【23卒/22年転職】面接官が教える「YKKグループ」の面接対策

2022.03.03 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

YKKグループに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

(本ブログのYKKグループとは、YKK株式会社と、YKK AP株式会社を指しています。)

YKKグループに入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えば、YKKグループの面接では求める人材をよく理解して、自己PRにおいては、課題解決力と行動力をアピールすることが大切です。

一方、面接で志望動機を語るためには、競合他社と比べてなぜYKKグループなのかについても面接官が納得できるように答えることが大切です。

これら以外にもYKKグループの面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、YKKグループの採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、YKKグループの会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、エントリーシートを作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. YKKグループの求める人材
  2. YKKグループの新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. YKKグループの面接攻略のまとめ【就活】
  6. YKKグループの中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. YKKグループの面接攻略のまとめ【転職】
  10. YKKグループを志望するときに知っておきたい社風
  11. YKKグループの会社概要
  12. YKKグループ経営理念
  13. YKKグループ中期経営計画
  14. 参考リンク集

YKKグループの求める人材

YKKグループはどのような人材を求めているのでしょうか?

YKKグループのホームページにある「新卒採用サイト」には、「求める人物像」が載っています。

共にYKKグループの未来を担うために。

明朗で前向きな姿勢

様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする姿勢

声の大きさ

自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする姿勢

チャレンジ精神

行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする姿勢

失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする姿勢

これをまとめると、求める人材は次のような人材です。

  • 様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする人
  • 自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする人
  • 行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする人
  • 失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする人

面接において自己PRをするとき、求める人材像をあらかじめ知っておくことは大切です。

YKKグループの新卒採用情報について【就活】

はじめにYKKグループの新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種   

    募集職種は、事務系と技術系です。

    選考・採用は、YKKと、YKK APのそれぞれの会社となります。

  2. 選考フロー

    プレエントリー→会社説明会→エントリーシート・適性検査→書類選考→面接(複数回)→内々定

    希望会社及び希望コースを選択し、採用・選考は各社で行います。

  3. エントリーシート(22年卒)

    YKK

    自己PRに関すること

    • あなたの得意な科目またはゼミ・専攻等の研究課題・内容を教えてください。(200文字以下)
    • YKKの営業として求める人材像(1)~(4)のうち、あなたに最も近いものを1つ選択してください。
    • 上記設問で選択した人材像を裏付ける経験・エピソードを教えて下さい。(300文字以下)
    • コロナ禍で社会や生活が大きく変わりましたが、その中であなたが一番挑戦したことについて教えてください。(100文字以下)
    • 上記の事柄に対して、困難と感じたこと、それをどのように主体的に克服したかを具体的に教えてください。(300文字以下)

    志望動機に関すること

    • YKK株式会社を志望する理由と、入社して挑戦したいことについて教えてください。(300文字以下)
    • 入社後のキャリアパスとして、以下の選択肢のうちご希望に近いものを1つ選択してください。
    • 入社5年目を想定し希望する勤務地(エリア/国/都道府県どの記述でも可)を教えてください。(30文字以下)
    • 設問2と設問3で回答された内容について、理由を教えてください。(300文字以下)

    YKK AP

    自己PRに関すること

    • 学生時代、最も力を入れて取り組んだ内容(学業以外も含む)を簡潔に教えてください。(250文字以下)
    • 上記のことから何を学びましたか?具体的に教えてください。(300文字以下)
    • 卒論の内容を教えてください。(300文字以下)(技術系)
    • 上記設問の他に何か伝えたいことがありましたら、自由にご記入ください。(250文字以下) 

    志望動機に関すること

    • YKK AP株式会社を志望する理由と、入社して挑戦したいことについて教えてください。(300文字以下)
    • 希望職種を第一&第二希望まで教えてください。
    • 職種志望度を教えてください。
    • あなたの強みを生かして、希望される職種としてどのように活躍できると思いますか?理由も含め出来る限り具体的に教えてください。(250文字以下)
    • あなたが知るYKK APの商品で、最も関心のある商品を一つ教えてください。(30文字以下)
    • 上記で選んだ商品について、YKK APと商品の強みを踏まえてお客様にPRをしてください。(200字)
    • あなたが知るYKK APの商品で、技術的観点から関心のあるYKK APの商品を一つ教えてください。(30文字以下)(技術系)
    • その理由を教えてください。(200文字以下)(技術系)
  4. 面接

    面接では、エントリーシートに沿った質問がなされます。研究内容、学生時代に力を入れたこと、志望動機の深掘りがあります。

    YKK

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください
    • 自己PRしてください
    • 研究内容を5分でプレゼンしてください(テーマを選んだ理由、独自の視点は何か、苦労したこと、乗り越え方)
    • 学生時代に力を入れたことは何ですか(力を入れた理由、そこでの役割)

    志望動機に関すること

    • なぜYKKを志望しますか
    • 希望する職種・部門は何ですか、それはなぜですか
    • 強みを希望する職種でどう活かせますか
    • 入社したらやりたいことは何ですか
    • 入社したら実現したいことは何ですか
    • 他社の応募状況とYKKの志望度を教えてください

    YKK AP

    自己PRに関すること

    • 自己紹介してください
    • 自己PRしてください
    • 研究内容を5分でプレゼンしてください(テーマを選んだ理由、最終目標、苦労したこと、乗り越え方、結果、YKK APで活かせること)
    • 学生時代に力を入れたことは何ですか(力を入れた理由、苦労したこと、それをどう乗り越えたか、成果、学んだこと、活かせること)
    • これまでの挫折経験を話してください
    • リーダーシップをとった経験はありますか
    • これだけは他の人に負けない、ということはありますか
    • アルバイトの経験はありますか
    • 強みと弱みは何ですか
    • 好きな言葉は何ですか
    • 尊敬する人は誰ですか
    • 苦手な人とはどのような人で、どう向き合ってきましたか

    志望動機に関すること

    • 就活の軸は何ですか
    • なぜ建材業界を志望しますか
    • なぜYKK APを志望しますか
    • 希望する職種となぜ○○職を希望しますか
    • 希望する職種でやりたいことと、強みをどのように活かしますか
    • どの商品を開発したいですか
    • 希望する職種でどのような改善策を提示しますか
    • 全国転勤、海外勤務は問題ないですか
    • CMを見たことがありますか、印象を教えてください
    • 他社の応募状況とYKK APの志望度を教えてください
  5. 採用人数

    19年度入社実績  83名

    20年度入社実績  93名

    21年度入社実績 112名(YKK31名 YKK AP81名)

    22年度入社計画 前年並み

  6. 21年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大1、北海道大2、東北大1、名古屋大1、大阪大3、九州大1、筑波大2、千葉大3、横浜国大1、大阪市大1、岡山大2、他

    私立大

    早稲田大1、慶応大1、明治大2、青山学院大2、立教大2、中央大1、法政大5、学習院大1、日本大2、東洋大1、駒沢大2、東京理科大2、芝浦工大2、東京電機大2、金沢工大3、愛知大1、南山大1、同志社大5、立命館大4、関西大2、龍谷大1、甲南大1、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2021年9月5日号)参照

  7. 学歴フィルター  

    YKKグループは、国公立大学、私立大学を幅広く採用しています。学歴フィルターはありません。

面接攻略の考え方【就活】

就活の面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてまとめてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    YKKグループは、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、YKKグループは「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」人を求めています。

    「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」は、課題解決力を表しています。

    「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」は、行動力を表しています。

    YKKグループは、「より良い、より価値のあるものをつくり続ける。現状に決して満足せず、自らが挑戦すべきものを創造し、そこに挑み続ける」ことを宣言しています。

    このような経営を進めるなかで、まさに課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で、課題解決力と行動力をアピールしましょう。

    課題を発見し、既存の発想にとらわれずに新しい解決法を考え、解決のための計画づくりができ、実現のために粘り強く取り組む人というアピールです。

    力を入れたことは学業、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    最も力を入れたことは何か、困難だったことと困難を解決するために創意工夫してどのように粘り強く行動したか、その結果と自分が身につけたことを語ってください。

    但し、YKKグループは採用するすべての人に課題解決力と行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、その能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容を語る

    YKKグループの技術系応募者は、材料・プロセス開発、分析・解析技術、商品開発、生産技術、機械設計、電装設計、情報システムなどの職種に就きます。

    技術系応募者はそれらに十分対応できる能力やスキルがあることを、自分の研究内容から探し出して話せるようにしてください。

    技術系応募者は、面接では研究内容のプレゼンを行います。

    具体的には、研究にあたって、その課題と課題解決の手法をあげ、解決に困難だった点について自分自身の工夫と成果を説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、どのくらい粘り強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    また、研究成果が、YKKグループでどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろん直接そのような研究、勉強をやってこない人もいると思いますが、その場合は潜在的な能力面をアピールすることです。

    ■事務系応募者は、明るく元気な姿勢を見せる

    YKKグループの新卒採用サイトには、求める人物像として、「明朗で前向きな姿勢」「声の大きさ」が載っています。

    これはすなわち「明るく元気な」人柄ということです。特に営業職に求められる資質です。

    面接では努めて明るく元気な姿勢を見せましょう。声量について、大声で話さなくても良いですが、ハキハキと、普段より少し大きめの声を出しましょう。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    YKKグループは世界展開が進んでいる会社です。世界72カ国・地域、6極体制で事業活動を行っています。

    海外売上比率は43%(2021年3月期)を占めています。560人の海外駐在員が活躍しています。(就職四季報2019年版 東洋経済)

    面接では、事務系、技術系に限らず、世界のどこへでも行って働く覚悟を伝えてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜYKKグループを選ぶのか明確に伝える

    YKKグループのグループ経営理念、事業内容、グループ中期経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることがYKKグループを選んだ志望動機になります。

    また、YKKグループと競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    YKKグループグループのうち、YKKを志望する人は、ファスナー業界での圧倒的な地位を占める実力に興味がある人だと思います。

    なので、YKKを志望する人は、ファスナー業界他社ではなく、他の業界でもNo.1のメーカーに応募するかも知れません。

    一方、YKK APを志望する人は、住宅設備業界に興味のある人と思われます。

    ですから、LIXIL、TOTO、タカラスタンダードなどに応募する人も多いと思います。

    たとえYKKグループが第一志望でなくても、競合他社と比較し、なぜYKKグループを選んだのかをしっかり答えられなくてはなりません。

    ■YKKグループでなぜその職種を希望するのか、そこでやりたい仕事とその理由は何かを明確に伝える

    面接では、希望する職種とその理由、及びそこでやりたい仕事は何か、なぜその仕事をやりたいのかをきちんと説明できなくてはいけません。

    あわせてやりたい職種・仕事で活かせる能力やスキルがあればそれを伝えてください。

    希望する仕事で注目している商品や技術とその注目理由も話せるようにしておくと、なお良いでしょう。

    ■他社の応募状況とYKKグループの志望順位を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、以下のように対応しましょう。

    • YKKの応募者は、同業のファスナーメーカーに応募することは稀だと思います。他業界の企業に応募することを前提とすると、「○○業界にも興味があり応募しています」と答えてください。

      この場合まったくの異業種であるので、なぜその業種に応募したのか答えられるようにしてください。

    • YKK APの応募者は、同じ業界に応募中ならば、住宅設備(建材)業界志望と答えてください。

      他社名を教えてほしいと聞かれたら、YKK APと同等の大手企業に応募中ならそれを答えてください。

      それらの業界以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。

      この場合は、まったくの異業種であるので、なぜその業種に応募したのか答えられるようにしてください。

以上、YKKグループの採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

YKKグループとは、ファスニング事業を行っているYKKと、窓やドア、インテリア、エクステリアなど建材事業を行っているYKK APを指します。

YKKを志望する人はファスニング事業とはどのような事業なのか理解してください。

また、YKK AP株式会社を志望する人は住宅設備業界を取り巻く環境を理解することと、住宅設備業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】住宅設備業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、YKKグループとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

YKKグループの会社概要、グループ経営理念、グループ中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にものホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半でYKKグループの基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

YKKグループの面接攻略のまとめ【就活】

YKKグループに入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

YKKグループが採用したい人材は、「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」人です。

面接では、エントリーシートに沿った質問がなされます。研究内容、学生時代に力を入れたこと、志望動機の深掘りがあります。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容を語る
  • 事務系応募者は、明るく元気な姿勢を見せる
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜYKKグループを選ぶのか明確に伝える
  • YKKグループでなぜその職種を希望するのか、そこでやりたい仕事とその理由は何かを明確に伝える
  • 他社の応募状況とYKKグループの志望順位を答えられるようにする

面接を攻略するためには、YKKの志望者はファスニング事業を理解してください。

YKK APの志望者は、住宅設備業界を取り巻く環境を理解すると同時に、住宅設備業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、YKKグループとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

YKKグループの会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

YKKグループの中途採用情報について【転職】

続いてYKKグループの転職面接について解説していきます。

はじめにYKKグループのキャリア(中途)採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    YKKグループは転職の希望者を対象とした事務系職種、技術系職種の中途採用を積極的に行っています。

    社内に必要な能力、スキルを持つ人が足りないと思われる職種を募集していますので、応募にあたっては即戦力としての専門性が問われます。(第二新卒歓迎の募集職種もあります)

    具体的な募集職種はその時々で変わっていくと思いますが、2021年12月時点では、YKKは15件の管理系・技術系職種,YKK APは18件の事務系・技術系職種の募集を行っています。

    また、経歴を登録することにより、適したポジションや求人があった場合に、担当者から選考参加への案内をする「キャリアエントリー」も用意されています。

    中途採用に興味のある人は定期的にホームページをチェックしてみてください。

  2. 選考フロー

    応募フォームより応募→書類選考→適性検査→一次面接→二次面接→必要書類提出→内定

  3. 面接

    面接では、求める人材にふさわしい人物かどうか、及び現職(前職)の職務内容について深掘りをすることで、応募者がYKKグループで貢献できるかを探ります。

    自己PRに関すること

    • 現職(前職)の職務内容を説明してください

    志望動機に関すること

    • なぜYKK・YKK APを志望しますか
    • YKK・YKK APの将来像をどのように考えていますか
    • あなたの仕事が社会にどんな影響を与えると思いますか
    • 海外を含めて転勤は大丈夫ですか

    退職理由に関すること

    • なぜ現職(前職)を退職しますか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由を必ず訊かれます。よってそれらについて的確に答えるための準備が必要です。

以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントを参考にしてください。

  1. 転職面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    YKKグループは、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記の求める人材にあるように、YKKグループは「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」人を求めています。

    「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」は、課題解決力を表しています。

    「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」は、行動力を表しています。

    YKKグループは、「より良い、より価値のあるものをつくり続ける。現状に決して満足せず、自らが挑戦すべきものを創造し、そこに挑み続ける」ことを宣言しています。

    このような経営を進めるなかで、まさに課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    転職の面接では、現職(前職)において、応募書類だけでは説明しきれない仕事ぶりを説明してください。

    仕事の中で課題を見つけ、解決のためにこれまでの考えにとらわれない新しい対策を立案し、関係者を巻き込んで粘り強く遂行した経験があればそれを加えてください。

    さらに職務を遂行するさいに困難だったこと、困難をどのように乗り越えたか、その結果どのような成果を上げたかを伝えてください。

    最後に、YKKグループで活かせる、身につけた能力やスキルを語ってください。

    もし上記の能力について乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して、間接的にでも募集職種に役立つことを伝えてください。

    ■技術系応募者は技術力を語る

    技術系応募者は、まず募集職種の職務内容を理解してください。

    そして、それらに十分対応できる経験や能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務を説明するなかで面接官にわかってもらう必要があります。

    技術系応募者は、面接において、現職(前職)の職務内容の説明を詳しく求められます。

    職務遂行にあたって、技術面の工夫と成果を的確に説明することで持っている技術力をアピールしましょう。

    成果を出すためのノウハウが、YKKグループでどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    もちろん直接そのような職務を経験していない人もいると思いますが、その場合は潜在的な能力面をアピールすることです。

    ■世界中どこででも働く覚悟を伝える

    YKKグループは世界展開が進んでいる会社です。世界72カ国・地域、6極体制で事業活動を行っています。

    海外売上比率は43%(2021年3月期)を占めています。560人の海外駐在員が活躍しています。(就職四季報2019年版 東洋経済)

    面接では、事務系、技術系に限らず、世界のどこへでも行って働く覚悟も伝えてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜYKKグループを選ぶのか明確に伝える

    YKKグループのグループ経営理念、事業内容、グループ中期経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることがYKKグループを選んだ志望動機になります。

    また、YKKグループと競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    YKKを志望する人は、ファスナー業界での圧倒的な地位を占める実力に興味がある人と思います。

    なので、YKKを志望する人は、ファスナー業界他社ではなく、他の業界でもNo.1のメーカーに応募するかも知れません。

    一方、YKK APを志望する人は、住宅設備業界に興味のある人と思われます。

    ですから、LIXIL、TOTO、タカラスタンダードなどに応募する人も多いと思います。

    たとえYKKグループが第一志望でなくても、競合他社と比較し、なぜYKKグループを選んだのかをしっかり答えられなくてはなりません。

    ■なぜその職種を選んだか、そこでやりたい仕事を明確に伝える

    転職の希望者は、なぜ中途採用の職種に応募したのか、そこでどのような仕事をやりたいかとその理由を面接で的確に説明する必要があります。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ主な理由は、現職(前職)で培った自分の経験や能力、スキルがYKKグループで活かせることだと思います。

    それには、職務内容を的確に説明することで、自分の経験や能力、スキルがYKKグループで活かせることを伝えてください。

    また、希望職種の分野で注目しているYKKグループの商品や技術などと、なぜ注目しているかも話せるようにしておくとよいでしょう。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に納得してもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、労働条件が悪いなどというネガティブな理由を言わないでください。

以上、YKKグループの中途採用情報と転職の面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

YKKグループの面接において、YKKを志望する人はファスニング事業とはどのような事業なのか理解してください。

また、YKK APを志望する人は住宅設備業界を取り巻く環境を理解することと、住宅設備業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】住宅設備業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、YKK・YKK APとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

YKK・YKK APの会社概要、グループ経営理念、グループ中期経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半でYKKグループのホームページから得たYKKグループの基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

YKKグループの面接攻略のまとめ【転職】

YKKグループに中途入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

YKKグループの求める人材は「様々な問題に直面したときにそれらをしっかりと受け止め、乗り越えるために前向きに努力し続けようとする」「自らの意見を考え抜き、頭の中で整理した上で、責任を持って大きな声で発言しようとする」「行動を伴った努力をし続けることで、もう一段の高みを目指そうとする」「失敗を糧にバーを上げ、より高いレベルでの成功につなげようとする」人です。

面接では、求める人材にふさわしい人物かどうか、及び応募条件を満たしているかを判断されます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語る
  • 世界中どこででも働く覚悟を伝える

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜYKKグループを志望するのか明確に伝える
  • なぜその職種を選んだか、そこでやりたい仕事を明確に伝える

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

また、YKKグループとはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

YKKグループの会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

YKKグループを志望するときに知っておきたい社風

YKKグループの面接を受けるにあたり知っておきたい社風について以下に記します。

YKK

  • 福利厚生は充実しています。

    住宅補助は、入社10年、又は最後の転勤から10年までは家賃の7割の補助があります。寮費は1万円程度、27才になるまで住むことができます。

    確定拠出年金、財形貯蓄は会社からの補助があります。持株会、社内預金があります。

  • 残業削減が言われますが、設備開発、研究開発部門は残業があります。年間残業時間は360時間までです。有給休暇は取得しやすいです。
  • 競合する企業が少なく、業績が安定しているため、おっとりした社員が多いです。
  • 育児休暇を取得して、復職する女性が多いです。
  • 海外赴任は、語学力よりバイタリテイ重視です。
  • 実力主義をうたっていますが、まだ年功序列は残っています。

YKK AP

  • フレックスタイム制が導入されています。部門によって違いはありますが、残業はしない方針です。有給休暇は取得しやすい環境にあります。
  • 社内のコミュニケーションは円滑です。仕事のスピード感はやや欠けている感じがあります。
  • 女性が働きやすい環境があり、役職への登用が増えています。産休・育休取得後に復職する女性が多いです。
  • 海外赴任は大きな任せてもらえるためにやりがいがあります。
  • 基本的に年功序列の人事制度です。

面接で語る志望動機をつくる際には、このような社風をよく知っておくことが大切です。

YKKグループの会社概要

ここからは、YKKグループの会社概要を説明します。面接において志望動機を語る上で役に立ちます。

  1. YKKグループは、YKK及びYKK APの2社から成り立っています。非上場企業です。

    YKKは、ファスニング事業を展開し、ファスナーで世界シェア45%、国内シェアは95%とダントツのトップとなっています。

    YKK APは、サッシ、窓、ドア、エクステリア、ビル用商品などの建材事業を展開し、アルミサッシの国内シェアはLIXILに次いで2位となっています。

  2. YKKグループの沿革は次の通りです。

    YKKグループは、1934年吉田忠雄氏がサンエス商会を設立したのが始まりです。

    1949年商号を吉田工業株式会社に変更します。1946年に商標をYKKとします。

    1957年吉田商事株式会社(現YKK AP)が設立されました。

    1994年に吉田工業株式会社は、YKK株式会社に商号変更します。同年建材製品の商標をYKK APとします。

    2003年にYKKの建材製造事業本部がYKK AP株式会社に統合し、YKKグループ建材事業完全一体化がスタートします。

  3. YKKグループの事業の特徴は、世界共通品質を創り出すために、材料から製造設備、製品まで自社開発をベースとして、一貫したものづくりを行う、「一貫生産思想」です。
  4. YKKグループの2021年3月期の経営数字は次の通りです。

    資本金:YKKは、119億9,240万500円です。YKK APは、140億円です。

    従業員数は、44,510人、その内国内17,876人、海外26,634人です。

    連結売上高は、6,537億円、ファスニング事業は2,471億円、AP事業は4,028億円、その他415億円、調整額△378億円です。

    連結営業利益は、263億円、ファスニング事業は173億円、AP事業は211億円、その他△31億円、調整額△90億円です。

    連結経常利益は、301億円です。

    連結当期純利益は、173億円です。

面接では、「YKKグループの事業の特徴は何か知っていますか」と質問がなされるかも知れませんので、覚えておくと良いです。

YKKグループ経営理念

ここでは、YKKグループの経営理念を紹介します。

YKK精神

「善の巡環」

他人の利益を図らずして自らの繫栄はない

経営理念

「更なるCORPORATE VALUEを求めて」

YKKグループは、お客様に喜ばれ、社会に評価され、社員が誇りと喜びを持って働ける会社でありたいと考えています。 そのための手段として、商品、技術、経営の質を高めていきます。

そして、これらを実践するにあたって常に根底にあるのが「公正」であり、これを価値基準として経営判断を行っていきます。

コアバリュ―

失敗しても成功せよ/信じて任せる

品質にこだわり続ける

一点の曇りなき信用

面接では、「YKKグループ精神を知っていますか」と質問がなされることもあります。覚えておきましょう。

YKKグループ中期経営計画

ここでは、YKKグループの第6次中期経営計画(2021~2024年度)について概要を紹介します。

  1. 第6次中期経営計画のビジョンは、第5次中期経営計画の「Technology Oriented Value Creation『技術に裏付けられた価値創造』」を継承

    最重要ポイントは、「持続可能な社会の実現に向けた創造力」とし、「商品力と提案力」「技術力と製造力」「多様人財」に注力

    YKKはファスニング事業を中核とした世界5極経営体制を、YKK APはAP事業を中核とした連結経営体制とし、両事業を、新設するテクノロジー・イノベーションセンターが技術面から支え、それぞれの事業競争力を強化

  2. ファスニング事業は、「新常態下での持続的成長~多様な顧客要望の実現と顧客創造」を展開

    第5次中期経営計画の方針「より良いものを、より安く、より速く」に「よりサステナブルに」を加え、社会とともに持続的な成長を続ける会社を目指し、それらを支えるためにデジタル化を推進

  3. AP事業は、パーパス「Architectural Productsで社会を幸せにする会社。」を根幹に定め、第6次中期事業方針「商品による社会価値の提供とモノづくり改革の実現」のもと、国内外AP事業一体となった活動を推進
    • 商品による社会価値の提供では、安全・安心・省エネ・省施工・健康・防災・換気など、社会の要請に対応
    • モノづくり改革の実現では、工機部門の融合による技術力強化や、プラットフォーム化・スマートファクトリー化による構造改革を推進
    • 住宅事業では、断熱化・安全・安心の新商品を展開し、ビル事業では首都圏強化と改装強化
    • 海外事業では不透明な状況が継続するなか、国/地域に合わせた事業拡大。これらの事業を通して、2050年カーボンニュートラル実現に向けた計画的取り組み

面接で自己PRや志望動機を語るとき、中期経営計画を理解しておくことが大切です。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK