上司を支えるために部下が知るべき基本的な心構え

2019.10.05 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

会社は上司と部下の関係で成り立っており、部下が上司を支えることで会社の目的や目標を達成していきます。

このような組織において、目的や目標達成に向けて部下が上司を支えることをフォロワーシップと呼んでいます。

フォロワーシップの考え方については「部下としてフォロワーシップを発揮するポイント」で紹介した通りです。

あなたは日頃、上司を支える気持ちをどれくらい持っていますか?

この記事では、上司を支えるために部下が知るべき基本的な心構えについて説明します。

目次
  1. 上司の価値観を知りましょう
  2. 上司を立てましょう
  3. 上司の気持ちを理解しましょう
  4. まとめ

上司の価値観を知りましょう

上司を支えるためには、上司の価値観を知り、その価値観に合わせた仕事をする必要があります。

「上司と価値観が合う」ではなく、部下が「上司の価値観に合わせる」ことです。間違えてはいけません。

合わせるポイントは次の通りです。

  1. 物事の判断基準

    上司が何を基準に承認、許可しているかです。

    たとえば「コスト削減」を基準にしていたりします。

  2. 優先順位

    上司がどのような優先順位で意思決定しているかです。

    仕事のやりがい優先でしょうか、それともキャリアアップ優先でしょうか?上司によって優先することは様々です。

  3. 気に入ること

    上司は何をする、されるのがうれしいですか?

  4. 気に入らないこと

    上司は何をされると面白くないですか?

これらを知っておくことで、良い結果につながります。上司の日々の行動をよく観察してください。

仕事に対する上司の評価は、部下がどのくらい上司の価値観に応えられるかが影響します。

これは必ずしも目標数字だけではありません。仕事の進め方も含めて上司の価値観に応えることが大切です。

いちいち上司の顔色を気にしたり、必要以上に好かれる努力をしたりする必要はありません。上司の価値観に合わせるほうが上司にとっては好印象です。

やたらと媚びず、叱責にめげないで黙々と仕事をやりこなしてください。

上司が厳しいのは、「鍛えれば、それだけ成長してくれるだろう」と期待しているのだと前向きに考えることです。

あなたが上司の価値観に合わせていけば必ずあなたの評価は上がるはずです。

上司を立てましょう

上司を支えるためには、上司を立てましょう。

「上司を立てる」とは、媚びる、おべっかを使うといった「ごますり」をすることではありません。

上司を立てるとは、敬意を払って上司と接することです。部下にとって大切なスキルです。

部下が上司を立てることができないと、上司との信頼関係を築けません。その結果として上司と部下はうまくいかず、仕事も思うようにいかなくなっていきます。

ぜひ上司を立てましょう。

上司の気持ちを理解しましょう

上司を支えるには、上司がどんな思いでいるのか、何を要求しているのか理解することが大切です。

  • 敏感に上司の気持ちを察知しましょう。

    コミュニケーションが上手な部下は、自分の言葉がどこまで上司に伝わっているか見ていて、上司の微妙な反応の変化に気付くものです。

    会話をしているときの上司の顔の変化、姿勢の変化といったシグナルを見逃さないでください。

  • 上司の要求を理解しましょう。

    上司に対してどんな話をすると好感触か、または手ごたえがないか反応を見ることです。上司が何を求めているかがわかります。

    上司とのコミュニケーションがうまくいった場合は、なぜ上司の気持ちを動かせたのか、成功した要因を分析して記録に残してください。

    相手の要求を理解する能力が向上します。

まとめ

上司を支えるために部下が知るべき基本的な心構えを説明します。

上司を支えるためには、上司の価値観を知り、その価値観に合わせた仕事をする必要があります。

上司と価値観が合うではなく、部下が上司の価値観に合わせてください。

そして上司を立てましょう。上司を立てるとは、ゴマをすることではなく、敬意を払って上司と接することです。

最後に、上司がどんな思いでいるのか、何をこちらに要求しているのか理解することも大切です。

以上の心構えを持って上司と接することを意識しましょう。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK