【24卒/23年転職】面接官が教える「ダイキン工業」の面接対策

2022.11.17 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

空調業界で世界NO.1であるダイキン工業に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。

応募者は事前にどのような面接の対策をしたらよいのでしょうか?

ダイキン工業に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関する情報や、ノウハウというものがあります。

例えばダイキン工業の面接では、求める人材をよく理解した上で、特に課題解決力と行動力をアピールすることが大切です。

また、面接で志望動機を語るためには、競合他社と比べてなぜダイキン工業なのか答えられなければいけません。

これら以外にもダイキン工業の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、ダイキン工業の採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、ダイキン工業の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基に、就活生はエントリーシート、転職希望者は職務経歴書を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生や転職の希望者は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. ダイキン工業の求める人材
  2. ダイキン工業の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. ダイキン工業の面接攻略のまとめ【就活】
  6. ダイキン工業の中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. ダイキン工業の面接攻略のまとめ【転職】
  10. ダイキン工業を志望するときに知っておきたい社風
  11. ダイキン工業の会社概要
  12. ダイキン工業のグループ経営理念
  13. ダイキン工業の戦略経営計画
  14. 参考リンク集

ダイキン工業の求める人材

ダイキン工業はどのような人材を求めているのでしょうか?

グループ経営理念にある、「8.働く一人ひとりの誇りと喜びがグループを動かす力」のなかで、次の内容が記してあります。

1)一人ひとりの成長の総和がグループの発展の基盤

・・・会社は個人に能力発揮の機会を与え、個人は会社の期待に応え、活躍するという相互信頼と緊張感のある関係のもと、求める人材は、それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する人です。・・・

2)誇りとロイヤリティ

・・・・

3)情熱と執念

・・・また、その果敢な実行を支える原点は、仕事に対する「夢」とその夢を現実のものにする「情熱」、困難に際し諦めず成し遂げる「執念」です。一人ひとりが、常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行するグループをめざします。

ここからダイキン工業の求める人材は次のような人と考えられます。

  • それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する人
  • 常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する人

求める人材は、面接で自己PRをするときの参考としてぜひとも知っておいてください。

ダイキン工業の新卒採用情報について【就活】

はじめにダイキン工業の新卒採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    ダイキン工業では、技術系、事務系職種毎に募集コースがあります。

    • 技術系職種は、技術職コース、技術営業(空調)コース、化学事業コース、デジタル改革人材コース、グローバルITセキュリティ・インフラコース、デザインコース、ファシリティマネジメントコース、知的財産コース、コンタクトセンター企画運営コースがあります。

      技術系募集職種のみ学校推薦の応募があります。(求人票の有無をご確認ください)

    • 事務系職種は、事務系コース、法務コース、コンタクトセンター企画運営コースがあります。
  2. 選考フロー

    エントリー→学内セミナー・動画説明会(任意)→エントリーシート・適性検査→面談(2~3回)→内々定

  3. エントリーシート(23年卒)

    自己PRに関すること

    • 学校で学んでいる研究テーマの概要をご入力ください。 学部生の方は 「研究テーマについて(これから始める研究テーマについての方向性、課題、ポイントなど)」または 「興味のある技術分野について(これから始める研究テーマと直結していなくても結構です。)」 のいずれかをご入力ください。(200字以内)
    • あなたが学生時代に取り組んだ活動の概要を教えてください。(各50字以内。1つは必須、最大5つまで)その中で、あなたが最も強みや特徴を発揮できたことについて教えてください。(300字以内)【ご記入いただきたい点】・具体的な取り組み内容 ・どのような行動を起こしたのか
    • あなた自身について(各30字以内) 性格特長 趣味 特技
    • 未来を見据えた時、社会に対して課題に感じることは何ですか?課題に感じた理由と、解決に向けて取るべきアクションについて、あなたの考えを提案してください。(400字以内)

    志望動機に関すること

    • あなたがキャリアを通して成し遂げたいこと・目指す姿は何ですか。その実現のために、ダイキンではどんなことに挑戦したいですか。(300字以内)
    • 当社のフィールドを活かして○○の分野で 取り組みたいことを具体的に教えてください(200字以内)
    • 次の当社の経営理念のうち、共感したものを3つ挙げてください。
    • 上記で選んだ3つの項目について、選択した理由を教えてください。(200字以内)
  4. 面接

    面接ではガクチカと研究内容の深掘りをされます。逆質問の時間が長い(15分以上)ので十分な準備が必要です。

    自己PRに関すること

    • 自己紹介・自己PRしてください
    • 学生時代に力を入れたことは何ですか(行なった背景、最終的な成果、活かせること)
    • 研究概要を2~3分で説明してください(テーマを選んだ理由、進め方、苦労したこと、どのように解決したか、今後の展望、研究における本人と指導教官の役割)
    • チームで何かに取り組んだ経験はありますか(規模、取り組み内容)
    • 部活動は何をしましたか、そこから学んだことは何ですか
    • イノベーションを起こした経験はありますか
    • 人間関係で大切にしていることは何ですか
    • 特技は何ですか
    • 強みと弱みは何ですか、強みをダイキンでどのように活かしますか

    志望動機に関すること

    • 就活の軸は何ですか
    • なぜ空調メーカーを志望しますか
    • なぜダイキン工業を志望しますか
    • なぜその希望コースを選びましたか、どのような仕事だと考えますか
    • 自分のどういった能力が希望コースで活かせますか
    • ダイキン工業でやりたい業務と理由は何ですか(どんな職種・製品開発に携わりたいか)
    • ダイキン工業に入ってから、解決したい社会課題は何ですか
    • 経営理念に共感した箇所はどこですか
    • 研究内容と異なる分野ですが大丈夫ですか
    • キャリアビジョンはどのように考えていますか
    • 海外勤務は大丈夫ですか
    • 他社の選考状況とダイキン工業の志望度を教えてください
  5. 採用人数

    19年度入社実績 349名(大卒 技術系288名 事務系61名)

    20年度入社実績 344名(大卒 技術系281名 事務系63名)

    21年度入社実績 311名(大卒 技術系246名 事務系65名)

    22年度入社実績 前年並み

    23年度入社計画 前年並み

  6. 22年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大6、京都大7,名古屋大3、大阪大34、九州大3、東京工大2、一橋大3、東京外大3、横浜国大1、大阪市大10、大阪府大16、神戸大22、広島大3、熊本大1、他

    私立大

    早稲田大8、慶応大5、上智大5、明治大1、立教大3、中央大1、法政大1、学習院大1、日本大1、東京理科大4、芝浦工大2、津田塾大1、同志社大17、立命館大5、関西大11、関西学院大1、龍谷大1、武庫川女子大1、他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2022年9月4日号)参照

  7. 学歴フィルター

    ダイキン工業は、難関国公立大、私立大を中心に採用しています。本社が大阪のため関西圏の大学が多いようです。

面接攻略の考え方【就活】

就活の面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。

よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。

以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてまとめてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    ダイキン工業は、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。 

    ダイキン工業の求める人材は、「それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する」「常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する」人です。

    ここで、「それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する」は、課題解決力を表しています。

    また、「常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する」は、行動力を表しています。

    ダイキン工業は、2025年を目標年度とする戦略経営計画「FUSION25」において、「サステナブル社会への貢献とグループの成長の実現」をめざす姿とし、成長戦略テーマとして「カーボンニュートラルへの挑戦」「顧客とつながるソリューション事業の推進」「空気価値の創造」の3つを掲げています。

    これらを推進するために課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で、課題解決力と行動力をアピールしましょう。

    課題を発見し、既存の発想にとらわれずに新しい解決法を考え、解決のための計画づくりができ、実現のために粘り強く取り組む人というアピールです。

    力を入れたことは学業、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    最も力を入れたことは何か、なぜ力を入れたのか、困難だったことと、困難を解決するために創意工夫してどのように粘り強く行動したか、その結果と自分が身につけたことを語ってください。

    但し、ダイキン工業は採用するすべての人に課題解決力と行動力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、その能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容を語る

    ダイキン工業は基本的に技術系の会社であることを理解しましょう。大学・大学院新卒採用者の80%は技術系です。

    ダイキン工業は、上記、戦略経営計画「FUSION25」において、技術開発力の強化を挙げていて、技術系社員への期待は大きいものがあります。

    面接では、自分の研究内容について説明するときに、希望する職種や製品開発に対応できる能力やスキルがあることを話せるようにしてください。

    具体的には、なぜそれを研究するのか、研究にあたって、課題と課題を解決する上で困難だった点について、自分自身の工夫と成果を説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、どのくらい粘り強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    また、研究成果が、ダイキン工業でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    ダイキン工業の技術的な仕事で直接使える研究をしていなくても、応募を希望する学生がいると思います。

    その場合は面接で、論理的思考力など潜在的な能力面をアピールしてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜダイキン工業を選ぶのか明確に伝える

    ダイキン工業のグループ経営理念、事業内容、戦略経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることがダイキン工業を選んだ志望動機になります。

    また、ダイキン工業と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    ダイキン工業は空調業界で世界一のメーカーであり、世界の空調市場をリードしています。

    よって、ダイキン工業を志望する人は、ダイキン工業と並行して同じ空調メーカーであるパナソニックや三菱電機などに応募する人が多いことと思います。

    あるいは、同じ関西に本社を置くクボタや、村田製作所にも興味のある学生もいるでしょう。

    たとえダイキン工業が第一志望でなくても、競合他社と比較し、なぜダイキン工業を選んだのかをしっかり答えられなくてはなりません。

    ■ダイキン工業でなぜそのコースを希望するか、そこでやってみたい仕事は何かを明確に伝える

    ダイキン工業は、応募時に技術系、事務系職種のコース毎の募集となっていますので、なぜそのコースを希望するのか答えられるように準備してください。

    さらにそのコースでやってみたい仕事は何か、なぜその仕事をやってみたいのかをきちんと説明できるようにしてください。

    あわせて仕事で活かせる能力やスキルがあれば、それを伝えられるようにしてください。

    希望するコースで注目している製品や技術、サービスとその注目理由も話せるようにしておくと、好印象です。

    ■ダイキン工業の志望順位と他社の応募状況を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、ダイキン工業と同じ空調メーカーならば空調業界に応募していますと答えてください。

    他社名を教えてほしいと聞かれたら、ダイキン工業と同等の大手企業に応募中ならそれを答えてください。

    その他の業界なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。

    この場合まったくの異業種であれば、なぜその業種に応募したのか答えられるようにしてください。

以上、ダイキン工業の採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。

面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます

また、さらに面接対策(まさに、これこそが重要!!)を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売を行っています。役に立つこと請け合いです。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

ダイキン工業は空調メーカーとして世界一のシェアを誇っており、海外売上高比率が79%を占めるグローバルカンパニーです。

このようなダイキン工業の面接を攻略するためには、空調業界を取り巻く環境を理解すること、空調業界で働いたときの仕事の内容を理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2023年】空調業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、ダイキン工業とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

ダイキン工業の会社概要、グループ経営理念、戦略経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもダイキン工業のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で面接を受けるにあたり必要と思われるダイキン工業の基本的な知識を簡単に紹介します。ぜひ読んでおいてください。

ダイキン工業の面接攻略のまとめ【就活】

ダイキン工業に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

ダイキン工業が採用したい人材は、「それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する」「常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する」人です。

ダイキン工業の面接ではガクチカと研究内容の深掘りをされます。逆質問の時間が長い(15分以上)ので十分な準備が必要です。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容を語る

面接時に志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜダイキン工業を選ぶのか明確に伝える
  • ダイキン工業でなぜそのコースを希望するか、そこでやってみたい仕事は何かを明確に伝える
  • ダイキン工業の志望順位と他社の応募状況を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは空調業界を取り巻く環境を理解することと同時に、空調業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、ダイキン工業とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

ダイキン工業の会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

面接がいかに大切か、必ず役に立つ以下のリンクも必読でしょう。

ダイキン工業の中途採用情報について【転職】

続いてダイキン工業の転職面接について解説していきます。

はじめにダイキン工業のキャリア(中途)採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    ダイキン工業は、転職の希望者を対象とした事務系職種、技術系職種の中途採用を積極的に行っています。

    社内に必要な能力、スキルを持つ人が足りないと思われる職種を募集していますので、応募にあたっては即戦力としての専門性が問われます。

    具体的な募集職種はその時々で変わっていくと思いますが、2022年11月時点で研究開発、機械系、電気系、生産技術、品質管理、ICT・DX人材、建築設備・計装、化学、事務・管理部門で募集があります。興味のある人はホームページをチェックしてください。

  2. 選考フロー

    エントリー→書類選考→1次面談→適性テスト→2次面談(最終)→内定

  3. 面接

    面接では、求める人材にふさわしい人物かどうか、及び現職(前職)の職務内容について深掘りをすることで、応募者がダイキンで貢献できるかを探ります。

    自己PRに関すること

    • 現職(前職)の職務内容を説明してください
    • 失敗を乗り越えた経験はありますか

    志望動機に関すること

    • なぜダイキン工業を志望しますか
    • 応募職種で貢献できることは何ですか
    • ダイキン工業でやりたいことは何ですか
    • 海外勤務は可能ですか

    退職理由に関すること

    • なぜ現職(前職)を退職しますか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機に関することや退職理由を必ず訊かれます。

それらについて的確に答えるための準備をしてください。

以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントが参考になります。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    ダイキン工業は、特に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    ダイキン工業の求める人材は、「それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する」「常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する」人です。

    ここで、「それぞれの立場において高度な判断、決断を下し、過去にとらわれない創造的な提案をし、実行する」は、課題解決力を表しています。

    また、「常に夢を語りながら、熱い情熱とたくましい執念を持って果敢に実行する」は、行動力を表しています。

    ダイキン工業は、2025年を目標年度とする戦略経営計画「FUSION25」において、「サステナブル社会への貢献とグループの成長の実現」をめざす姿とし、成長戦略テーマとして「カーボンニュートラルへの挑戦」「顧客とつながるソリューション事業の推進」「空気価値の創造」の3つを掲げています。

    これらを推進するために課題解決力と行動力のある人材を求めているのではないでしょうか。

    転職の面接では、現職(前職)において、応募書類だけでは説明しきれない仕事ぶりを説明してください。

    その中で、目標達成に向けて課題を見つけ、既存の発想にとらわれず新しい解決法を考えて、関係者を巻き込んで粘り強く遂行した経験も加えてください。

    さらに職務を実行するさいに困難だったこと、困難をどのように乗り越えて、成果を上げたかを伝えてください。

    最後に、ダイキン工業で活かせる、身につけた知識やスキルを語ってください。

    もし上記の能力について乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して、間接的にでも募集業務に役立つことを伝えましょう。

    ■技術系応募者は技術力を語る

    技術系応募者は、まず募集職種の仕事内容を理解してください。

    そして、それらに十分対応できる経験や能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務を説明するなかで面接官にわかってもらう必要があります。

    技術系応募者は、面接において、現職(前職)の職務内容の説明を相当詳しく求められます。

    職務遂行にあたって、技術面の工夫と成果をわかりやすく説明することで持っている技術力をアピールしましょう。

    成果を出すためのノウハウが、ダイキン工業でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

    直接そのような職務を経験していない人は潜在的な能力面をアピールすることです。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜダイキン工業を志望するのか明確に伝える

    ダイキン工業のグループ経営理念、事業内容、戦略経営計画などから感じたことをまとめてください。

    そのなかで、自分が共感できることがダイキン工業を選んだ志望動機になります。

    また、ダイキン工業と競合他社のホームページをしっかり読んでその違いを知っておいてください。

    ダイキン工業は最大手の空調メーカーであり、「空調」「化学」「フィルタ」の3分野を柱に幅広い事業を展開しています。

    なので、ダイキン工業を志望する人は、ダイキン工業と並行して同じ空調メーカーなどに応募する人もいるかと思います。

    あるいは、同じ関西の有力企業に応募する人もいるかも知れません。

    それらのような競合他社と比較し、なぜダイキン工業を選んだのかをしっかり答えられなくてはなりません。

    ■なぜその職種を選んだか、そこでやりたい仕事を明確に伝える

    事務系、技術系を問わず、なぜその職種に応募したのか、そこでやりたい仕事とその理由をしっかりと説明する必要があります。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ主な理由は、現職(前職)で培った自分の経験や能力、スキルがダイキン工業で活かせるからではないでしょうか。

    それには職務内容をわかりやすく説明することで、経験や能力、スキルがダイキン工業で活かせて、やりたい仕事で貢献できることを伝えてください。

    また、応募職種の分野で注目しているダイキン工業の製品や技術、サービスについて、なぜ注目しているかも話せるようにしておくとよいでしょう。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に納得してもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、ダイキン工業の中途採用情報と転職面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策(まさに、これこそが重要!!)を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売を行っています。役に立つこと請け合いです。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

ダイキン工業の転職の面接を攻略するためには空調業界を取り巻く環境を理解することと、空調業界で働いたときの仕事の内容を理解しておくと役に立ちます。

ブログ記事「【2023年】空調業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、ダイキン工業とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

ダイキン工業の会社概要、グループ経営理念、戦略経営計画など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもダイキン工業のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半で面接を受けるにあたり必要と思われるダイキン工業の基本的な知識を簡単に紹介します。ぜひ読んでおいてください。

ダイキン工業の面接攻略のまとめ【転職】

ダイキン工業に中途入社を希望する人が、必ず通過しなければならない転職の面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

ダイキン工業が採用したい人材は、「CO2を実質0に向けたチャレンジができる」人です。

面接では、求める人材にふさわしい人物かどうか、及び現職(前職)の職務内容について深掘りをすることで、応募者がダイキンで貢献できるかを探ります。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語る

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜダイキン工業を志望するのか明確に伝える
  • なぜその職種を選んだか、そこでやりたい仕事を明確に伝える

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

また、ダイキン工業とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

ダイキン工業の会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

面接がいかに大切か、必ず役に立つ以下のリンクも必読でしょう。

ダイキン工業を志望するときに知っておきたい社風

ダイキン工業の面接を受けるにあたり知っておきたい社風について以下に記します。

  • 持株会は10%の奨励金がつくために他社より優遇されています。住宅補助について独身は6,000円、結婚して12,000円です。
  • 開発部門は1年を通して忙しく、残業も多くワークライフバランスとは程遠い環境です。その他の部門は繁忙期には遅くまで残業することはありますが、それ以外の残業は少ないです。

    有給休暇は100%消化にこだわるので問題なく取得できます。

  • 学歴に関係なく頑張れば評価されます。何事にも挑戦させてくれます。
  • 社内コミュニケーションは活発です。関西企業特有のユーモアのある人と、くせの強い人が多い印象です。人柄の良い人が多いです。
  • 障がいがあっても働ける環境づくりも積極的に行っています。女性の雇用を推進しており、女性の活躍できる環境も整備しています。産休後に復帰する人も多いです。
  • 海外研修制度もあり、入社5年目以降では、海外駐在や海外案件の仕事もやらせてもらえます。

面接で語る志望動機をつくる際には、このような社風をよく知っておくことが大切です。

ダイキン工業の会社概要

ここからはダイキン工業の会社概要を説明します。面接において志望動機を語る上で役に立ちます。

  • ダイキン工業について、空調事業のシェアは世界1位であり、フッ素化学製品は世界2位のメーカーです。
  • ダイキン工業は、1924年合資会社大阪金属工業所を創立したのが始まりです。

    1934年に大阪金属工業株式会社、1963年にダイキン工業株式会社に商号変更し現在に至っています。

  • ダイキンは、「空調」「化学」「フィルタ」を柱に事業を展開しています。それ以外にも油機、特機、電子システム事業を運営しています。

    グローバルには、160カ国以上に事業展開しています。「市場最寄化生産戦略」をとり、生産拠点数は105ヵ所以上となっています。海外売上比率は79%です。(2021年度)

    ダイキンの基幹事業を支えるコア技術は、「インバーター」「ヒートポンプ」「冷媒制御技術」です。そこに情報通信技術、センサー技術、先端材料・加工技術、医療・ヘルスケア技術等を、コア技術と融合させることで、新しい顧客価値を生む商品・サービスを創出させようとしています。

    グローバルレベルでの産官学連携を活性化させることで、「関係知」を創出し、協創イノベーションを実現させるために、「テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)」を設立しました。

  • 2022年3月期の経営数字は次の通りです。

    資本金は、約850億32百万円です。

    連結従業員数は、連結で88,698人、単独で7,652人です。

    連結売上高は、3兆1,091億円です。

    連結営業利益は、3,164億円です。

    連結経常利益は、3,275億円です。

    連結当期純利益は、2,177億円です。

    部門別売上高は、空調・冷凍機91%、化学7%、その他2%です。

面接では、「ダイキン工業のコア技術は何か知っていますか」と質問がなされるかも知れませんので、覚えておくと良いです。

ダイキン工業のグループ経営理念

ここではダイキン工業のグループ経営理念を紹介します。

グループ経営理念

  1. 「次の欲しい」を先取りし、新たな価値を創造する
  2. 世界をリードする技術で、社会に貢献する
  3. 企業価値を高め、新たな夢を実現する
  4. 地球規模で考え、行動する
  5. 柔らかで活力に満ちたグループ

    1)しなやかなグループハーモニー

    2)関係企業と刺激し合い、高め合う

  6. 環境社会をリードする
  7. 社会との関係を見つめ、行動し、信頼される

    1)オープンである、フェアである、そして知ってもらう

    2)地域に対して、私たちにしかできない貢献を

  8. 働く一人ひとりの誇りと喜びがグループを動かす力

    1)一人ひとりの成長の総和がグループの発展の基盤

    2)誇りとロイヤリティ

    3)情熱と執念

  9. 世界に誇る「フラット&スピード」の人と組織の運営

    1)参画し、納得し、実行する

    2)チャレンジャーこそ多くのチャンスをつかむ

    3)多彩な人材を糾合し、個人の力をチームの力に

  10. 自由な雰囲気、野性味、ベストプラクティス・マイウェイ

面接では、「グループ経営理念を知っていますか」と質問がなされることもありますので、理解しておきましょう。

ダイキン工業の戦略経営計画

ダイキン工業は、戦略経営計画「FUSION25」を策定し、推進中です。ここではその概要を紹介します。

  1. めざす姿(中期実行計画)

    めざす姿は、「環境と空気の新たな価値を提供し、サステナブル社会への貢献とグループの成長を実現する」です。

  2. 重点戦略9テーマ
    • 成長戦略3テーマ(環境・社会貢献を行うとともに、事業拡大と収益力向上を実現)

      カーボンニュートラルへの挑戦、顧客とつながるソリューション事業の推進、空気価値の創造を実行する

    • 強化地域1テーマ(グローバル展開の加速と収益力の強化により、成長戦略への投資原資を獲得)

      最大市場であり、チャンスが大きい北米空調事業でNo.1のポジションを確立

    • 経営基盤強化5テーマ(事業変革・成長を支える経営基盤を強化)

      技術開発力の強化、強靭なサプライチェーンの構築、変革を支えるデジタル化の推進、市場価値形成・アドボカシー(政策提言)活動の強化、ダイバーシティマネジメントの深化による人材力強化

面接で自己PRや志望動機を語るさいは、戦略経営計画を知っておくことが大切です。理解しておきましょう。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK