【23卒/22年転職】面接官が教える「NTT西日本」の面接対策

2022.04.06 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

西日本を営業エリアとする大手電気通信事業者であるNTT西日本に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。応募者は事前にどのような面接の対策をしたら良いでしょうか?

(NTT西日本の正式社名は、西日本電信電話株式会社ですが、本ブログでは略称のNTT西日本を使用します。)

NTT西日本に入社を希望する人がぜひとも知っておきたい面接に関しての情報や、ノウハウというものがあります。

例えばNTT西日本の面接では、求める人材をよく理解した上で、課題解決力や行動力、チームワーク力の中から自分の強みを選んでアピールすることが大切です。

技術系で応募の場合は研究内容を適切に説明できるようにしてください。

一方、面接で志望動機を語るためには、競合他社と比べてなぜNTT西日本なのか、答えられなくてはいけません。

これら以外にもNTT西日本の面接を受けるにあたって大切なポイントがあります。

本ブログでは、面接官である筆者が、NTT西日本の採用情報とともに、面接で必ず訊かれる自己PRや志望動機の受け答えなどについてその対策を解説していきます。

さらに面接に臨むうえで必要な知識として、NTT西日本の会社に関する情報を載せています。

面接対策は、自己分析や企業研究の段階から既にはじまっています。

分析した結果を基にエントリーシートを作成し、一貫性をもたせて面接に繋げる必要があります。

就活中の学生は、本ブログを読むことで自己分析・企業研究の段階からスムーズに選考・面接対策ができるようになります。

目次
  1. NTT西日本の求める人材
  2. NTT西日本の新卒採用情報について【就活】
  3. 面接攻略の考え方【就活】
  4. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】
  5. NTT西日本の面接攻略のまとめ【就活】
  6. NTT西日本の中途採用情報について【転職】
  7. 面接攻略の考え方【転職】
  8. 面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】
  9. NTT西日本の面接攻略のまとめ【転職】
  10. NTT西日本を志望するときに知っておきたい社風
  11. NTT西日本の事業概要
  12. NTT西日本の経営数字
  13. NTT西日本のパーパス
  14. 参考リンク集

NTT西日本の求める人材

NTT西日本はどのような人材を求めているのでしょうか。

面接では、求める人材を知っておくことが自己PRをするうえで必要です。

NTT西日本のホームページにある新卒採用情報の「選考方法/採用コース」には、「柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる仲間をお待ちしております」との文章が載っています。

また、NTT西日本グループの新卒採用情報サイトの採用FAQには求める人材像として、「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける人材」と載っています。

以上からNTT西日本の求める人材は、次のような人です。

  • 柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる人
  • 自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける人

面接において自己PRを話すとき、求める人材像を知っておくことは大切ですから、覚えておくと良いでしょう。

NTT西日本の新卒採用情報について【就活】

はじめにNTT西日本の新卒採用情報について紹介します。

NTT西日本グループの採用は、NTT西日本と、NTT西日本グループ各社それぞれの採用となりますが、エントリーシート提出、WEB適性検査まではグループ共通であり、その後は各社選考に進みます。

NTT西日本は、6月内々定の春採用以外にも、若干名の夏採用、秋採用があります。

  1. 募集コース

    NTT西日本は3つの選考コースと、7つの採用コースが用意されています。

    ■3つの選考コース

    通常選考、Advanced Engineer選考(博士後期課程修了予定限定)、オンリーワン選考の3コースがあります。

    オンリーワン選考は、スポーツ、学業・研究、ビジネス、ART・クリエイティブ、テクノロジー、社会貢献のそれぞれの分野でオンリーワンの「実績」=他にない卓越した実績を残せているか、オンリーワンの「軌跡」=実績を出すまでの取り組みが どれだけユニークかについて焦点を当てて評価するものです。

    オンリーワン選考の採用コースは通常選考と同じです。

    ■7つの採用コース

    • NTT西日本グループの幅広いフィールドを経験しながら専門性を定め磨くコース

      総合職(事務系)と総合職(技術系)の2コースがあります。

    • 分野/業務を定めて、 NTT西日本グループの幅広いフィールドで専門性を磨くコース

      総合職(法務コース)、総合職(財務コース)、総合職( Security Engineerコース)採用、総合職(Business Designコース)採用、総合職(DXコース)採用、の5コースがあります。

  2. 選考フロー

    NTT西日本グループプレエントリー→エントリーシート・WEB適性検査→各社選考(面接、複数回)→内定

  3. エントリーシート(22年卒)

    自己PRに関すること

    • 自由に自己PRをおこなってください。(400文字以内)

    志望動機に関すること

    • あなたがNTT西日本で「やってみたいこと」を理由を含めて自由に記載してください。(400文字以内)
  4. 面接

    面接では、学生時代に頑張ったことの深掘りがあります。

    自己PRに関すること

    • 自己PRしてください
    • 学生時代に頑張ったことは何ですか(頑張れた理由と困難だったこと、困難をいかに乗り越えたか、学んだこと)
    • 学業について説明してください
    • 一番自分がやりがいを感じる瞬間は何ですか
    • 周りからどのような人と言われますか
    • 何かにチャレンジした経験はありますか
    • ストレスがたまったときの解消法はありますか

    志望動機に関すること

    • 就職活動の軸は何ですか
    • なぜNTT西日本を志望しますか
    • 希望するフィールドは何ですか
    • 希望するフィールドで働けなかった場合どうしますか
    • 入社後のキャリアプランは何ですか
    • 転勤は可能ですか
    • 他社の応募状況とNTT西日本の志望順位を教えてください
  5. 採用人数(NTT西日本グループ)

    19年度入社実績 540名 

    20年度入社実績 500名 

    21年度入社実績 454名

    22年度入社計画 300名程度

    23年度入社計画 前年並み

  6. 21年新卒入社大学別就職者数

    国公立大

    東京大1、京都大15、北海道大2、東北大2、名古屋大16、大阪大27、九州大11、千葉大2、大阪市大7、大阪府大9、神戸大13、岡山大7、広島大12、熊本大3、他

    私立大

    早稲田大6、慶応大3、上智大3、明治大2、立教大1、中央大2、駒沢大1、東海大1、東京理科大2、神奈川大1、金沢工大1、南山大5、名城大1、同志社大21、立命館大13、関西大7、関西学院大13、龍谷大2、大阪工大1、近畿大5、桃山学院大1、西南学院大2 他

    以上は大学院修了者を含みます。

    ※サンデー毎日(2021年9月5日号)参照

  7. 学歴フィルター

    NTT西日本は、営業エリアである中部地方以西の国公立大、私立大の採用が多いようです。

面接攻略の考え方【就活】

面接では自己PRと志望動機を必ず訊かれます。よってそれらの答えをあらかじめ準備する必要があります。以下の自己PRと志望動機のヒントを参考にしてください。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力、チームワーク力の三つの能力のうち二つを自分の中から探してアピールする

    上記にあるように、NTT西日本は「柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」人を求めています。

    ここで、「柔軟な発想力」は、課題解決力を表しています。

    また、「強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」は、行動力を表しています。

    さらに、「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」は、チームワーク力を表しているのではないでしょうか。

    以上の三つの能力をNTT西日本は応募者に求めています。

    これらは応募する学生に対して「このような人材になってもらいたい」との目標と考えましょう。

    学生がこれら全てを持っているとアピールする必要はありません。

    面接では、学生時代において最も力を入れたことを伝える中で課題解決力・行動力・チームワーク力のうちから二つを自分の中で探してアピールしましょう。

    • 課題解決力なら、課題を発見し、既存の発想にとらわれず新しい解決法を考えて、解決のための計画づくりができるということです。
    • 行動力なら、課題の解決に向けて周囲に働きかけながら粘り強く取り組めるということです。
    • チームワーク力なら、チームのなかで自分の役割を理解し、メンバーの意見も尊重しながら活動を進めることができるということです。

    力を入れたことは勉強、クラブ活動、アルバイト、ボランティア活動などなんでも良いのです。

    これらの活動の中で、いずれかの能力を発揮したことを具体的に説明してください。

    そこで自分が身につけたことを伝えられるとなお良いです。

    但し、NTT西日本は採用するすべての人に課題解決力や行動力、チームワーク力を求めているわけではありません。

    自分の最も伝えたい能力が他にあるなら、面接においてその能力を上手に説明してください。

    ■技術系応募者は研究内容を語る

    NTT西日本の情報通信網は社会経済を支える重要なインフラであり、ネットワーク保守・運用、ネットワーク設計、次世代サービスの実用化に向けた研究開発を進めています。

    したがって、技術系応募者はそれらの仕事に技術面で関わっていきます。

    面接では、大学で自分が研究したなかで、「通信インフラ整備、高度化」「次世代サービス研究開発」などに十分対応できる能力、スキルがあることを、自分の研究内容から探し出して話せるようにしてください。

    技術系応募者は、面接において研究内容の説明を相当詳しく求められることでしょう。

    具体的には、なぜその研究を選んだか、課題と課題解決の手法をあげ、解決に困難だった点について、自分自身の工夫と成果を面接でわかりやすく簡潔に説明できるようにしてください。

    課題を解決するために、どのように周囲を巻き込んでいったか、あるいはねばり強く取り組んでいったかなどについても説明できるといいです。

    研究をチームで行っている場合は、チーム内での役割も伝えてください。研究の将来性などがわかれば、それも話してください。

    また、直接仕事に関係する研究や勉強をしていない応募者もいると思いますが、その場合は、面接で論理的な思考力といった潜在的な能力面をアピールすることです。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜNTT西日本を選ぶのか明確に伝える

    NTT西日本を志望する応募者は、通信インフラに興味があること以外にも、日本電信電話公社以来の準公務員としての安定性、堅実性とか、固定ネットワークといった競争相手がいない独占的な企業である、といったような理由の人が多いと考えられます。

    安定性や堅実性を会社に求めることは間違いではありませんが、NTT各社は、従来からの社会を支えるライフラインとしての通信網の維持から、IOT、ビックデータ時代のカギとなる通信の技術革新に対応すべく準備を進めています。

    また、地域社会が抱える社会課題を解決し、産業・業界のスマート化を推進するICTソリューションにも積極的に取り組んでおり、「挑戦する」ことに重点を置いた志望動機が求められると考えられます。

    後述するNTT西日本グループの事業概要や企業理念、その他ホームページから感じたことをまとめてください。そのなかで、自分が共感できることがNTT西日本を選んだ志望動機となります。

    また、NTT西日本と競合他社のホームページをしっかり読んで、その違いを知っておいてください。

    NTT西日本グループに応募する人は、同じNTTグループのNTTデータや、NTTドコモ、NTT東日本などと並行して応募する学生も多いと思われます。

    ITベンダーの富士通、NEC、日立製作所にも応募するかもしれません。

    たとえNTT西日本が第一志望でなくても、競合他社と比較しなぜNTT西日本なのか、面接で質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■NTT西日本でなぜそのコースを希望するか、そこでやりたい仕事を面接で明確に伝える

    面接では、希望するコースを選んだ理由と、そこでやりたい仕事は何か、なぜその仕事をやりたいのかをきちんと説明できなくてはいけません。

    あわせてやりたい仕事で活かせる能力やスキルがあればそれを伝えてください。

    希望する仕事で注目している製品や技術、サービスとその注目理由も話せるようにしておくと、なお良いでしょう。

    ■他社の応募状況を答えられるようにする

    志望順位については、迷わず第一志望ですと答えましょう。

    他社の応募状況を聞かれたら、同業他社に応募中ならその会社名を答えてください。

    それ以外なら「〇〇業界にも興味があり応募しています」くらいは答えてもいいです。この場合まったくの異業種であり、なぜそうなのか答えられるようにしてください。

以上、NTT西日本の採用情報と面接攻略の考え方を説明しました。面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

また、さらに面接対策を完全にしたい就活生のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの就活面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【就活】

面接を攻略するためには、通信業界を取り巻く環境を理解することと、通信業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】通信業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、NTT西日本とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

NTT西日本の事業概要や、経営数字、企業理念など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもNTT西日本のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半でNTT西日本のホームページから得たNTT西日本の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

NTT西日本の面接攻略のまとめ【就活】

NTT西日本に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

NTT西日本が採用したい人材は、「柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」人です。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力、チームワーク力の三つの能力のうち二つを自分の中から探してアピールする
  • 技術系応募者は研究内容を語る

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜNTT西日本を選ぶのか明確に伝える
  • NTT西日本でなぜそのコースを希望するか、そこでやりたい仕事を面接で明確に伝える
  • 他社の応募状況を答えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは通信業界を取り巻く環境を理解することと、通信業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、NTT西日本はどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

NTT西日本の会社に関する知識について、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

NTT西日本の中途採用情報について【転職】

続いてNTT西日本の転職面接について解説していきます。

はじめにNTT西日本の中途採用情報について以下に記します。

  1. 募集職種

    NTT西日本は転職の希望者を対象とした中途採用を積極的に行っています。

    社内に必要な能力、スキルを持つ人が足りないと思われる職種について募集しています。

    なので、応募にあたっては募集職種の経験者等、一定の専門スキルを有する人を対象としています。

    現時点でどのような職種を募集しているか、詳細は、NTT西日本のホームページにあるキャリア採用情報をご覧ください。

    募集職種には、募集ポストごとに業務概要および詳細、勤務条件、必要とされる経験などが明記されています。

  2. 選考フロー

    応募(募集ポストの応募フォームを記入・履歴書・職務経歴書添付)→書類選考→面接(数回)・適性検査→内定

  3. 面接

    面接では、求める人材かどうかを判断されます。現職(前職)の仕事内容の深掘りもされます。

    自己PRに関すること

    • 現職(前職)の職務内容を説明してください

    志望動機に関すること

    • なぜNTT西日本を志望しますか
    • なぜその職種に応募しますか
    • 入社したらやりたい仕事は何ですか

    退職理由に関すること

    • 現職(前職)を退職する理由は何ですか

面接攻略の考え方【転職】

転職の面接では自己PRと志望動機、退職理由を必ず訊かれます。

それらについて的確に答えるための準備をしてください。

以下の自己PRと志望動機、退職理由のヒントが参考になります。

  1. 面接時の自己PRのヒント

    ■課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする

    NTT西日本の中途採用は、基本的に課題解決力と行動力を求めていると考えられます。

    上記にあるように、NTT西日本は「柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」人を求めています。

    ここで、「柔軟な発想力」は、課題解決力を表しています。

    また、「強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」は、行動力を表しています。

    さらに、「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」は、チームワーク力を表しているのではないでしょうか。

    以上の三つの能力をNTT西日本は応募者に求めています。

    これら三つの能力のうち、中途採用は即戦力を求めているので、仕事のアウトプットに直結する課題解決力と行動力をアピールすることが有効です。

    NTT西日本が取り組んでいる「ビジネス営業の強化」、「新たな事業領域の拡充・開拓」、「光顧客基盤のさらなる拡大」に応えるためには困難な課題を解決できる能力と泥臭いほどの行動力が必要だからです。

    (チームワーク力について質問された場合には、その力もあることを、例をあげて答えられるようにしておいてください。)

    転職の面接では、現職(前職)において、履歴書や職務経歴書だけでは説明しきれない仕事ぶりを説明してください。

    その中で、課題を見つけ、課題解決のために自らが立てた対策と関係者を巻き込んで粘り強く遂行した経験も加えてください。

    さらに、職務を実行したときに困難だったこと、困難を乗り越えて自分が身につけた知識やスキル、反省点なども語ってください。

    もし上記の能力について乏しい場合は、自分の最も伝えたい能力を面接で上手に説明して募集職種に役立つことを伝えましょう。

    ■技術系応募者は技術力を語る

    技術系応募者は、まず応募職種の職務内容を理解してください。

    そして、それらに十分対応できる経験や能力、スキルがあることを、現職(前職)の職務を説明するなかで面接官にわかってもらう必要があります。

    技術系応募者は、面接において、現職(前職)の職務内容の説明を相当詳しく求められます。

    職務遂行にあたって、技術面の工夫と成果をわかりやすく説明することで持っている技術力をアピールしましょう。

    成果を出すためのノウハウが、NTT西日本でどのように活かせるかも説明できるようにしてください。

  2. 面接時に志望動機を語るヒント

    ■なぜNTT西日本を選ぶのか明確に伝える

    NTT西日本を志望する応募者は、通信インフラに興味があること以外にも、日本電信電話公社以来の準公務員としての安定性、堅実性とか、固定ネットワークといった競争相手がいない独占的な企業である、といったような理由の人が多いと考えられます。

    安定性や堅実性を会社に求めることは間違いではありませんが、NTT各社は、従来からの社会を支えるライフラインとしての通信網の維持から、IOT、ビックデータ時代のカギとなる通信の技術革新に対応すべく準備を進めています。

    また、地域社会が抱える社会課題を解決し、産業・業界のスマート化を推進するICTソリューションにも積極的に取り組んでおり、「挑戦する」ことに重点を置いた志望動機が求められると考えられます。

    後述するNTT西日本グループの事業概要や企業理念、その他ホームページから感じたことをまとめてください。そのなかで、自分が共感できることがNTT西日本を選んだ志望動機となります。

    また、NTT西日本と競合他社のホームページをしっかり読んで、その違いを知っておいてください。

    NTT西日本グループに応募する人は、同じNTTグループのNTTデータや、NTTドコモ、NTT東日本などなどにも応募するかも知れません。

    ITベンダーの富士通、NEC、日立製作所にも関心があるでしょう。

    そのような競合他社と比較しなぜNTT西日本なのか、面接で質問されたときに、しっかり答えられなくてはなりません。

    ■NTT西日本で応募職種を選んだ理由と、その職種でやりたい仕事は何か、どのような貢献ができるかを明確に伝える

    面接では、なぜその職種に応募したのか、そこでやりたい仕事と貢献できることをしっかり説明できなくてはいけません。

    中途採用の応募者が応募職種を選んだ主な理由は、現職(前職)で培った自分の経験や能力、スキルがNTT西日本で活かせるからではないでしょうか?

    それについては、現職の業務内容をわかりやすく説明することで伝えてください。

    応募職種の分野で注目しているNTT西日本の技術やサービスについて、なぜ注目しているかも話せるようにしておくとよいでしょう。

  3. 転職面接時に退職理由を語るヒント

    ■面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

    「なるほど、そのような前向きな理由があって退職したのですね」と面接官に納得してもらえる内容を説明しましょう。

    間違っても上司と合わないとか、給料が安いなどというネガティブな理由を言わないでください。

    例えば、現職(前職)では、自分の持つ能力、スキルをこれ以上向上させることが難しく、キャリアアップのために転職を考えたというような言い方です。

以上、NTT西日本の中途採用情報と転職面接攻略の考え方を説明しました。

特に面接は複数回行われ、自己PRと志望動機に関する様々な質問がなされることが予想されます。

さらに面接対策を完全にしたい転職希望者のために、キャリア育みファームでは必勝マニュアル「ベテラン面接官が教えるとっておきの転職面接必勝法」の販売も行っています。

本マニュアルの方法で自己分析を進めることで、ライバルから一歩抜け出した自己PRと志望動機を作成できます。詳細については、マニュアルのページをご覧ください。

面接を攻略するために知っておきたい基本的な知識【転職】

NTT西日本は、ICTを活用して、社会の課題解決を目指しており、家庭と仕事を両立できる環境を整えることで、仕事に力を注ぐことができるようにしています。

このようなNTT西日本の面接を攻略するためには、通信業界を取り巻く環境を理解することと、通信業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

ブログ記事「【2022年】通信業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識」を読んでおいてください。

続いて、NTT西日本とはどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

NTT西日本の事業概要や経営数字、企業理念など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

これら以外にもNTT西日本のホームページを隅から隅まで熟読することをお勧めします。

本記事の後半でNTT西日本のホームページから得たNTT西日本の基本的な知識を簡単に紹介します。面接を受けるにあたり必要と思われるので、ぜひ読んでおいてください。

NTT西日本の面接攻略のまとめ【転職】

NTT西日本に入社を希望する人が、必ず通過しなければならない面接試験。面接ではどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

NTT東日本が採用したい人材は、「柔軟な発想力と強い意志を持ち、未来に向かって挑戦できる」「自分自身の想いを持ち、周りと力を合わせ、チームをリードしていける」人です。

面接では、求める人材かどうかを判断されます。現職(前職)の仕事内容の深掘りもされます。

面接で自己PRをするときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 課題解決力と行動力を自分の中で探してアピールする
  • 技術系応募者は技術力を語る

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • なぜNTT西日本を選ぶのか明確に伝える
  • NTT西日本で応募職種を選んだ理由と、その職種でやりたいことは何か、どのような貢献ができるかを明確に伝える

面接で退職理由を伝えるときのポイントとしては、以下があげられます。

  • 面接官が納得できる前向きな退職理由を伝えられるようにする

面接を攻略するためには、まずは通信業界を取り巻く環境を理解することと、通信業界で働いたときの仕事の内容も理解しておくことが大切です。

また、NTT西日本はどのような会社なのかを理解することも面接準備には必須です。

NTT西日本の会社に関する知識など、面接での受け答えのためにぜひとも知っておいてください。

以下のリンクも参照ください。

NTT西日本を志望するときに知っておきたい社風

NTT西日本はどのような社風なのか、面接を受けるにあたり知っておきたい情報を載せます。

  • 住宅補助、扶養手当、財形貯蓄、持株会、退職金など福利厚生は充実しています。
  • 部署により勤務時間は異なります。定時で帰る部署と、プロジェクトやトラブル対応など夜遅くまで働く部署もあります。
  • 有給休暇は使い切ることが前提となっています。フレックスタイム制が導入されています。ワークライフバランスがとりやすいです。
  • 旧電電公社と民間会社の意識が混じっていて、言われたことだけをする社員と、成果を上げようと努力するタイプの社員がいます。意思決定には時間がかかります。
  • 女性は産休・育休を取りやすく、働きやすい職場です。管理職も増えています。
  • 人事異動が非常に多く、原則3~4年で異動となるため経験を積んでゼネラリストになりたい人は働き甲斐があります。

面接で語る志望動機を作る際、社風をよく知っていることが大切です。

NTT西日本の事業概要

ここではNTT西日本の事業概要を説明します。面接において志望動機を語る上で知っておいてください。

  1. NTT西日本とNTTグループ

    NTT西日本は、1999年7月、日本電信電話(NTT)の再編成により、NTT東日本、NTTコミュニケーションズと共に設立されました。

    NTT西日本の属する通信業界とは、固定電話や携帯電話を利用した通信サービスを提供する電気通信事業者の業界です。電気通信事業者は通信キャリアとも呼ばれます。

    大手通信キャリアはNTTグループ、KDDIグループ、ソフトバンクグループがありますが、NTTグループは、通信業界最大の売り上げを誇っています。

    NTTグループは、日本電信電話公社の事業を継承し、持株会社のNTT、地域通信事業のNTT東日本、NTT西日本、国際通信事業のNTTコミュ二ケーションズ、携帯電話のNTTドコモ、データ通信システム構築のNTTデータなどが主な会社です。

    NTT西日本は、持株会社であるNTTの100%出資会社となっています。

    NTT西日本は、関西、東海、北陸、中国、四国、九州の2府28県を管轄エリアとしています。

    NTT西日本の強みは、105万キロメートルに及ぶ固定ネットワーク(光ファイバー)という巨大な通信設備です。

    固定電話や、フレッツ光といったインターネット接続サービスは固定ネットワークを利用しています。インターネット回線の70%はNTT東西日本のフレッツ光と光コラボが占めています。

    「LTE」や「Wi-Fi」といった無線サービスも固定ネットワークを利用しています。なので、NTT西日本の固定ネットワークがなければスマホも利用できません。

  2. NTT西日本のビジネスモデル
    • NTT西日本は、ICTを活用した「社会課題の解決」「新たな価値創造」を実現するための、通信インフラ事業を推進しています。

      企業キャッチフレーズを2019年7月より「あしたへ-with you, with ICT.」としています。

    • 目指す姿は、社会を取り巻く環境変化がもたらす様々な課題に対し、先頭に立ってICTの力で解決をしていく「ソーシャルICTパイオニア」です。

      地域から愛され、信頼される企業として変革し続けるとともに、地域を元気にしていく「ビタミン」のような役割を担っていくとしています。

      このため、外部のパートナーとのコラボレーションを通じて新たな価値を提供することや、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスの拡大、「スマートエネルギー、スマートオフィス、スマートライフ」など新たな事業領域の拡充・開拓に取り組みます。

      具体的には、次のような取り組みを進めています。

      ①地域における情報集積プラットフォームの「地域創生クラウド」構想

      ②再生可能エネルギーや蓄電池、EV(電気自動車)などの点在するエネルギーリソースをICT(IoT、AI等)でマネジメントする、地産地消型のエネルギー社会の創造

      ③ドローンによる点検技術や画像解析におけるAI活用のノウハウをいかし、インフラ点検ソリューション

面接では、「ソーシャルICTパイオニアとは何か知っていますか」と質問されるかも知れません。理解しておきましょう。

NTT西日本の経営数字

ここでは、NTT西日本の2021年3月期の経営数字を紹介します。

資本金は、3,120億円です。(2022年1月現在)

従業員数は、1,600人です。(同上)

連結営業収益は、15,059億円です。

連結営業利益は、1,558億円です。

当期純利益は、1,052億円です。

面接を受けるに当たり、NTT西日本の事業規模をあらかじめ知っておいてください。

NTT西日本のパーパス

2021年、NTT西日本グループは新たな存在意義「パーパス」を定めました。

パーパス

「つなぐ」その先に「ひらく」
あたらしい世界のトビラを

私たちは、地域社会の一員として、あらゆる人々が幸せで豊かな未来の姿を追求しつづけます。

そのために、技術と知恵をみがき、新たな価値の共創に挑戦します。

参考リンク集

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK