【2021年】運送業界に応募する時の面接で役に立つ基礎知識

2020.11.11 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

運送業界に応募する人が就職や転職の面接を受けるにあたって、必ず知っておいたほうが良い基礎知識があります。

これらの知識を持っていないと、面接での受け答えに困ってしまうことがあります。

特に志望動機を答える面接では、これらの知識がないと入社への本気度が伝わりません。

ここでは、運送業界を取り巻く環境や仕事など、運送業界に応募する人が面接で役に立つ基礎知識を紹介します。

ぜひこの記事を読んで、あなたの就職や転職の面接に役立ててください。

目次
  1. 運送業界とはどのような業界なのか
  2. 運送業界を取り巻く環境と課題
  3. 運送業界の仕事
  4. まとめ

運送業界とはどのような業界なのか

  • 運送業界とは、主にトラックを利用して荷主の荷物を運送する事業のことを指し、正式には貨物自動車運送事業と言います。
  • 運送業界に属する企業は、全ての貨物を扱う日本通運などの総合物流系、一般家庭向け荷物を扱う日本郵便、ヤマト運輸や佐川急便などの宅配系、生産者から消費者をつなぐ山九や日立物流などのロジスティクス系に分けられます。

    日本通運が売上高一位、以下日本郵便、ヤマトホールディングス、SGホールディングス、日立物流が売上高上位を占めます。

  • 国内貨物輸送ではトラックがトンベースの全輸送量で91.5%(2016年度)と大多数を占めています。

    トラック運送事業者の99%は中小企業が占めています。

    トラック、鉄道、外航海運、航空、倉庫などの物流事業に占めるトラック運送事業の割合は約60%です。運送業は典型的な労働集約事業であり、運送コストのうち40%が人件費となっています。

    トラックドライバーのうち、40歳未満は約28%、50歳以上が約40%と高齢化が進んでいます。

    *全日本トラック協会 日本のトラック輸送産業 現状と課題2018参照

運送業界を取り巻く環境と課題

  • 運送業界の活況は、2013年以降、アマゾンをはじめとするネット通販が急成長し、宅配取扱い個数が増加傾向にあることが要因です。

    宅配取扱いは、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の上位3社で市場の約40%を占めています。

    今後もネット通販市場の成長に並行して宅配需要は増加が見込まれます。

  • 一方、日本の少子高齢化による国内市場の将来の縮小を見据えて、大手各社は特に成長著しいアジア市場を中心に、海外市場への進出を図っています。

    日本通運は、日本、米州、欧州、東アジア、南アジア・オセアニアの5極体制を敷いてグローバルビジネスを展開しています。

    ヤマトホールディングスは、世界200を超える国・地域へ国際宅急便を輸送しています。

    SGホールディングスも、シンガポールに海外事業統括会社を置き、中国、アセアンなどで国際貨物事業を推進しています。

  • 労働環境に目を向けると、トラックドライバーや倉庫で荷物を取り扱う作業員は、労働環境の厳しさや高齢化などにより深刻な人手不足状態にあります。

    このため大手各社は労働条件の改善や業務の効率化、省人化を進めています。

    例えば、ヤマトホールディングスの24時間受け取り、発送可能なセルフ型店舗「クロネコスタンド」の設置や、佐川急便の指定場所配送サービスによる再配達削減、日本郵便の「はこポス」サービスなどです。

    また、女性ドライバーの確保も視野に入れており、国も女性活用社会の観点からも積極的に女性ドライバーの活躍を支援しています。

    将来的には、自動運転技術によるドライバーの負担軽減、IOTの活用による物流改善が進むことが期待されます。

    いずれにせよどのようにICT技術が進化しても、モノを運ぶこと自体がなくなることはありえず、現状の課題を解決しながら運送業界は進歩していくものと思われます。

運送業界の仕事

運送業界特有の職種としては、「セールスドライバー・ドライバー」「法人営業」「物流・配送・在庫の各管理業務」「営業企画・開発」があります。

「セールスドライバー」は、担当エリアの顧客に対し宅配便集配・料金回収・営業の提案などの業務を行います。

「法人営業」は、会社などの法人を対象とした新規顧客の開拓や、既存顧客に対するサポート業務を行います。

また、顧客からの提案される要望などの聴取対応や苦情処理に関する窓口業務を行います。

「管理」は、顧客から受注した商品や貨物について、入荷から荷物保管、出荷までの業務をコントロールする業務です。

荷主側の要望に応じた配送手配・スケジュール調整・人員手配などを行います。

物流現場では、配車業務においてドライバーからの要望や苦情を受けることや、下請け会社や協力会社とのスケジュールの連絡調整を行います。

「営業企画・開発」は、最新の業界・顧客動向を踏まえて戦略を練り、関係部署と連携して新たな商品・サービスを開発する業務です。

以上の職種以外にも、情報システム、総務、経理、安全、品質管理、CSRなどのコーポレートの職種があります。

運送業界ではどのような仕事があるのか、仕事内容をしっかり理解していることが面接で志望動機を答えるときに重要です。

また、事前に十分把握していると面接で希望する仕事を訊かれたときに役に立ちます。

まとめ

運送業界に応募する人は、運送業界をとりまく環境を理解しておいて、面接での志望動機を語る際などに役立ててください。

また、面接官からの質問に答えるときにも、本記事で紹介したような知識が大切になります。

この他にも業界の知識を積極的に吸収しましょう。

加えてキャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しております。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

運送業界各社の具体的な面接対策については以下の記事を参考にしてください。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK