【就活・転職】履歴書を送付するとき、封筒の色は白?茶色?

2022.08.27 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

企業に履歴書などの応募書類を送付するとき、封筒の色は白色か茶色か迷うことがあります。

履歴書を送付するとき、封筒の色は白色または茶色のどちらが良いでしょうか?

封筒の色だけでなく適切なサイズや、送付するときの注意点も知っておきたいものです。

本ブログは、履歴書を送付するとき、封筒の色は白色か茶色のどちらを使用したら良いかなどを解説します。

就活や転職活動では、自己分析や企業研究した結果を基に応募書類を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げることを強く意識して臨んでください。

本サイトを読みこなすことで、就活や転職活動の選考・面接対策に自信が持てるようになります。

目次
  1. 履歴書を送付するときの封筒の色は何色が良いか
  2. 履歴書を送付する場合、封筒の色が白色の良いところ
  3. 履歴書の送付で、封筒の色を茶色に選択したとき考慮すること
  4. 履歴書の送付では、封筒の色だけでなくサイズも考慮する
  5. 履歴書を送付するときの注意点
  6. まとめ

履歴書を送付するときの封筒の色は何色が良いか

履歴書を送付のときの封筒の色は白が一般的です。ですが、茶色だからと言って書類選考にマイナスになることはありません。

あたりまえですが、面接において面接官は何色の封筒に履歴書が入っていたのか知る由もありませんので、面接での評価に影響を与えることは全くありません。

しかし、履歴書を郵送するときの封筒の色について応募者が迷うのであれば、白色を勧めます。

なぜなら多くの応募者は白色の封筒で履歴書を郵送しています。茶色の封筒で書類選考の結果不合格となったときに、不合格の理由はもしかして封筒の色かも知れないと悩まないためです。  

他の多くのライバルと同じ白色ならば無難です。

履歴書を送付する場合、封筒の色が白色の良いところ

それでは履歴書を送付する場合、封筒が白色の良い点を探ってみます。

  • 白い色の封筒は文字が見やすい

    封筒に書かれている住所や宛名が見やすく、また、「応募書類在中」と赤字で書いてある文字が目立つために一目で応募書類ということがわかる

    郵便物を振り分ける庶務担当者が、毎日数多くの郵便物を仕分けるうえで郵便物の内容が直ぐにわかることはメリットです。

  • 正式な文書の送付に適している

    白い色の封筒は、企業で取引先に文書を郵送する場合や、正式な文書を郵送するときに使用されます。

    履歴書などの応募書類も正式な文書といえますから、応募者としてきちんとした対応をしているということができます。

  • 茶色より白い色の封筒は上品でより丁寧な印象を受ける

    封筒を受け取った場合、茶色と比較して白い色の封筒は、上品でより丁寧な感じを受けます。このため、私信では白い色の封筒を使用します。

履歴書の送付で、封筒の色を茶色に選択したとき考慮すること

履歴書を送付する場合、封筒を茶色にした場合、考慮することは何でしょうか?

  • 茶色の封筒は白色と比較して文字が見にくい

    茶色の封筒は白い色のそれと比較して文字が見にくいといえます。

    特に、封筒の表面に記入する「応募書類在中」と赤字で書く文字の背景が茶色のために見にくく、会社内で郵便物を振り分けるさいに応募書類とわかりにくいことがあります。

  • 茶色の封筒はビジネス文書の送付に適している

    茶色の封筒は社内の資料や取引先への請求書、納品書などのビジネス文書のやり取りに使用されていて、重要な書類や機密性の高い文書には向いていません。

    また、企業では毎日多数の郵便物が送付されていて、その多くは茶色の封筒のため、履歴書の入っている封筒が他の封筒に紛れてしまい、採用担当者に届くまでに時間がかかってしまう恐れがあります。

    さらに忙しいときには、届いたとしても茶色の封筒のために、余裕があるときまで放っておかれる心配もあります。

  • 茶色の封筒は少し安っぽい印象さえ受ける

    そもそも茶色の封筒はビジネス文書の郵送用として使われており、白い色の封筒と比較して安価なイメージがあります。

以上、履歴書を送付する場合、封筒の色を白色または茶色にしたときの比較をしましたが、それらは決定的な意味を持つものではありません。

履歴書の送付では、封筒の色だけでなくサイズも考慮する

履歴書の送付については、封筒の色だけでなくサイズも考慮する必要があります。

封筒のサイズは角形2号が適しています。履歴書やエントリーシート、職務経歴書などはA4サイズとなっています。(履歴書はA3二つ折り)折り目をつけずに封入するためには角形2号を選べばそのまま封入することができます。

市販の履歴書に付いている長形封筒を利用すると、履歴書を三つ折りにしなければならず、読む人にとっては折り目がついているものは読みづらく感じますので、使用を避けてください。

履歴書を送付するときの注意点

履歴書を送付するときは、封筒の色やサイズ以外にも以下のような注意することがあります。

■履歴書などの応募書類はクリアファイルに挟んで封筒に入れる

履歴書などの応募書類は、水に染みることや汚れ防止、折れ曲がらないようにクリアファイルに挟んで封筒に入れて送付しましょう。

■封筒の表書きのルールを守る

  • 社名は、株式会社を(株)と省略せずに「株式会社」と正式に書く
  • 部署名と担当者名は企業ホームページの採用情報を参考とする
  • 縦書きでは封筒の左下に、横書きでは封筒の右下に赤字で「応募書類在中」と書き、赤枠で囲む

■封筒の裏書きのルールを守る

  • 封筒の左下に本人の郵便番号、住所、氏名を書く
  • テープではなく糊付けし、封じ目に「〆」マークを書く

■郵便局で切手の料金を確かめての郵送が無難

  • 切手代は一般的に140円(2022年8月現在)

    角形2号は定型外郵便物に該当し、クリアファイル、送付状(添え状)、履歴書、エントリーシート(就活)、職務経歴書(転職活動)を合わせると80グラムほどになり、定形外郵便物の料金表から100グラム以内の必要な切手代は140円になります。

    ですが、140円と決めつけずに郵便局で重量を図って料金を確認したほうが無難です。

  • 切手の選択は普通切手とする

    切手は普通切手や記念切手、慶事用、弔事用などありますが、普通切手が無難です。

    記念切手では派手なものやキャラクターの絵柄は履歴書の応募には合いません。

  • 郵送料金がはっきりしないなら郵便局で郵送する

    封筒の重さがはっきりしない場合は郵便局に持参し、重量を図って窓口で料金を確認したほうが無難です。

    切手代が足りないと封筒が自宅に戻ったり、企業で不足分を支払ったりすることとなります。

まとめ

企業に履歴書を送付するとき、封筒の色は白か茶のどちらを使用したら良いのでしょうか?

履歴書を送付のときの封筒の色は白が一般的です。ですが、茶色だからと言って書類選考にマイナスになることはありません。

履歴書を送付する場合、封筒が白色の良い点は次の通りです。

  • 白い色の封筒は文字が見やすい
  • 正式な文書の送付に適している
  • 茶色より白い色の封筒は、上品でより丁寧な印象を受ける

履歴書を送付する場合、封筒の色を茶色にした場合、考慮すること次の内容です。

  • 茶色の封筒は白色と比較して文字が見にくい
  • 茶色の封筒はビジネス文書の送付に適している
  • 茶色の封筒は少し安っぽい印象を受ける

履歴書の送付に関しては、封筒のサイズは角形2号が適しています。

履歴書を送付するときは、封筒の色やサイズ以外にも以下のような注意することがあります。

  • 履歴書などの応募書類はクリアファイルに挟んで封筒に入れる
  • 封筒の表書き、裏書きのルールを守る
  • 郵便局で切手の料金を確かめての郵送が無難

以上、履歴書を送付するとき、封筒の色は白色か茶色のどちらを使用したら良いかを解説しました。

封筒の色よりも大事なことは、履歴書などの応募書類の内容です。封筒の色で合否が決まることはありませんが、内容をしっかりと詰めて面接に臨む準備を怠らないようにしましょう。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

面接対策を進めるうえで役に立つノウハウ満載のマニュアルです。なるほど、このようにすればいいのかと、ライバルからグンと抜け出すこと請け合いです。ぜひ、以下のページで詳細をご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK