社会人として礼儀とマナーの意味を知り、さらに上品さを身につける

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

若手社員は、社会人として求められる最低限の礼儀とマナーを知っておく必要があります。

若いうちはそこまで知らなくても良いのではと思っていると、礼儀とマナーが求められるシーンで思わぬ恥をかくことにもなりかねません。

さらには礼儀やマナーだけでなく、上品さまで身につけることが社会人として成功するための鍵です。

この記事では礼儀とマナーの意味を説明し、さらにその先の上品さの身につけ方まで解説します。

目次
  1. 礼儀とマナーの意味
  2. 上品で魅力的な社会人になる
  3. 上品にふるまうポイント
  4. まとめ

礼儀とマナーの意味

礼儀とは良好な人間関係を保つために、相手を尊敬していることを行動で示すものです。大きくは世の中の秩序を維持するためにも役立っています。

マナーとは行儀、作法など世間的な決まり事のことであり、いわば自分が恥をかかないようにする行動のことです。

礼儀とマナーの大きな違いは、それが誰かのための行動か自分のための行動かということです。

いずれにせよ社会人になれば礼儀とマナーを身につけなければなりません。

上品で魅力的な社会人になる

礼儀作法やマナーは大切ですが、それらをマスターしているだけではあなたに上品さは生まれません。

礼儀とマナーに加えて、時と場所、相手に合った気遣いができてこそ上品さまで兼ね備えていると言えます。

魅力的な社会人とは、上司をはじめ同僚や後輩、お客様や取引先にまで気遣いのできる上品な人です。

ちょっとした気遣いが他者に好感を与え、自分を魅力的に見せるものです。

もちろん常に気遣いをすることはむずかしいかも知れません。ですがひとつでも多く実践すれば、周囲の印象は確実に変わってくるものです。

上品さは一朝一夕で身につくものではありませんが、少しでも意識して気遣いしてみてください。あなたへの評価は大きく変わるはずです。

上品にふるまうポイント

上品にふるまうための3つのポイントを知りましょう。

あなたの行動を上品に見せるポイントは「目配り」「気配り」「心配り」です。

  1. 「目配り」とは、相手が今どういう状態なのか注意を払い、目を向けることです。
  2. 「気配り」とは、相手に気を使って、相手を思いやる言葉をかけることです。
  3. 「心配り」とは、相手が心地良くなるように思いやりの心を持って行動することです。

    相手の心情を汲み取って何をして欲しいのか理解し、それに対して自分は何をしてあげられるか考え行動することと言えます。

これら3つのポイントをいつも忘れないで行動しましょう。心から上品さを身につけることができます。

まとめ

礼儀とマナーの意味や、その先にある上品さについて説明します。

礼儀とは良好な人間関係を保つために、相手を尊敬していることを行動で示すものです。マナーとは行儀、作法など世間的な決まり事のことです。

礼儀作法やマナーは大切ですが、それらに加えて、時と場所、相手に合った気遣いができてこそ上品さまで兼ね備えていると言えます。

あなたの行動を上品に見せるポイントは「目配り」「気配り」「心配り」です。

若いときから礼儀とマナーを知り、上品さまで身につけることが社会人として成功するコツです。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK