【転職】職場で孤立して退職したい人が知っておくべきこと

2021.08.21 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

職場で一緒に働くメンバーとどうしても良好な人間関係を築くことができずに孤立してしまい、退職を考えることがあります。

ですが、転職しても元の会社と同じように職場で孤立してしまうと、退職する意味がありません。

まずは、職場で孤立する原因を認識する必要があります。

できれば、退職を考える前に、現在勤務する職場で孤立を解消する方法を考えてみましょう。

それでも孤立が解消できなければ、退職して、転職することもありです。

本ブログは、職場で孤立して退職したい人が知っておくべきことを解説します。

目次
  1. 職場で孤立する原因
  2. 職場で孤立を解消する方法
  3. 孤立が解消できないとき、退職して、転職する
  4. まとめ

職場で孤立する原因

職場で孤立する原因は人により様々ですが、一般的に考えられることを探ってみます。

  • 人見知りである

    人見知りのために同僚とコミュ二ケーションをとるのが苦手で、孤立することがあります。

    「話しかけられても会話が続かない」、「そもそも会話をしたい気持ちもない」、「自分の意思を伝えることが苦手」というような人です。

    このような人は、「親しくなりたくない」オーラが出ていて、同僚も仕事以外では会話しにくい状況になっています。

  • 愛想が悪い  

    表情に乏しく、不機嫌そう、笑顔があまりみられないといったような愛想が悪いと、同僚が話しかけることをためらってしまい、職場で孤立してしまいます。

  • 空気を読めない

    その場の空気を読めない言動により同僚から遠ざけられることもあります。

    退社しようとする人に仕事の話をしたり、会議の終了間際に改めて議論を吹っ掛けたりするなど、相手の気持ちを考えない言動をすると、空気の読めない人と思われます。

  • 同僚に迷惑をかける

    ミスの責任を負わせる、悪口を言うというような、同僚に不快な気持ちを与えるとそのために孤立することがあります。

    本人としてはそこまでの気持ちを持っていなくても、相手はいつまでも忘れないものです。そのために職場で孤立してしまいます。

  • 何事でも反対意見を言う

    同僚の仕事内容や、会議での発表に対してとにかく反対意見を言うと、周囲が不快になってきます。

    あるいは、上司の指示を拒否すると、上司から疎まれてしまいます。

  • 自分の意見を通そうとする

    意見を主張することは悪いことではありませんが、自分の考え方が正しいと、あくまで意見を通そうとすると周囲と摩擦を起こしかねず、孤立してしまいます。

  • 見出しなみに気を使わない

    服装やヘアスタイル、メイクなどがだらしないと他のメンバーが不快に感じます。清潔感を感じさせる身だしなみにいつも気をつけていることが必要です。

  • 嫉妬される

    同僚と比べて優秀すぎる、上司から目をかけられている、美人すぎるといったように目立つ人は嫉妬されることが多く、下手をすると職場で孤立してしまいます。

    本人は悪くないのにもかかわらず、一方的に嫌われてしまうことは理不尽といえます。

  • 思い当たるフシがないこともある

    孤立の原因について、全く思い当たるフシがないこともあります。おそらく多くの人があてはまるかも知れません。いじめなど、同僚の性格や職場に問題がある場合です。

以上が、職場で孤立する原因の主なものです。

職場での居場所がなくなると会社へ行くことがストレスとなり、うつ等の精神的なダメージを受けるリスクが高まります。

選択肢の一つとして退職を考えることにもなりかねません。なんとか孤立を解消しなくてはなりません。

職場で孤立を解消する方法

それでは、職場で孤立を解消する方法について説明します。

  • 孤立の原因を知る

    自分がなぜ孤立するのかを探ってみましょう。職場の同僚に聞くわけにはいきませんから、上記を参考に、自分の行動を思い浮かべて問題と感じる行動を書きだしてみましょう。

    そのとき、自分の行動に対する、同僚の反応も思い出してください。

    これにより原因がわかるかも知れません。

  • 積極的にコミュニケーションを図る

    自分から積極的にコミュニケーションを図るようにしましょう。

    できるだけ笑顔を意識する、相槌を打つなどコミュニケーションの取り方も変えていきましょう。

    まずは自分から「おはようございます」「こんにちは」「お疲れ様です」「お先に失礼します」と基本的な挨拶を必ずやることを心がけてください。

  • 相手の気持ちを読む

    人と会話するとき、「相手がどのような気持ちでいるか」「場の雰囲気を察知して、どのような着地となるか」について自分の気持ちではなく、相手を意識して読み取る努力を重ねてください。

    相手の気持ちを読むために参考となることは、職場でコミュニケーションが得意と思われているメンバーの言動をよく観察し、まねをすることです。

    そして、あの人ならこの場でどのような行動をとるのかと想像してください。

  • 謙虚な姿勢を心がける

    職場では、意識して謙虚な姿勢を心がけましょう。

    議論するときは、相手の意見に耳を傾け、相手の意見に納得したら受け入れる広い気持ちを持って接しましょう。

    自分が誤っている、迷惑をかけていると感じたときは、素直に謝ってください。メンバーの悪口は言わないでください。どうしても言いたい時は、退社してから自宅で言ってください。

    たまには、「○○さんのおかげで仕事がはかどりました」と相手を立てることもすると効果的です。

  • 上司と相談する

    本人の行動に問題がないにもかかわらず、いじめにあって孤立してしまうときは、上司に相談しましょう。

    場合によっては、職場の異動をお願いしてもいいでしょう。孤立して体調不良になるよりも新しい職場で頑張るほうが会社にとっても得なはずです。

  • 孤立を気にしない

    最後の方法は、職場で孤立していることを気にしないで仕事に集中することです。

    精神的に強ければ、会社は仕事をするところと割り切って、人間関係にこだわらず、一生懸命仕事に取り組むこともありです。

    仕事に集中することで、誰かが自分を認めてくれて、孤立から脱却するとか、他の職場からスカウトされるかも知れません。

以上のような、職場で孤立することを解消する方法をまずは試してみましょう。やるべきことをやらずに退職を考えないでください。

孤立が解消できないとき、退職して、転職する

職場で孤立を解消するために努力したけれど、やはり難しかったときは、いっそ退職して新しい会社で働くことがベターかも知れません。

ですが、本人に原因がある場合には、退職しても転職先で再び孤立することもありえます。

反省し、次の職場で反省を活かすことが、新しい転職先で孤立しないコツです。

他人は変えられませんが、自分は変えられますので、頑張ってください。

まとめ

職場で一緒に働くメンバーとどうしても良好な人間関係を築くことができずに孤立してしまい、退職を考えることがあります。

職場で孤立する原因は人により様々ですが、一般的に考えられることは、次の8つです。

  • 人見知りである
  • 愛想が悪い
  • 空気を読めない
  • 同僚に迷惑をかける
  • 何事でも反対意見を言う
  • 自分の意見を通そうとする
  • 見出しなみに気を使わない
  • 嫉妬される

ですが、いじめなど、同僚の性格や職場に問題がある場合で、本人に思い当たるフシがないこともあります。

職場で孤立を解消する方法は、次の6つです。

  • 孤立の原因を知る
  • 積極的にコミュニケーションを図る
  • 相手の気持ちを読む
  • 謙虚な姿勢を心がける
  • 上司と相談する
  • 孤立を気にしない

職場で孤立を解消するために努力したけれど、やはり難しかったときは、いっそ退職して新しい会社で働いたほうが良いかも知れません。

ですが、本人に原因がある場合には、退職しても転職先で再び孤立することもありえますから、反省し、次の職場で反省を活かすことが孤立しないコツです。

以上、職場で孤立して退職したい人が知っておくべきことを解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK