【就活】インターンは私服OK?髪型は?悩む学生に教えます

2021.07.10 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

インターンに参加するけれど、面接ではないから服装は私服で大丈夫なのか、髪型は普段通りでいいのか悩むものです。

インターンでは、私服でかまわないのでしょうか?

私服を着用のときのマナーも知りたいものです。

さらに、髪型で気をつけたいことはあるでしょうか?

本ブログは、インターンに参加するときの服装や髪型について悩む学生に、わかりやすく解説します。

目次
  1. インターンの服装や髪型に気を使うわけ
  2. インターンの服装は私服とスーツのどちらを選ぶ
  3. 先輩はインターンにどのような服装で参加したか
  4. インターンで私服着用のときのマナー
  5. インターンの男女別の私服はどのようなものか
  6. インターンに参加するときの髪型で気をつけたいこと
  7. インターンに参加の男子学生・女子学生の髪型で気をつけたいこと
  8. まとめ

インターンの服装や髪型に気を使うわけ

インターンの服装や髪型に気を使う理由は、「人に良い印象を与えるため」です。

人は初対面のとき、見た目の印象で無意識の評価をつけてしまいます。

例えば髪の毛がボサボサであるとか、服装が乱れているとか、その場の雰囲気にそぐわなかったら、企業からの印象は良くありません。

ですから、第一印象の段階で、少なくとも他の学生よりもマイナス評価にならないように服装や髪型に気を使うべきでしょう。

インターンの服装は私服とスーツのどちらを選ぶ

インターンの服装について、私服とスーツのどちらを選ぶかは、企業からのインターンの案内に従います。

  • 特に服装について書いてない場合

    インターンの服装について特に書いてない場合はスーツを着用してください。おそらくその企業の社員はスーツ姿で勤務しています。

    ビジネスシーンではスーツを着ることが一般的です。

  • 服装自由・私服可と書いてある場合

    服装自由・私服可と案内に書いてあれば、スーツでも私服でもかまわないと考えるかも知れませんが、インターン初日はスーツが無難です。

    インターン初日の参加者の服装が私服多数であったり、担当者から、2日目以降は私服でOKと伝えられたりしたら私服を着用しましょう。

  • 私服と書いてある場合

    私服と案内に書いてあればスーツではなく、私服を着用しましょう。企業としてはくつろいだ雰囲気の中でインターンに参加してもらいたいとの意図があるかも知れません。

    あるいは、どのような私服を選ぶかで、TPOをわきまえているか、をみているかも知れません。

    社員が私服で働いている企業もあります。外資系とか、IT、広告、アパレル、ベンチャー企業などはスーツよりもカジュアルな格好を好む傾向があります。

以上が、私服とスーツのどちらを選ぶかの基準ですが、企業のホームページ上で社員がどのような服装で働いているかをチェックすれば、雰囲気をつかむことができます。

ですが、オフィスで社員が派手なスーツや私服を着ていたとしても、それをマネして良いわけではありません。インターン生としてマナーを守った服装が求められます。

先輩はインターンにどのような服装で参加したか

リクルートの調査によると、インターンに参加したしたときの服装は、スーツ69.7%、ビジネスカジュアル15.8%、普段着に近いビジネスカジュアルよりラフな格好10.4%、その他2.3%などでした。

スーツが圧倒的に多いようです。

インターンで私服着用のときのマナー

それではインターン参加のときの私服は、どのような私服でしょうか?

企業で働く社員の私服は、ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの2タイプがあります。

ビジネスカジュアルは「企業の訪問にも適したカジュアルな服装」です。

一方、オフィスカジュアルとは、「社内で来客があっても適する服装」であり、「仕事をする上で最低限の礼儀を保った職場での服装」と言えます。

私服はビジネスカジュアルまたは、オフィスカジュアルが適当と考えられます。

インターンの男女別の私服はどのようなものか

それでは、インターンにふさわしい私服とはどのような服装なのかみてみましょう。

  1. インターンに参加の男子学生の私服

    男子学生は、ジャケットとパンツ、襟付きシャツを基本とします。

    • ジャケットは、黒、ネイビー、グレーのような落ち着いた色
    • パンツは、黒、グレー、ベージュのチノパンやスラックス
    • シャツは、襟付きの白や薄いブルーの無地
    • 靴は、革製品とし、スニーカーはNG
    • カバンはA4サイズの書類が入るシンプルなデザイン
  2. インターンに参加の女子学生の私服

    女子学生は、ジャケットとスカート又はパンツ、トップスが基本です。

    • ジャケットは、黒、ネイビー、グレーのような落ち着いた色
    • ボトムは、黒、ブラウンで、スカートでもパンツでもOK。スカートは立っているときひざが隠れる程度の長さ
    • トップスは白、パステルカラー。シャツでも襟付きのブラウス、カットソーどれでもOK
    • ストッキングの色は、肌の色に近いベージュ
    • 靴はパンプスとし、サンダルやミュールはNG
    • カバンはA4サイズの書類が入るシンプルなデザイン
  3. サマーインターンの注意点

    サマーインターについて、外は暑いのでジャケットを手に持ち、インターン会場に入るときにジャケットを着用してください。

    半袖のシャツやトップスはカジュアルな印象を与えますので控えてください。

以上、インターンにふさわしい私服について記しましたが、どのような私服でも清潔感のある服装が好まれることは大前提です。

インターンに参加するときの髪型で気をつけたいこと

続いて、インターンに参加するときの髪型についてみてみましょう。

インターンシップに参加するとき、服装と同様に髪型にも気をつけなくてはいけません。

髪型についても業界や企業の特徴があり、それにふさわしい髪型で参加することが大事です。

会社のホームページ上で社員がどのような髪型で働いているかをチェックすれば、ふさわしい髪型を知ることができます。

ですが、どのような企業でも共通する髪型で気をつけたいことがあり、以下に、インターンの髪型について説明します。

  • 清潔感のある髪型が大切

    インターンに参加するときの髪型は清潔感のある髪型が大切です。インターンのみならずその後の就活でも、身だしなみを整えて清潔感を出すことは非常に大事です。

    髪の毛が整えていなくて、ボサボサ、寝癖がついている、フケが付いているなど不潔な印象を与えると、周りの人に不快感を与えます。

    インターンの後にその企業に応募するケースも多いと思います。

    インターンシップ担当者がその後の採用担当者となることもありますので、良くないイメージで覚えられていると、マイナスになってしまいます。

  • 髪の色は黒髪とする

    髪の色は黒髪をお勧めします。これは就職活動に入って会社説明会や面接でも同様ですが、黒い髪が基本です。

    地毛が黒髪というより茶色に近い黒髪の人は、特別黒色に染める必要はありませんが、髪の毛を染めた色でインターンに参加しないということです。

    もちろん社員の中には髪を染めている人も見かけるかも知れませんが、インターンや就活では黒髪が無難です。

    黒髪が向いているわけは、リクルートスーツには黒髪が合うことと、面接官を担当するような上の世代には、未だ髪を染めることに拒否反応を持つ人がいるということです。

    もちろん、最近、髪を染めることはおしゃれのひとつとの認識もありますが、それでも上の世代の社員がどのような反応を示すかわからないときに、あえて髪を染めてリスクを犯すことはないと考えます。

インターンに参加の男子学生・女子学生の髪型で気をつけたいこと

それでは、男子学生・女子学生それぞれの髪型で気をつけたいことについて、説明します。

  1. インターンに参加の男子学生の髪型

    髪は短く長髪としないことが基本です。見た目を清潔感のある、さっぱりとした印象とするためには、髪は短くしてください。

    前髪は眉毛にかからず、額を見せるようにすると明るい印象を受けます。前髪が額に覆いかぶさるような髪型は、頼りない印象となります。

    サイドの髪の毛も短く、耳にかからないようにして、襟足もシャツの襟にかからないようにしてください。

  2. インターンに参加の女子学生の髪型

    見た目を清楚な、清潔感のある印象を与える髪型が理想です。

    前髪はアップして額を見せるようにするか、サイドに向かって流すようにするといいでしょう。

    前髪を眉毛の上で切りそろえると頼りない印象を与えてしまいます。また前髪が目にかかるような額の見えない顔は暗い印象を与えますので避けてください。

    髪型にかかわらず、髪が耳にかからないようにしてスッキリとした印象を与えるようにするといいです。

    • ロングヘアは、ポニーテールとして、耳の後ろくらいの高さとして黒や茶のゴムでまとめてください。

      前髪はサイドに流してピンで留めるといいです。あるいはオールバックにしてポニーテールにまとめて、額を出すことでより元気さを見せることができます。

      落ち着いた雰囲気を出したいならばシニヨンヘアでまとめてください。

      ブライダルやホテル、航空業界に応募する女性に多く見られます。前髪はサイドに流すと、より大人の雰囲気を見せることができます。

    • ミディアムヘアの場合は、ハーフアップなどでサイドをまとめます。ショートヘアの場合は、きちんとまとまっている印象を与えることが大切です。

      ミディアムヘアもショートヘアも、前髪が長すぎると暗い印象となりますからサイドに流してピンで留めてください。

まとめ

インターンに参加するとき、服装は私服で大丈夫か、髪型は普段通りでいいのか悩むものです。

インターンの服装や髪型に気を使う理由は、「人に良い印象を与えるため」です。

インターンの服装について私服とスーツのどちらを選ぶかは、企業からのインターンの案内に従います。

  • インターンの服装について特に書いてない場合はスーツを着用してください。
  • 服装自由・私服可と案内に書いてあれば、インターン初日はスーツが無難です。
  • 私服と案内に書いてあればスーツではなく、私服を着用しましょう。

インターンで私服着用のときは、ビジネスカジュアルまたは、オフィスカジュアルが適当です。

  • 男子学生は、ジャケットとパンツ、襟付きシャツを基本とします。
  • 女子学生は、ジャケットとスカート又はパンツ、トップスが基本です。
  • サマーインターについて、半袖のシャツやトップスはカジュアルな印象を与えますので控えてください。
  • どのような私服でも清潔感のある服装が好まれることは大前提です。

インターンに参加するときの髪型で気をつけたいことは、清潔感のある髪型であることと、髪の色は黒髪とすることです。

男子学生・女子学生それぞれの髪型で気をつけたいことは次の通りです。

  • 男子学生は、短く長髪としないことが基本です。見た目を清潔感のある、さっぱりとした印象とするためには、髪は短くしてください。

    サイドの髪の毛も短く耳にかからないようにして、襟足もシャツの襟にかからないようにしてください。

  • 女子学生は、見た目を清楚な、清潔感のある印象を与える髪型が理想です。

    前髪はアップして額を見せるようにするか、サイドに向かって流すようにするといいでしょう。髪型にかかわらず、髪が耳にかからないようにします。

    ロングヘアは、ポニーテールとして、耳の後ろくらいの高さとして黒や茶のゴムでまとめてください。落ち着いた雰囲気を出したいならばシニヨンヘアでまとめてください。

    ミディアムヘアの場合は、ハーフアップなどでサイドをまとめます。ショートヘアの場合は、きちんとまとまっている印象を与えることが大切です。

以上、インターンに参加するときの服装や髪型について解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK