【転職】結婚した後で転職は不利?既婚女性の転職成功法

2021.08.25 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

働く女性が結婚を意識したとき、結婚後のワークスタイルをどのようにつくり上げていくのか悩むものです。

結婚した後の子育てと仕事をどのように考えるかなど、自分らしい働き方を追求したとき、転職することも選択肢のひとつです。

しかし、結婚した後の転職は不利になるのではと、心配する女性も多いものです。

結婚した後で転職する場合、働きやすい会社を選ぶポイントはどこにあるのでしょうか?

結婚した後の転職で、会社が気にすることは何でしょうか?

転職の面接における適切な答え方とはどのようなものでしょうか?

転職の面接において不利になる受け答えがあります。

本ブログでは、結婚した後での転職が不利にならないような転職成功法を解説します。

目次
  1. 女性の活躍が期待されている
  2. 結婚した後で転職するとき、働きやすい会社を選ぶポイントは
  3. 結婚した後の女性の転職で、会社が気にすること
  4. 結婚した後の転職の面接における適正な受け答え方
  5. 結婚した後の転職の面接で不利になる受け答え
  6. まとめ

女性の活躍が期待されている

日本の少子高齢化、人口減少を受けた政府の働き方改革により、女性の活躍の場は大きく広がっています。

女性が、自分らしい働き方を追求して精一杯働くことに日本の未来がかかっている、と言っても過言ではありません。

このような環境下、企業側も既婚女性や育児中の女性が安心して働くことができるように整備を進めています。

ですから結婚した後に転職することで自分らしく活躍できれば、思い切って転職することもありです。

ですが、結婚後の転職では、転職のノウハウを知らないと不利になることもあります。

結婚した後で転職するとき、働きやすい会社を選ぶポイントは

独身時代に残業もいとわず、男性と肩を並べてバリバリ働いたけれど、結婚しても着実にキャリアを築いていくのか、あるいは家庭を大切にマイペースで働くのか考え方はそれぞれ異なります。

しかし、結婚した後でせっかく転職しても、自分の希望する働き方のできる会社を選ばなければ意味がありません。

特に、結婚後の女性は出産、育児がスムーズにできる環境が整っていることが大切です。

今では育児に参加する男性も増えているものの、やはり中心は女性です。

それでは、結婚した後で転職したときに働きやすい会社を選ぶポイントは何か探ってみます。

  • 女性の管理職や既婚率はどれくらいか

    志望する会社で働く女性のうち、どれくらい女性の管理職がいるのか、既婚者の割合はどれくらいなのか調べると参考になります。

    女性の管理職や既婚者が多いということは、仕事と家事・育児が両立できているということであり、女性が働きやすい人事制度が確立しており、残業や休日出勤が少ないということです。

  • 産前産後休暇や、育児休暇の取得がされているか

    産前産後休暇や、育児休暇の取得実態を調べると、育児をしやすい環境が整っているかがわかります。

  • 子供が小さい時に、時短勤務のできる環境があるか

    育児・介護休業法23条により、3歳に満たない子を養育する労働者は、希望すれば、1日の所定労働時間を原則6時間に短縮できます。

    また、同法24条第3項により、3歳以降の時期についても育児と仕事の両立を支援する制度の設置を事業主の努力義務としています。

    そのため事業主は、3才以降~小学校就学前までの子供を養育する従業員に対し、短時間勤務、始業時刻変更などができるように努めなければなりません。

    ただし、3才以降の時短勤務は努力義務であり、全ての会社が導入しているわけではありません。

    育児休暇明けから働くときに、保育園への送り迎えなどのため時短勤務の制度があれば便利です。

  • 有給休暇が取得しやすいか

    子供が体調不良になったとき、急に有給休暇を取らなければいけないことがあります。そのような場合に有給休暇が取得しやすい環境があると便利です。

  • 残業時間は適正か、休日出勤はないか

    職場の残業時間が多く、休日出勤が頻繁にあると家族との時間が取りにくくなります。

    子供が小さいときは大きな負担ともなります。

女性の活躍を推進している会社では、女性管理職比率や育児休暇取得率、有給休暇取得率、残業時間数などを公表していますので、ホームページをチェックすると参考になります。

以上のように労働環境をよく調べることで、結婚した後の転職を不利にならないようにすることができます。

結婚した後の女性の転職で、会社が気にすること

それでは、結婚した後の女性の転職で、会社が気にすることは何でしょうか。

  • 入社後、仕事で成果を出す前に 産休・育休を取得するかも知れない

    採用しても、入社後短期間で妊娠して、産休・育休を取得するかも知れないと気になります。

    ひょっとして子供ができたら退職してしまうのではと、考える採用担当者もいます。

    中途採用の場合は欠員補充が中心ですから、採用しても産休・育休や退職により再び人員が欠けることは避けたいと考えます。

  • 配偶者の転勤により退職するかも知れない

    結婚している女性は、配偶者が住居の移動を伴う転勤をしたら退職するかも知れないと、思われてしまいます。

  • 残業や休日出勤ができないかも知れない

    残業や休日出勤が多い企業では、家事や育児のために拒否されるかも知れないと、気になります。

  • 育児と仕事の両立が困難かも知れない

    育児休暇明けの勤務について、育児と仕事の両立をどのように図っていくのか考え方を知りたいと考えています。

    現実の場面では、育児と仕事を両立させることはさまざまな困難が予想されます。その困難をどのように乗り切っていくのかです。

    これらについては、会社は結婚を控えている女性に対しても同様に気になるところです。独身だから気にしないと思っていると間違えてしまいます。

以上のことが面接などで感じられると転職が不利になるでしょう。

結婚した後の転職の面接における適正な受け答え方

結婚した後の、転職の面接における適切な答え方の基本は次の通りです。

これらのような考え方を伝えることで、会社は安心して採用することができ、結婚した後の転職を不利にならないようにすることができます。

  • 出産は、仕事が十分に慣れて成果を出してから考えたいと伝える

    会社が懸念することは、入社間もない時期に産休・育休を取得することです。上述するように中途採用は欠員補充ですから、本人の産休や育休で再び欠員が生じることは避けたいわけです。

    仕事に前向きに取り組む決意を示すことで面接官は安心します。

  • 出産や育児を経験しても長く勤務する意思を伝える

    会社は長く働いて、貢献してくれる女性を求めており、面接では、「長く働きたい」という意思や、仕事に対する前向きな姿勢をしっかりと示すようにしてください。

    このとき、例えば、近くに実家の母がいて協力してもらえるとかなど、家事や育児での家族のサポートができていることを具体的に説明すると、面接官に安心してもらえます。

結婚した後の転職の面接で不利になる受け答え

結婚した後の転職の面接で、不利になる受け答えがあります。

  • 出産や配偶者の転勤があれば退職すると伝えると、転職では不利になります。

    出産や配偶者の転勤により退職が予定されていると、長く働くことができません。なので、会社は採用をためらうことになり、転職に不利になります。

  • 残業や休日出勤ができないことを伝えると、転職では不利になります。

    結婚している女性は、家事や育児のために長時間残業や休日出勤が難しいことは会社も理解しています。

    しかし、結婚した後の転職面接で、残業や休日出勤ができないと伝えると、仕事の成果を出しにくいと考えられ、転職に不利になります。

以上について、転職のための条件ならば、後々トラブルにならないように伝えたほうが良いですが、不利になることは避けられません。

まとめ

働く女性について、結婚した後での転職が不利にならないような転職成功法を考えてみます。

少子高齢化、人口減少を受けた政府の働き方改革により、女性の活躍の場は大きく広がっていて、結婚後に転職することで自分らしく活躍できれば、思い切って転職することもありえます。

女性の出産・育児をどのように乗り越えていくのか、自分なりのプランを立てて働くことができれば、結婚した後の転職を有利に進めていくことができます。

仕事を優先するのか、プライベート優先なのか、はたまた両方を実現したいといったような、どのような働き方を選ぶのかが転職の選択基準となります。

結婚した後で転職したときに働きやすい会社を選ぶポイントは以下の通りです。

  • 女性の管理職や既婚率はどれくらいか
  • 産前産後休暇や、育児休暇の取得がされているか
  • 子供が小さい時に、時短勤務のできる環境があるか
  • 有給休暇が取得しやすいか
  • 残業時間は適正か、休日出勤はないか

結婚した後の女性の転職で、会社が気にすることは以下の通りです。

  • 入社後、仕事で成果を出す前に 産休・育休を取得するかも知れない
  • 配偶者の転勤により退職するかも知れない
  • 残業や休日出勤ができないかも知れない
  • 育児と仕事の両立が困難かも知れない

結婚した後の転職の面接における適切な答え方の基本は次の通りです。

  • 出産は、仕事が十分に慣れて成果を出してから考えたいと伝える
  • 出産や育児を経験しても長く勤務する意思を伝える

結婚した後の転職の面接で、不利になる受け答えがあります。

以上、結婚した後の転職が不利にならないような転職成功法を解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK