【22卒】面接官が教える「三井不動産」の面接対策

2020.10.29 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

不動産業界NO.1であり、総合デべロッパーである三井不動産に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。

応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

三井不動産に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関する情報や、ノウハウというものがあります。

例えば三井不動産の面接では、求める人材をよく理解した上で、課題解決力や行動力、チームワーク力から自分の自信が持てる能力をアピールすることが大切です。

一方、面接で志望動機を語るためには、競合他社と比べてなぜ三井不動産なのか答えられなければいけません。

これら以外にも三井不動産の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは面接官である筆者が、三井不動産の採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについて、その対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、三井不動産の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基にエントリーシートを作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. 三井不動産の求める人材
  2. 三井不動産の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. 三井不動産の面接攻略のまとめ【就活】
  6. 三井不動産を志望するときに知っておきたい社風
  7. 三井不動産の会社概要
  8. 三井不動産グループのステートメント・ビジョン・ミッション
  9. 三井不動産グループの長期経営方針
  10. 参考リンク集

三井不動産の求める人材

三井不動産はどのような人材を求めているのでしょうか?三井不動産のホームページから探ってみます。

三井不動産の「人材マネジメントの考え方」には次のような文章があります。

・・・不動産デベロッパーとして新しい価値創造をしていくうえで最も重要な原動力は、人材という資産であると考えています。

個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、付加価値創造力を高める。多様な価値観・能力が融合し、チームとしての実行力に換えていく。

社員一人ひとりと向き合い、その活躍の舞台を整えるのが、三井不動産における人材マネジメントの考え方です。

また、三井不動産のグループミッションにある、「私たちに今求められていること」として、次の内容があります。

個の力を高め結集してグループの力へ

多彩な人材、多様な価値観を融合し、パイオニア精神に満ちた独創性を育む。

個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、互いに共有して、付加価値創造力を高める。・・・

以上からわかる求める人材はつぎのような人と考えます。

不動産デベロッパーとして新しい価値創造を行うために、

  • 専門知識・能力を伸ばして創造性のある答えを見出すことができる人
  • 多様な価値観を持つチームメンバーと協力して業務を実行できる人

求める人材は、面接で自己PRをするときの参考としてぜひとも知っておいてください。

三井不動産の新卒採用情報について【就活】

はじめに三井不動産の新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種   

    募集職種は、総合職と業務職です。

    総合職は、プロジェクトマネジメント、組織マネジメントを行います。

    海外赴任や支店配属もありますが、約9割が東京・首都圏に勤務となります。

    業務職は、総合職と協働しながら主体的、積極的にプロジェクトを動かします。転居を伴う異動はありません。

  2. 選考フロー   

    WEBエントリー→エントリーシート受付→WEB適性検査2種類一次面接→二次面談→最終面接

  3. エントリーシート(21年卒)   

    総合職

    • あなたが三井不動産を志望する理由について、お書きください。(300字以内)
    • 今のあなたを形成するうえでの重要な経験(競った事、失敗した事、成功した事等)についてお伺いします。経験内容の詳細・経緯、またその経験が、今のあなたの考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。

      ①大学入学までの経験の詳細と、その経験が今のあなたにどうつながっているのかをお書きください。 (テーマ50字、時期50字、詳細内容350字以内)

      ②大学・大学院の学生生活での経験の詳細と、その経験が今のあなたにどうつながっているのかを2つお書きください。 (テーマ50字、時期50字、詳細内容350字以内×2)

    • 今までの経験から、あなた自身が社会に出て仕事をするうえで大切にしたい価値観について、ご自由にお書きください。(300字以内)
  4. 面接   

    面接では応募者の人間性を問うような質問が繰り返しなされます。例えば、小、中、高校生、大学生のときに周りとどのような関係を持っていたかについての質問です。

    総合職

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください
    • 記入したモチベーショングラフに基づき質問されます

      モチベーションが上下したところで何があったのかエピソードを話してください

      どのような小、中、高校生でしたか

    • 学生時代に力を入れたことは何ですか、力を入れた理由は何ですか、課題と解決策を教えてください、力を入れたことがどう仕事に活かせますか
    • 大学、大学院での研究内容について教えてください
    • 組織で担った役割、周囲を巻き込んだ経験、組織をまとめた経験はありますか
    • 挫折経験と挫折をどう克服しましたか、経験から学んだことは何ですか
    • 長所と短所は何ですか

    志望動機に関すること

    • 就職活動の軸は何ですか
    • なぜ三井不動産を志望しますか
    • 三井不動産でやりたい仕事は何ですか
    • 三菱地所は受けていますか
    • 三菱と三井の違いは何ですか
    • 三井不動産で好きな物件、印象に残る物件は何ですか
    • 三井不動産の物件を見学しましたか
    • 日本橋の印象を教えてください
    • 他社の選考状況を教えてください

    業務職

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください
    • 記入したモチベーショングラフに基づき質問されます

      モチベーションが上下したところで何があったのかエピソードを話してください

      どのような小、中、高校生でしたか

    • 学生時代に力を入れたことは何ですか、力を入れた理由は何ですか、課題と解決策を教えてください、力を入れたことがどう仕事に活かせますか
    • 挫折経験と挫折をどう克服しましたか、経験から学んだことは何ですか
    • 趣味は何ですか
    • どのようなアルバイトをしましたか、年上の人に言いづらいことを伝えなくてはいけないときの対応、クレーム対応、印象に残っている客、影響を受けた先輩はどんな人など
    • 働くうえで大切にしていることは何ですか

    志望動機に関すること

    • なぜ三井不動産を志望しますか
    • なぜ業務職を志望しますか
    • 三井不動産でやりたい仕事は何ですか
    • 他社の選考状況を教えてください
  5. 採用人数   

    19年入社実績48名(総合職40名:男性27名、女性13名)(業務職8名)

    20年入社実績60名(総合職53名、業務職7名)

    21年入社計画40名+若干名(総合職40名、業務職若干名)

  6. 20年新卒入社大学別就職者数   

    国公立大

    東京大6、京都大3、東北大1、名古屋大2、大阪大2、東京工業大2、一橋大7、筑波大1、横浜国大1、神戸大1、他

    私立大

    早稲田大10、慶応大7、上智大2、明治大1、立教大2、中央大1、日本女子大2、愛知淑徳大4、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2020年8月30日号)参照

  7. 学歴フィルター    

    三井不動産は採用人数が少ないこともあり、難関国立、私立大学中心の採用となっています。

面接攻略の考え方【就活】

就活の面接では、自己PRと志望動機に関することを必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてまとめてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力、チームワーク力の3つの能力のうち、2つを自分の中から探してアピールする

    上記の求める人材にあるように、三井不動産の求める人材は「専門知識・能力を伸ばして創造性のある答えを見出すことができる」「多様な価値観を持つチームメンバーと協力して業務を実行できる」人です。

    これらの人材像から、三井不動産で働くためには次のような力が求められると考えられます。

    • 専門知識・能力を伸ばして創造性のある答えを見出すことができる=課題解決力
    • 多様な価値観を持つチームメンバーと協力して業務を実行できる=チームワーク力と行動力

    以上の3つの能力を三井不動産は社員に求めています。

    しかし、学生がこれら全てを持っているとアピールする必要はありません。

    この3つの能力のうちから2つを自分の中で探してアピールしましょう。

    できれば、総合職は課題解決力と行動力、業務職は行動力とチームワーク力が望ましいです。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で課題解決力・行動力・チームワーク力をアピールしましょう。

    • 課題解決力なら、課題を発見し、既存の発想にとらわれず新しい解決法を考えて、解決のための計画づくりができるということです。
    • 行動力なら、課題の解決に向けて周囲に働きかけながら粘り強く取り組めるということです。
    • チームワーク力なら、チームのなかで自分の役割を理解し、メンバーの意見も尊重しながら活動を進めることができるということです。

    力を入れたことは勉強、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    これらの活動の中で、いずれかの能力を発揮したことを具体的に説明してください。

    その結果として自分が身に付けたことを伝えられると良いです。

    但し、三井不動産は採用するすべての人に課題解決力や行動力、チームワーク力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、面接においてその能力を上手に説明してください。

    ■人間性を見られるので、このことに対する準備をする

    三井不動産の面接では、特に人間性を見る質問を繰り返し行います。

    最終面接ではモチベーショングラフを用いて小学校から大学に至るまでの成育歴について多くの質問がなされます。

    これまで生きてきたなかで、周りの人とどのような人間関係を築いてきたかを問う質問です。

    小学校以来現在に至るまでの自己分析をしっかり行い、面接に備えてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■就活の軸は何か明確に伝える

    就活の軸とは「仕事を選ぶときの基準(こだわり)」です。

    自分がなぜ、その仕事をやりたいかについての明確な基準(こだわり)ということです。

    三井不動産や、その他の応募する会社を選んだ基準について共通するものを探し出してください。

    その基準(こだわり)を面接官が納得できるように説明できることが大切です。

    ■なぜ三井不動産を志望するのか明確に伝える

    三井不動産を志望する応募者は不動産業界に興味がある人であり、三井不動産と並行して三菱地所や森ビル、東急不動産、野村不動産など同業の総合デべロッパー各社に応募する人が多いことと思います。

    たとえ三井不動産が第一志望でなくても、面接では競合他社と比較しなぜ三井不動産なのかをしっかり答えられなくてはなりません。

    そのためには、三井不動産と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    特にライバル関係にある三菱地所との違いを良く理解しておきましょう。

    三井不動産の会社概要やグループステートメント・ビジョン・ミッション、長期経営方針について感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分の共感できることが志望動機となります。

    ■三井不動産で携わりたい事業とそこでやりたい仕事を明確に伝える

    まず、なぜ希望する事業分野に携わりたいのかを説明できるようにしてください。

    続いて、その事業でやりたい仕事は何か、その仕事で成果を上げたいことは何かを説明できるようにしてください。

    希望する事業で注目している物件とその注目理由も話せるようにしておくと、なお良いでしょう。

    ■三井不動産の会社に関する質問に答えられるようにする

    三井不動産は自社に対する関心度合いを確認するために、面接において会社に関する質問を行います。

    たとえば、「三井不動産で好きな物件、印象に残る物件は何ですか」「三井不動産の物件を見学しましたか」「日本橋の印象を教えてください」といったような質問です。

    これらに答えられるように準備してください。

    三井不動産が手がける物件を訪問することも良いでしょう。

    ■三井不動産の志望順位、他社の応募状況を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望です、と答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、不動産業界志望なら「同じ業界に応募中です」と伝えても構わないと思います。

    それ以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」と答えてください。この場合まったくの異業種であれば、なぜそこに応募したのか答えられるようにしてください。

以上、三井不動産の採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

三井不動産は不動産業界売上げトップであり、総合デべロッパーとして長らく三菱地所とライバル関係にあります。

このような三井不動産の面接を攻略するためには、まず不動産業界を取り巻く環境を理解することと、不動産業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2021年】不動産業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、三井不動産とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

三井不動産の会社概要、グループステートメント・ビジョン・ミッションなど面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にも三井不動産のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で三井不動産のホームページから得た基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

三井不動産の面接攻略のまとめ【就活】

三井不動産に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

三井不動産の求める人材は「専門知識・能力を伸ばして創造性のある答えを見出すことができる」「多様な価値観を持つチームメンバーと協力して業務を実行できる」人です。

面接では応募者の人間性を問うような質問が繰り返しなされます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力、チームワーク力の3つの能力のうち、2つを自分の中から探してアピールする
  • 人間性を見られるので、このことに対する準備をする

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 就活の軸は何か明確に伝える
  • なぜ三井不動産を志望するのか明確に伝える
  • 三井不動産で携わりたい事業とそこでやりたい仕事を明確に伝える
  • 三井不動産の会社に関する質問に答えられるようにする
  • 三井不動産の志望順位、他社の応募状況を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは不動産業界を取り巻く環境を理解すると同時に、不動産業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、三井不動産とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

三井不動産の会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

三井不動産を志望するときに知っておきたい社風

三井不動産を受けるにあたり、知っておきたい社風について以下に記します。

  • 福利厚生は充実しています。家族対象のイベントや所属内イベントも多くありますが、参加は任意で問題もありません。
  • 残業をする、しないは、全て自己管理で任されています。
  • 有休は比較的取得しやすく、入社月から使用できます。
  • 新入社員でも多くの業務を任されるので能力もアップし、発言もできるのでやりがいはあります。
  • 同じようなタイプの社員が多いと感じるようです。
  • 伝統的な会社のため女性より男性優位の傾向があります。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

三井不動産の会社概要

ここからは三井不動産の会社概要を説明します。面接において志望動機を語る上で役に立ちます。

  • 三井不動産は、1914年三井合名会社に不動産課を設立したことが始まりです。  

    1941年に三井合名会社から不動産部門が分離され、三井不動産株式会社が設立されました。1956年には清算中の三井本社を吸収合併し、現在に至っています。

  • 三井不動産は三井住友銀行、三井物産と並んで三井グループの御三家と呼ばれています。
  • 三井不動産は不動産業の中でも、街づくりの企画・開発・営業・運営を手がける総合デベロッパーです。
  • 三井不動産グループとしては333社、19,081名の従業員が在籍しています。  

    グループ総資産は約6兆8,027億円です。(2019年3月末)

    オフィス・商業施設の貸付面積は534万㎡、入居テナントは約5,300社に及びます。(2019年3月末)

  • 海外進出にも積極的でこれまでも欧米のビル事業やハワイのホテル事業を展開してきました。今後は欧米の優良なポートフォリオの構築やアジアでの開発事業を進めていきます。
  • 2020年3月期の経営数字は次の通りです。  

    資本金は、3,398億97百万円です。(2020年7月22日)

    従業員数は、1,678名です。

    連結営業収益は、1兆9,056億42百万円です。

    連結営業利益は、2,806億17百万円です。

    連結経常利益は、2,685億円10百万円です。

    連結当期純利益は、1,839億72百万円です。

    セグメント別連結営業収益は、賃貸が33.4%、分譲が27.5%、マネジメントが22.1%、その他17%となっています。

面接では会社をどの程度知っているか確認されるかもしれません。会社概要は理解しておきましょう。

三井不動産グループのステートメント・ビジョン・ミッション

ここからは、三井不動産グループのステートメント・ビジョン・ミッションを記します。

グループステートメント

都市に豊かさと潤いを

グループビジョン~私たちはどうありたいか~

  1. 「&」マークの理念   

    私たちは、「&」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献します。

    ~「&EARTH」を掲げて、人と地球がともに豊かになる社会をめざします。

  2. 進化と価値創造   

    私たちは、不動産ビジネスを進化させることにより、人々に「新しい時代の夢と感動」をもたらします。

    ~多様な「知」をとりいれ融合させることにより、国内外で新たな価値を創造します。

    ~社会環境・市場構造などの変化と、そのグローバルな潮流を積極的にとらえます。

  3. 成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ   

    私たちは、グループ総体の力を公正にいかんなく発揮することによって、「成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ」を実現します。

グループミッション~私たちに今求められていること~

  1. ビジネスとくらしに関するソリューションとサービスの提供   

    豊かさと潤いをもたらし、安全・安心で魅力にあふれる空間とソフト、サービスを提供して、街の価値を最大化する。

    多彩で革新的なソリューションを提供して、不動産投資市場の成長に貢献する。

  2. グローバルな視野で顧客のパートナーへ   

    顧客をビジネスの創造ならびに進化・発展の基盤と考える。

    顧客が真に求めているものを多面的に把握し、グループの総力で提案・実現する。

    顧客のパートナーとして、高い評価を獲得し続け、ブランド価値を高める。

  3. 企業価値の向上   

    持続的な利益成長を図るとともに、不断のイノベーションを行うことにより企業価値を向上させる。

    経営資源の最適活用ならびに効率経営を追求する。

    常にリスクに対して適正なマネジメントを行う。

  4. 個の力を高め結集してグループの力へ   

    多彩な人材、多様な価値観を融合し、パイオニア精神に満ちた独創性を育む。

    個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、互いに共有して、付加価値創造力を高める。

    企業倫理と規律、コンプライアンスについて、常に高い意識を持って行動する。

面接では「グループステートメントを知っていますか」と質問されることもあるかも知れません。覚えておくと良いでしょう。

三井不動産グループの長期経営方針

三井不動産グループは2018年4月~長期経営方針を策定しましたのでそのポイントを説明します。

三井不動産長期経営方針「VISION 2025」

人口減少や少子高齢化、テクノロジーの進化、価値観の多様化など、社会が大きく変化するなかで、三井不動産グループが今後も持続的に成長するために策定しました。

目指す方向性としては、「街づくりを通して持続可能な社会を構築すること」「テクノロジーを活用して不動産事業を変革すること」「グローバルカンパニーへ進化すること」を挙げています。

具体的には次の取り組みを行います。

  • 街づくりの一層の進化  

    街づくりは人が主役です。ビジネスライフや暮らしについて街づくりを通じて社会問題の解決に取り組み、スマートシティの実現を目指します。

  • 「リアルエステートテック活用によるビジネスモデルの革新」   

    既存事業では、一層のICT活用を通して、顧客満足度のさらなる向上を図ります。

    不動産業ならではのICT活用を実現することで、新しいマーケットや新たな価値を創り出します。

    街・オフィス・住宅の様々なデータを蓄積し、活用に取り組みます。

  • 「海外事業の飛躍的な成長」

    国内事業で培ったグループの強みやビジネスモデルを世界で展開し、 利益の大きな柱となるべく事業を拡大させます。

面接で自己PRや志望動機を語るさいは、長期経営方針も知っておくことが大切です。覚えておきましょう。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK