【転職】転職の面接を平日の時間に指定されて困ったときの対策

2020.07.21 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

転職の面接は平日に行われることが一般的です。

しかし、転職希望者が在職中の場合は、仕事の都合上でどうしても指定された平日の日時に面接を受けることが困難なことがあります。

このような場合、日程を守って面接を受けるためにはどのような方法があるのでしょうか?

どうしても指定日に面接を受けることが難しい場合、他の平日とか、土日に面接を変更することは可能でしょうか?

本ブログでは、企業に在職中の転職希望者が平日の面接を変更したい場合の対策を、面接官である筆者が解説します。

目次
  1. 転職の面接を平日に指定する理由
  2. 転職の面接で指定された日時を守りたいときどうするか
  3. 転職の面接で指定された日程を変更したいときはどうするか
  4. 転職の面接日程を企業と調整する
  5. 転職の面接を土日で設定する企業もある
  6. 何回も面接の日程変更を依頼することはNG
  7. まとめ

転職の面接を平日に指定する理由

転職の面接を企業が平日に指定するのはなぜでしょうか?

当たり前のことですが、採用担当者や面接官もその企業のカレンダーに従って働いています。

土日出勤のサービス業や飲食業などを除いて、一般的に企業は平日に稼働して土日に休みますので、転職の面接は平日に行われます。

しかも、平日の就業時間内である8:00~17:00または、9:00~18:00の間で面接を設定することが通常です。(企業によってはこの就業時間帯が少しずれることはあります。)

転職の面接で指定された日時を守りたいときどうするか

企業が指定した日時は、採用担当者や面接官が都合の良い時間と考えねばなりません。

なので、基本は指定された平日の時間に面接を受けることを第一に考えるべきです。

そこで転職の希望者が検討することは、次のようなことです。

  • 有給休暇を半日取得して、面接日程に対応する。  

    1日有休を取得することが難しい場合に午前または午後の半日有休を取得する方法があります。

    半日有休ならば、1日よりも有給休暇が取りやすいかもしれません。

    応募先が在籍する企業と距離的に近ければ、この方法は有効です。

  • 思い切って、1日有休を取得する  

    仕事の都合を無視し、上司に頼み込んでなんとか1日休むようにします。

    このとき可能ならば、関係者に仕事を割り振って、なるべく仕事に穴があかないようにすることが必要でしょう。

    ただしこの方法は、何度も行うと同僚など関係者に不信感を与えることになりかねません。

    第一志望の面接に限って行うやり方です。

転職の面接で指定された日程を変更したいときはどうするか

有給休暇が取得できないときは、面接の日時を変更してもらうことで対応するしか方法がありません。

転職の場合の面接日程の変更は、就活の場合と比べて応募者が少ないだけにしやすいですが、採用関係者に負担がかかることを知っておいてください。

採用担当者に申し訳ない気持ちと日程変更をしたい理由、希望する日時を合わせて伝え、変更をお願いしてください。

転職の面接日程を企業と調整する

転職の面接の日程を変更する場合には、応募先と調整する必要があります。いつ面接をお願いするのか、自分からも代案を申し出る必要があります。

  • 平日の就業後に面接を依頼する  

    17:00(18:00)の業務終了後に応募先に出向いて面接ができるようにお願いします。

    就業後の早い時間帯ならば、受けつけてもらえる可能性があります。

  • 土日の休日に面接を依頼する  

    応募先が土日休日ならば、自分の面接のために採用担当者や面接官の休日出勤をお願いするわけですから、面接を土日に変更してもらえる可能性は低いと考えてください。

    しかし、どうしても土日に面接を変更してもらいたいならば、申し出てください。

    土日の面接は、応募者のキャリアが企業にとってぜひとも会ってみたいと思うほど魅力的な場合には、対応してくれることがあります。

以上の平日の就業後とか土日の面接は一次面接などに限り、役員クラスが面接官でない場合となります。

転職の面接を土日で設定する企業もある

中途採用を積極的に進めている企業のなかには、在籍中で転職を考えている人のためにあえて土日に面接をセットする企業もあります。

土日ならば、転職を希望する人が面接を受けやすいからです。

転職があたりまえの世の中になれば、このような企業が増えてくることが考えられます。

何回も面接の日程変更を依頼することはNG

自分の都合により指定された面接の日程を何回も変更するように依頼することはやめましょう。

応募先の志望順位が低いものと受け取られる可能性が高いです。

まとめ

転職希望者が在職中の場合は、仕事の都合上でどうしても指定された平日の日時に面接を受けることが困難なことがあります。

基本は指定された平日の日時に面接を受けるように都合をつけてください。

それには半日有休や1日有休を取得することです。

有給休暇が取得できないときは、採用担当者に申し訳ない気持ちを言葉に込めながら、日程変更を申し出る理由と希望する日時を伝えて、変更をお願いしてください。

日程変更は、平日の就業後や土日の休日に面接を依頼するケースがあります。

しかし、自分の都合により指定された面接の日程を何回も変更するように依頼することは、応募先の志望順位が低いものと受け取られる可能性が高いですからやめましょう。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

マニュアルに沿って面接対策を進めることで、ライバルから一歩抜け出すことができます。詳細については以下のページをご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK