若手社員は絶対にビジネスマナーを身につけるべし

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

若手社員は会社で生き抜いていくためにビジネスマナーをきちんと身につけることが必要です。

学校を卒業して会社に入社すると、新入社員研修で会社で働くための基礎を学びます。

このなかでビジネスマナー研修を受けることが一般的です。

身だしなみ、電話の受け方、お茶の出し方、挨拶の仕方などビジネスパーソンとして必要な初歩的な知識です。

これらの初歩的なビジネスマナーの知識を持っている人は多いと思います。

そのうえで、上司、同僚や他部署の人達といった社内の関係者や、お客様や取引先といった仕事の上で関係する社外の人達と良好な人間関係を築くためには、もう一歩進んだビジネスマナーを身につける必要があります。

この記事ではビジネスマナーの必要性や、基本について説明します。

目次
  1. ビジネスマナーの必要性
  2. ビジネスマナーの基本とは何か?
  3. まとめ

ビジネスマナーの必要性

ビジネスマナーとは仕事をする上で必要なマナーのことです。

一口にビジネスマナーといっても多岐にわたりますので、ここでは若手社員が身に着けるべきビジネスマナーについて説明します。

仕事を遂行する上で大切なことは、関係する人達と良好な人間関係を築くことです。

そのためにはコミュニケーションを円滑にしなければなりません。ビジネスマナーがきちっとできるとコミュニケーションが円滑化していきます。

あなたの上司や先輩、お客様や取引先の方々はあなたが考えている以上にビジネスマナーを重視しています。

ビジネスマナーがなっていないと、仕事自体がいい加減だと思われてしまいます。ビジネスマナーは仕事の入り口と判断しているからです。

このように、あなたより年上の人たちの考え方を知ってビジネスマナーを身につけることが必要です。

ビジネスマナーの基本とは何か?

では若手社員が身につけるべきビジネスマナーの基本とはどのようなものでしょうか?

ここではビジネスマナーの基本について説明します。

  • 約束は守る。

    これはビジネスパーソンとして非常に大切なことです。

    世の中は約束で成り立っています。ビジネスの世界でも約束事があります。

    会社には、就業規則といった社員が守らなければいけないルールがあります。これ以外にも仕事をする上で守らなければいけない様々な規則、決まりごとがあります。

    お客様や取引先に対しては、決めた約束を守らなければ信用を失ってしまいます。

    約束は、あなたにとって窮屈なものであっても絶対に守ってください。

  • 常識を身につける。

    社会人として身につけるべき常識を持つことも必要です。あたりまえのことですが、これは意外と難しいものです。

    ベテラン社員になっても常識を心得ていない人はたくさんいます。あるいは常識を心得ていても常識に沿った行動をしない人もいます。

    たとえあなたの周りのベテラン社員ができていなくても、常識に沿った行動をしてください。そうすることで他の社員と差が付きます。

    たとえば敬語の正しい使い方です。知っているようで意外とむずかしいのが敬語の使い方です。

    たとえば上司や先輩に対してつい若者言葉やため口を使っていませんか?また「・・・させていただきます」をやたらに使っていませんか?

    文化庁の定義によると「・・させていただく」を使うのは、①自分が行なう行為について相手や第3者の許可を得る場合で、②さらにそのことで自分が恩恵を受けるという事実や気持ちがある場合です。

    よってこの2つの条件をどの程度満たすかによって「・・させていただく」の使用が適切かどうかが判断されます。

    会社でプレゼンするとき「発表させていただきます」と言っていませんか?やたらに「・・させていただく」を使わないようにしましょう。

    これら以外にも、会議の手順や電話・メールの仕方、お客様や取引先の対応など、知っておくべき常識がたくさんあります。

    ビジネスマナーの基本としてこれらの常識を身につけることが大切です。

  • 仕事の基本スキルを身につける。

    基本的な仕事のスキルを覚えることも広い意味ではビジネスマナーです。上司のニーズの掴み方や、報連相の仕方、PDCAサイクルの回し方や、クレームの対応方法といったものです。

    こういった基本的な仕事のスキルを身につけると、結果として、職場内外の関係者を大切にすることにつながります。共通の方法に則って仕事を進めれば、お互いに迷惑をかけることが少なくなるからです。

    若手社員はビジネスマナーとして基本的な仕事のスキルを覚えることが大切です。

    会社によってそれぞれ仕事の進め方も異なることがありますので、それらも含めてできるだけ早く仕事の基本スキルを身につけましょう。

まとめ

若手社員はビジネスマナーを身につけることが求められます。

ビジネスマナーとは仕事をする上で必要なマナーのことです。ビジネスマナーがきちっとできるとコミュニケーションが円滑化します。

若手社員のビジネスマナーの基本として、関係する人との約束を守り、社会人としての常識を身につけましょう。

また広い意味では、仕事の基本スキルを身につけることもビジネスマナーです。

ぜひ以上の基本をおさえてください。良好な社会人生活をスタートできると思います。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK