【就活・転職】履歴書の学歴、「私立」の書き方はここに注意

2022.07.02 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

履歴書の学歴では、私立の学校を卒業した場合、どのように書いたら良いか悩む人も多いものです。

そもそも履歴書にはどの学歴から記入すれば良いかわかりません。

私立の学校を卒業した場合の履歴書の学歴の書き方や、学歴を記入するときの注意点を知りたいものです。

本ブログでは、履歴書の学歴欄における「私立」学校の正しい書き方を解説します。

就活や転職活動では、自己分析や企業研究した結果を基に応募書類を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げることを強く意識して臨んでください。

本サイトを読みこなすことで、就活や転職活動の選考・面接対策に自信が持てるようになります。

目次
  1. 履歴書にはどの学歴から記入すれば良いか
  2. 履歴書の学歴に私立の学校を卒業した場合の書き方の基本
  3. 履歴書の学歴に私立の中高一貫校を卒業した場合の書き方
  4. 履歴書の学歴に私立の専門学校、短期大学を卒業の書き方
  5. 履歴書の学歴に私立の大学を卒業した場合の書き方
  6. 履歴書に学歴を書くときの注意点
  7. まとめ

履歴書にはどの学歴から記入すれば良いか

履歴書の学歴欄にはどの学歴から記入すれば良いでしょうか。

  • 履歴書に載せる学歴について、どこから書くかという明確な決まりはありません。

    ですが、履歴書の学歴は、中学校卒業から記載することが丁寧とされています。

    一方、学歴が多い場合や、転職回数が多い場合は、学歴の記入欄のサイズの関係で高校入学からでもかまいません。

  • 高校、専門学校、短期大学、大学、大学院は義務教育ではないため履歴書の学歴欄に載せる必要があります。
  • 学校の名前は正式な名称とします。○○市立○○中学校、○○県立(東京都立)○○高等学校、私立○○高等学校と記入してください。

    専門学校、短期大学、大学、大学院は学部、学科、専攻(コース)まで省略せずに記載します。

履歴書の学歴に私立の学校を卒業した場合の書き方の基本

私立の中学や高校を卒業した場合、履歴書の学歴欄に学校名を記入するときは、学校名の前に「私立」を付けます。

私立の学校は、正式名称として「学校法人○○学園」と付くことが多いですが、それらは運営主体の名称であり、省略して、履歴書の学歴に私立○○高等学校と記入しても問題ありません。

もちろん「学校法人○○学園」と学校名の前に書いてもかまいませんが、その場合は、「私立」は省きます。

例:私立○○高等学校 又は、学校法人○○学園 ○○高等学校

私立中学、私立高校を入学、卒業した場合の例は次の通りです。

20✕✕年 3月 私立○○中学校 卒業
20✕✕年 4月 私立○○高等学校 入学
20✕✕年 3月 私立○○高等学校 卒業
20✕✕年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
20✕✕年 3月 ○○大学○○学部○○学科 卒業

専門学校、短期大学以上の学歴について、私立であっても「私立」の表記は必要ありません。

なお、国立、県立の場合も「国立」「県立」の表記は必要ありません。

履歴書の学歴に私立の中高一貫校を卒業した場合の書き方

履歴書の学歴に私立の中高一貫校を卒業した場合の書き方は次の通りです。

  • 私立の中等教育学校の学校名を記入するとき、学歴は、中学校にあたる前期課程と、高校にあたる後期課程に分けて書きます。

    20✕✕年 3月 私立〇〇中等教育学校 前期課程卒業
    20✕✕年 4月 私立〇〇中等教育学校 後期課程入学
    20✕✕年 3月 私立〇〇中等教育学校 後期課程卒業

  • 私立の中高一貫校で中学から付属高校にエスカレーター式に内部進学できる学校の学歴は、学校の正式名称に合わせて書きます。

    20✕✕年 3月 私立〇〇学園中等部卒業
    20✕✕年 4月 私立〇〇学園高等部入学
    20✕✕年 3月 私立〇〇学園高等部卒業

履歴書の学歴に私立の専門学校、短期大学を卒業の書き方

履歴書の学歴に私立の専門学校、短期大学を卒業した場合の書き方は、以下のような表現となります。

  • 専門学校を卒業したとき、履歴書の学歴は、学校名、専攻を記入します。専門学校は「私立」と書かずに、「学校法人」を学校名の前につけるか、省いてもかまいません。

    20✕✕年 4月 (学校法人) ○○専門学校○○昼間部○○科 入学
    20✕✕年 3月 (学校法人) ○○専門学校○○昼間部○○科 卒業

  • 短期大学を卒業したときは、「私立」と書かずに、学校名、学部、学科を記載します。

    20✕✕年 4月 ○○大学短期大学部○○学科 入学
    20✕✕年 3月 ○○大学短期大学部○○学科 卒業

履歴書の学歴に私立の大学を卒業した場合の書き方

履歴書の学歴に私立の大学を卒業した場合は、「私立」と書かずに、学校名、学部、学科を記載します。

20✕✕年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
20✕✕年 3月 ○○大学○○学部○○学科 卒業

履歴書に学歴を書くときの注意点

その他、履歴書に学歴を記入するときの注意点は次の通りです。

  • 高校で普通科以外のコースを卒業したときは、そのコースも履歴書の学歴に記入します。(普通科は記入しなくても可)

    20✕✕年 4月 私立○○高等学校音楽科入学
    20✕✕年 3月 私立○○高等学校音楽家卒業

  • 定時制高校や通信制高校を卒業したときは、「定時制」「通信制」または「定時制課程」「通信制課程」と記入します。

    20✕✕年 4月 私立○○高等学校定時制課程入学
    20✕✕年 3月 私立○○高等学校定時制課程卒業

  • 学校名が統廃合などで変更したときは、在籍していたときの旧学校名を書き、カッコ書きで現在の学校名を記入します。

    20✕✕年 4月 私立○○高等学校(現△△高等学校)入学
    20✕✕年 3月 私立○○高等学校(現△△高等学校)卒業

まとめ

就活や転職の活動では履歴書を提出しますが、私立の学校を卒業した場合、学歴欄にはどのように記載すれば良いでしょうか。

履歴書に載せる学歴について、小・中学校は義務教育のため絶対に載せなければならないということはありませんが、中学校卒業から記載することが丁寧とされています。

高校、専門学校、短期大学、大学、大学院は義務教育ではないため履歴書の学歴欄に載せる必要があります。

学校の名前は正式な名称を記入します。

私立の中学や高校を卒業した場合、履歴書の学歴欄に学校名を記入するときは、学校名の前に「私立」を付けます。

大学以上の学歴について、私立大学であっても「私立」の表記は必要ありません。なお、国立、県立の大学の場合も「国立」「県立」は必要ありません。

私立の中等教育学校は、中学校にあたる前期課程と、高校にあたる後期課程に分けて記載します。

一方、中高一貫校で中学から付属高校にエスカレーター式に内部進学できる私立学校を卒業した場合は、学校の正式名称に合わせて記載します。

専門学校を卒業したときは、学校名、専攻を記載します。専門学校は「私立」と書かずに、「学校法人」を学校名の前につけるか、省いてもかまいません。

短期大学、大学を卒業したときは、学校名、学部、学科を記載します。

その他、履歴書に学歴を記入するときの注意点は次の通りです。

  • 高校で普通科以外のコースを卒業したときは、そのコースも履歴書の学歴に記入する(普通科は記入しなくても可)
  • 定時制高校や通信制高校を卒業したときは、「定時制」「通信制」または「定時制課程」「通信制課程」と記入する
  • 学校名が統廃合などで変更したときは、在籍していたときの旧学校名を書き、カッコ書きで現在の学校名を記入する

以上、履歴書の学歴欄における「私立」学校の正しい書き方を解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

面接対策を進めるうえで役に立つノウハウ満載のマニュアルです。なるほど、このようにすればいいのかと、ライバルからグンと抜け出すこと請け合いです。ぜひ、以下のページで詳細をご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK