【就活・転職】履歴書を郵送・手渡しでクリアファイル必要?

2022.09.10 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

履歴書などを入れた応募書類を封筒に入れて郵送や手渡しするとき、履歴書などはクリアファイルに挟むことが一般的です。

そもそも履歴書などを郵送するとき、クリアファイルはなぜ使用するのでしょうか?

履歴書などをクリアファイルに挟むメリットは何でしょうか?

履歴書などをクリアファイルに挟んで郵送、手渡しするときの注意点も知りたいものです。

本ブログは、履歴書などを郵送・手渡しするときのクリアファイルの必要性について解説します。

就活や転職活動では、自己分析や企業研究した結果を基に応募書類を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げることを強く意識して臨んでください。

本サイトを読みこなすことで、就活や転職活動の選考・面接対策に自信が持てるようになります。

目次
  1. クリアファイルはなぜ使用するのか
  2. 履歴書などを入れるクリアファイルの選び方
  3. 履歴書などをクリアファイルに挟むメリット
  4. 履歴書などをクリアファイルに挟んで郵送するときの注意点
  5. 履歴書などをクリアファイルに挟んだ封筒を手渡す際の注意点
  6. まとめ

クリアファイルはなぜ使用するのか

履歴書やエントリーシート(就活)、職務経歴書(転職活動)などの応募書類を郵送するとき、クリアファイルはなぜ使用するのでしょうか?

ビジネスシーンでは、重要な書類はクリアファイルに挟んで提出することがマナーとなっています。

就活や転職の活動においても、履歴書などを郵送するときクリアファイルに挟んで企業に提出することがビジネスマナーとして定着しています。

クリアファイルに履歴書などを入れなければ書類選考は通過できない、ということはありません。

ですが、ライバルがクリアファイルを使用しているときに目立ってしまいますから、やはり使用するほうが無難です。

履歴書などを入れるクリアファイルの選び方

クリアファイルといってもさまざまな種類があります。履歴書などを入れるクリアファイルは無色、透明で未使用のものを使ってください。

色が着いているもの、デザインのあるもの、キャラクターがついているもの、どこかの企業からもらったPR用のものは避けてください。

また、クリファイルはA4サイズを選んでください。(郵送する封筒はA4サイズの書類が入る角形2号を使用します)

履歴書などをクリアファイルに挟むメリット

履歴書などをクリアファイルに挟むメリットは、次の通りです。

  • 履歴書などの応募書類を折れや汚れなどから守る

    履歴書などは郵送することが一般的ですが、郵送の途中で封筒が何かと接触し折れてしまうこともあります。

    また、郵送の途中で雨に濡れて封筒が染み、中にある応募書類が水で汚れてしまうことも考えられます。

    このような折れや雨により汚れた履歴書などを採用担当者が見たとき良い印象を与えません。

    一方、履歴書などを郵送ではなくバッグで持参するときも、封筒に入れた書類が曲がったり汚れたりしないようにクリアファイルに挟めば安心です。

  • 履歴書など応募書類を丁寧に扱っているという良い印象を与える

    封筒に履歴書などをそのまま入れて郵送するやり方と、クリアファイルに挟んで郵送するやり方のどちらが丁寧に扱っていると採用担当者が感じるかについては、明らかに後者です。

    多くの応募者がクリアファイルを使用しており、逆に使用していないと悪目立ちすぎてしまいます。

  • 履歴書など応募書類を紛失から防ぐ

    企業にとってクリアファイルは、応募者毎に応募書類をまとめて保管することができて便利です。

    また、履歴書などをクリップで止めるよりも、クリアファイルでの保管は紛失しにくい利点があります。

    企業でもクリアファイルを書類の保管に使用していますが、中身が透けて見えることと、汚れないために重宝しています。

履歴書などをクリアファイルに挟んで郵送するときの注意点

履歴書などを郵送するときは、送付状(添え状)、エントリーシート(就活)、職務経歴書(転職活動)といった応募書類と一緒に封筒に入れて送付することがほとんどです。

このとき、応募書類は添え状、履歴書、エントリーシート(就活)職務経歴書(転職活動)、その他指定書類の順番にクリアファイルに入れてください。

書類をクリップで止めてからクリアファイルに入れると、書類が外への飛び出し防止となります。

クリップを使用するときは銀色のものを使用し、止める箇所は書類の左上としてください。

履歴書などをクリアファイルに挟んだ封筒を手渡す際の注意点

履歴書などの入った封筒は、郵送だけでなく、直接手渡しすることもあります。

  • 選考当日に受付で履歴書など応募書類の入ったクリアファイル入りの封筒を手渡すときには、そのまま渡してください。

    封筒に書いてある文字が相手から見て読みやすい向きにして、両手で差し出し、お辞儀をしながら「よろしくお願いします」と元気よく言うと好印象です。

  • 面接会場で面接官に直接手渡すときは、封筒からクリアファイルを取り出して封筒の上に載せて、面接官から見て読みやすい向きで渡します。

    封筒を両手で差し出し、お辞儀をしながら「履歴書です。本日はよろしくお願いします」と元気よく言ってください。

まとめ

就活や転職の活動で履歴書などの応募書類を企業に郵送したり、手渡ししたりするとき、クリアファイルは必要なのか考えてみます。

就活や転職の活動では履歴書などを郵送するとき、クリアファイルに挟んで企業に提出することがビジネスマナーとなって定着しています。

履歴書などを入れるクリアファイルは、無色、透明で未使用、A4サイズを選んでください。

履歴書などをクリアファイルに挟むメリットは、次の通りです。

  • 履歴書などの応募書類を折れや汚れなどから守る
  • 企業に対して履歴書など応募書類を丁寧に扱っているという良い印象を与える
  • 応募書類を紛失から防ぐ

履歴書などをクリアファイルに挟んで封筒で郵送するときの注意点は、次の通りです。

  • 応募書類は添え状、履歴書、エントリーシート(就活)職務経歴書(転職活動)、その他指定書類の順番にクリアファイルに挟む
  • 書類をクリップで止めてからクリアファイルに挟む
  • クリップを使用するときは銀色のものを使用し、止める箇所は書類の左上とする

履歴書などをクリアファイルに挟んだ封筒を手渡すときの注意点は次の通りです。

  • 選考当日に受付で履歴書など応募書類の入ったクリアファイル入りの封筒を手渡すときには、そのまま渡す
  • 面接会場で面接官に直接手渡すときは、封筒からクリアファイルを取り出して封筒の上に載せて、面接官から見て読みやすい向きで渡す

以上、履歴書などを郵送・手渡しするときのクリアファイルの必要性について解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

面接対策を進めるうえで役に立つノウハウ満載のマニュアルです。なるほど、このようにすればいいのかと、ライバルからグンと抜け出すこと請け合いです。ぜひ、以下のページで詳細をご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK