問題解決力を養うためのヒント

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

この記事では若手社員のあなたに、「問題解決力」を養うためのヒントを教えます。

仕事をしているといろいろな困難に直面することがあります。このようなとき若手社員のうちは周囲が応援してくれるものです。

しかし自分の将来のために、困難な問題を解決するスキルを身に着けることが大切です。

日頃から問題解決力を養っておくときっと役にたちます。

目次
  1. 若手社員でも問題解決力が必要です
  2. 問題解決力を養うヒント1:情報収集力を上げる
  3. 問題解決力を養うヒント2:3つの目で物事をとらえる
  4. 問題解決力を養うヒント3:日頃からなぜと考える
  5. まとめ

若手社員でも問題解決力が必要です

あなたが生きている今は、世の中の先が見えない時代です。

現代は政治的、経済的、文化的にも世界的に激しく変化する時代に突入しています。

このような時代を受けて会社を取り巻く環境も否応なく変化しています。

そのような時代だからこそ問題解決力が必要です。

これからのビジネスパーソンにとって仕事をする上で重要な能力は、問題解決力といえるのではないでしょうか?

お客様のニーズや社内の取り組みの変化にいかに対応するか、ビジネスパーソンとしての問題解決力が試されようとしています。

若手社員にとっても様々な変化に対応できるよう、しっかりと問題解決力を磨いておく必要があると言えましょう。

問題解決力を養うヒント1:情報収集力を上げる

人が積極的にインプットしようとするのは、自分が興味のある情報に限られます。

でもそれでは個人の価値観や考え方によって情報の幅が狭まってしまいます。

若いあなたは、自分の興味外のことまで貪欲に好奇心を持つことが大切です。

問題解決力を養うための第一歩は、様々なことについて情報収集を怠らないことです。

問題解決に至る思考の幅を広げるためには、情報の幅を広げる必要があるからです。

人は自分の好みに支配されて自らフイルターをかけ、好きなことや、興味のある情報のみに限定してインプットの幅を狭めてしまいがちです。そうならないように気を付けてください。

あなたが好奇心を持って情報を集めれば、何かを得ることができます。

  • 新聞のニュースについては、自社に関係がないか考えながら一通り読むことです。大手ニュースサイトのトップニュースも読んでください。
  • 東洋経済、ダイヤモンド、日経ビジネスのオンラインサイトを毎日チェックすると、経済の流れや他の業界、ライバル企業の動向などがわかります。
  • CNN等、海外のニュースサイトも見るといいでしょう。CNNは日本語版もあります。
  • NHKスペシャル、クローズアップ現代+を見ると最新の世の中の流れがわかります。
  • 人気の商品や一番の売れ筋は、一応購入して試してみましょう。どうして売れるのか掴めます。
  • 人が多く集まる場所に行き、実際に体験することもいいでしょう。

このような好奇心が必要です。

問題解決力を養うヒント2:3つの目で物事をとらえる

問題解決力を高めて成果を上げるには、「鳥の目」「虫の目」「魚の目」の3つの目で見ることが大切です。

「鳥の目」で見るとは、鳥のように高いところから見下ろして眺め、広い視野から物事全体をみつめることで大局観を把握することです。

何をするにも細かな点ばかりに目が行き、視野が狭くなってしまうとうまくいかないものです。

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、森を見ることが大切です。

自分のやっている仕事について職場からの、あるいは会社からの視点で見ることが必要です。

「虫の目」で見るとは、現場で起きている物事を詳細に把握することです。

現場で今何が起こっているか徹底的に見つめ直すことで、現場でしか見えなかった部分が見え、足元を見直すきっかけとなります。

「魚の目」で見るとは、世の中のトレンドをつかむことです。

世の中は変化しており、その流れをとらえることでビジネスのチャンスは広がります。時代の流れや変化を掴み、素早く行動に移すことが重要です。

まとめると、全体像を把握しながら細部にもこだわり、同時に世の中の流れをつかんでスピードよく行動に移す、この3つの目を同時に持つ意識が大切です。

問題解決力を養うヒント3:日頃からなぜと考える

日常生活においていつも「なぜ」と疑問をもつことが大切です。

何かを見るたび「なぜ」「どうして」と考える習慣をつけると、自分の仕事でも発想が豊かになります。

ビジネスのネタを探すためには、いつも「なぜ」と疑問をもつことが大切です。

見るもの、聞くものについていつも「なぜ」と考えると社会のニーズが見えてきます。その「なぜ」を自分の仕事に活かせるのが優秀なビジネスパーソンです。

普通の人はいくら情報があふれていても、ただ漠然とそれをやり過ごすだけで何もインプットされず、何も見えてきません。

あなたはそうならないように気をつけてください。

何でも触れたものについて好奇心をもつことで、ビジネスのヒントを得ることができます。

まとめ

問題解決力を養うためのヒントを教えます。

これからのビジネスパーソンにとって仕事をする上で重要な能力は問題解決力といえます。

問題解決力を養うための第一歩は、様々なことについて貪欲に情報を集めることです。

また「鳥の目」「虫の目」「魚の目」を持つことも大切です。全体像を把握しながら細部にもこだわり、同時に世の中の流れをつかんでスピードよく行動に移しましょう。

最後に、日頃から何かを見るたびに「なぜ」「どうして」と考える習慣をつけると、自分の仕事でも発想が豊かになります。

これらを実践することで、あなたの問題解決力が向上していきます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK