの活用とオープンイノベーションによる新技術の開発・活用
    • 安心して働ける環境の整備、災害時に迅速で機動的な対応が出来る体制、 安全・安心・快適な空間と環境をつくることにより、持続可能な発展する社会を実現
  4. 開発事業
    • 東京都心部オフィス賃貸事業へのさらなる投資及び、首都圏、関西圏の都市部の戸建・マンション分譲事業の継続的展開
    • 賃貸ポートフォリオの多様化推進に向けた、賃貸住宅と物流施設の新規開発
    • 環境配慮型開発事業の推進を通じて低炭素社会やサステナブルな街づくり
    • IoT・AI等イノベーションを活用した施設運営
  5. 新領域事業
    • 再生可能エネルギー事業の拡充と周辺ビジネスの展開
    • PPPプロジェクトへの取り組み強化
    • 保有技術・ノウハウ等を活用した新たな事業モデルの確立
  6. 経営基盤戦略〈技術、人材・組織〉
    • 「技術力」を磨き、あらゆる事業領域で技術革新を推進
    • 市場と時機を捉えた「事業に貢献する技術」の開発
    • IoT・AI等を応用した生産性向上と、新しい価値創造に繋がる技術開発・活用
    • 有資格者の計画的な育成、社員のスキル強化、女性社員の活躍促進に向けた現場環境整備
    • グローバル展開、新領域事業等の事業戦略を支える多様な人材の確保と育成
    • 建設業の魅力向上に向けた『働き方改革』による将来の担い手の確保
    • リスク管理体制の強化

面接で志望動機を伝えるとき、中期経営計画を理解しておくことは大切です。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK