【2022年】航空業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識

2021.09.14 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

航空業界を志望する人が面接を受けるにあたって必ず知っておいたほうが良い基礎知識があります。

これらの知識を持っていないと、面接での受け答えができません。特に志望動機を答えるさいにこれらの知識がないと、入社への本気度が伝わりません。

この記事では、航空業界に応募する人が面接で困らないための基礎知識を紹介します。

ぜひこの記事を読んで、あなたの就活や転職の面接に役立ててください。

目次
  1. 航空業界とはどのような業界なのか
  2. 航空業界を取り巻く環境と課題
  3. 航空業界の仕事
  4. まとめ

航空業界とはどのような業界なのか

航空業界は航空路や空港を利用し、航空機によって旅客輸送や貨物輸送のサービスを行っている業界です。

航空業界は、景気や国際情勢に大きな影響を受ける業界です。大規模なテロ事件や感染症の流行、自然災害などがあるとすぐに、旅行需要に影響を与えます。

さらに、為替相場の影響も大きく、円高の時期には海外旅行の需要が高まり、円安に振れた場合は外国からの訪日観光客の増加につながるという側面を持っています。

燃料価格にも収益を左右されやすい性格を持っています。

このため航空業界を取り巻く環境に応じて、路線や運行スケジュールの見直しも常に行われています。

東京都心にある羽田空港に2010年、新国際線旅客ターミナルがオープンし、訪日外国人旅行者や、ビジネスや観光などで海外に渡航する旅行者が増加しました。

一方、格安航空会社(LCC)が旅行やビジネスでの移動手段として台頭しています。

大手航空会社が売りとする機内サービスを極力行わずに、機材使用を効率化したLCCの運賃は大手航空会社の半値からそれ以下になることもあり、世界中でシェアを拡大しています。

日本でも2012年以降、ANA、JALが出資するLCCが相次いで就航しています。

訪日外国人客の増加が見込める国際線での戦略がカギとなっています。

一方、航空貨物輸送は、鉄道やトラック運送など他の輸送機関と比べてスピードと確実性に優れているものの、一回当たりの輸送量が少ない面もあります。

そのため宝石・貴金属や、電子部品、化学光学製品、医薬品などといった軽くて小さいけれど、高価なものの輸送手段として活用されています。

近年は日本企業の海外進出に伴い、契約書や商品サンプルなどを運ぶ国際宅配便サービスも利用度が高まっています。

面接で志望動機を語るとき、航空業界とはどのような業界なのかを知っていることが大切です。

航空業界を取り巻く環境と課題

  • 新型コロナウイルスの感染拡大により国内・国際線とも旅客数は大幅に減少しています。

    国土交通省の航空輸送統計調査によると、2020年の国内線の旅客数は、前年比66.9%減の3,376万人、国際線は96.2%減の81万人でした。

    2021年も国際線は90%超減で推移しています。国内線は一時、GoToトラベルキャンペーンにより旅客需要は一時回復に向かいましたが、緊急事態宣言の再発令等を背景に、旅客需要は再度落ち込みました。

    先進国を中心としたワクチン接種の普及による需要回復を期待したいところですが、新型コロナ変異種の出現もあり感染拡大は継続しており、旅客需要の低迷が続いていくことが予想されます。

    一方、感染収束後も、オンライン会議の定着による出張機会の減少や、高齢者の海外旅行控えの動きなどにより、旅客需要は感染拡大前の水準まで回復は難しいとも指摘されています。

  • 航空業界大手各社は、手元資金の確保に加えて、低採算の国内線の減便、保有機材数の削減、社員の外部出向など徹底したコスト削減策に取り組んでいます。

    また、大幅に落ち込んだ旅客需要を補うため、航空各社は国際貨物事業に力を入れています。電子部品や半導体、自動車、医薬品や医療機器などの国際輸送の需要が高まっています。ANAは戦略的に貨物量を増やす予定です。

  • 航空各社はポストコロナを見据え、観光需要を見込んだLCCや、割安航空の強化を図っています。

    JALは成田をハブとしたLCC戦略を本格的に始動させました。ANAはアジア・オセアニア等の成長市場をカバーするために、訪日需要を対象とした「第3のブランド」を立ち上げ、2022年後半に運航を開始する予定です。

  • 航空業界では国際民間航空機関などにより、温室効果ガス排出量削減に向けた目標が定められています。

    大手航空各社は、カーボンニュートラルなフライトサービスの拡充や、石油代替航空燃料の導入などに向けた動きを加速させており、今後は業界の枠を超えた協業の活発化も見込まれています。

面接において、「航空業界はこれから何をやるべきと思いますか」と質問されるかも知れません。

航空業界の仕事

航空業界の募集職種は、事務職、技術職、サービス関係職に分れています。

事務職では、航空機の運航スケジュールを管理する運行管理や、キャンペーンや販促などを開発する企画開発、営業などがあります。

技術職では、航空機の整備をする航空整備士、施設設備の建築や修繕などを担当する設備計画・監督、技術開発などがあります。

サービス関係職では、航空機を操縦するパイロットや、主に機内で接客サービスや保安を担当するキャビンアテンダントがあります。また、チェックインカウンターなど地上で接客サービスを行う地上職もあります。

特にキャビンアテンダントは、洗練されたマナーやユニフォームを身につけて国内外を飛び回り、昔から女性にとってあこがれの職業です。

地上職は契約社員としての雇用が増え、キャビンアテンダントでは時間給でのパートタイマー雇用などが増えています。

航空業界ではどのような仕事があるのか、仕事内容をしっかり理解していることが志望動機を答えるときに重要です。また、事前に把握していると面接で希望する仕事を訊かれたときに役に立ちます。

まとめ

航空会社各社に応募する人は、業界をとりまく環境と課題を理解して、面接において志望動機を語るときなどに役立ててください。

また、面接官からの質問に答えるときにも、本記事で紹介したような知識が大切になります。

この他にも業界の知識を積極的に吸収しましょう。

加えてキャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

航空会社各社の具体的な面接対策については以下の記事を参考にしてください。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK