【就活・転職】履歴書の代筆は問題ない?~人事屋のうら話~

2022.08.17 更新
次 » « 前
アイキャッチ画像

就活や転職活動で、履歴書を代筆してもらおうかと考える人がいるかも知れません。

履歴書を代筆してもらっても問題ないのでしょうか?

仮に履歴書を代筆してもらったときは、バレないでしょうか?バレてしまったとき、どのようなデメリットがあるでしょうか?

その他、履歴書を書くとき気をつけたいことを知りたいものです。

本ブログでは人事屋のうら話として、履歴書の代筆は問題ないか、読んでくれた貴方にだけ教えます。

但し、本ブログに載る内容は全ての企業にあてはまる訳ではなく、あくまで筆者の経験を含めての内容であることをご了解ください。

就活や転職活動では、自己分析や企業研究した結果を基に応募書類を作成し、一貫性をもたせて面接に繋げることを強く意識して臨んでください。

本サイトを読みこなすことで、就活や転職活動の選考・面接対策に自信が持てるようになります。

目次
  1. 履歴書を代筆してもらっても問題ないか
  2. 履歴書を代筆してもらったときは、バレる?
  3. 履歴書の代筆がバレたときのデメリットは何か
  4. 履歴書を書くとき気をつけたいこと
  5. まとめ

履歴書を代筆してもらっても問題ないか

履歴書は本来、自ら書くことが前提です。ですが、自分の字が汚くて読みづらい、何十社も応募するとき、書くのが大変ということで、代筆を頼もうかと考える人もいます。

代筆は、家族や親しい友人に依頼したり、代筆サービスの業者を利用したりすることが考えられます。ただし、代筆サービスの業者を利用すると当然ながら費用がかかってしまいます。

履歴書を代筆してもらったからといっても、私文書偽造罪に問われることはないと言われますが、特別な事情がない限り履歴書は自分で書くべきです。

特に就活では、本人の人柄や素養を重視する傾向があり、履歴書の「字」から本人の個性を探ろうとするからです。

履歴書を代筆してもらったときは、バレる?

履歴書を代筆してもらったときは間違いなくバレる、と思ってください。

その理由は次の通りです。

  • 履歴書以外のエントリーシートや職務経歴書と比較してバレる

    履歴書以外にも就活のエントリーシートや、転職活動の職務経歴書を手書きで書く場合には、字を比較してわかってしまいます。

    バレないためには、それらを代筆してもらうか、パソコンで作成しなければなりません。

  • 会社説明会の受付時の記名やアンケート、筆記試験、内定時の契約書類などでバレる

    内定までにいろいろな書類や試験用紙に記入することがあり、また、内定後も契約書類にサインしなければならなりません。

  • 入社後の提出書類でバレる

    入社すると、通勤手当や扶養家族の申請など手書きの申請用紙に記入することになり、代筆がわかります。

履歴書の代筆がバレたときのデメリットは何か

履歴書の代筆がバレたときには、上記のように法的に問題があるわけではありませんが、印象が良くないことがあります。

採用担当者からみると、「なぜ自分で書かないのか」という懸念が生じます。「一度に多数の履歴書の提出があって書く時間がないためなのか」、「字があまりにも汚いのか」と勘繰られてしまいます。

また、「字は体を表す」ということわざもある通り、採用担当者は履歴書に書かれている字で人柄や素養を想像します。なので、好印象の字が代筆とわかったときは、イメージダウンとなってしまいます。

履歴書を書くとき気をつけたいこと

代筆以外にも、履歴書を書くときに気をつけたいことがあります。

  • 履歴書の「字」は丁寧に書く

    字を書くことが上手くなくてもそれだけで採否に影響はありません。

    ですが、履歴書に書く字は上手でなくてもいいですから、丁寧にわかりやすい字で書いてください。

    まれに、何が書いてあるのかわかりにくいために、読むことに時間がかかる履歴書があります。このような履歴書は印象が良くありません。

  • 一般事務職に応募の場合は、字が上手いとアピールポイントになる

    一般事務職の業務はパソコン入力がメインとはいえ、書類を手書きするケースが未だ数多くあります。

    ですから、字の上手い人は履歴書の「字」でスキルをアピールできます。

  • 就活において履歴書などの応募書類は、「字」よりも内容が大切

    就活において会社は履歴書などの応募書類の字の上手い、下手で合否を決めているわけではありません。

    大切なことは記入されている内容そのものです。特に自己PRと志望動機が適切に丁寧に書かれていて、納得されることが大切です。

  • 転職活動において手書きに自信がない人は履歴書をパソコンで作成する

    中途採用では業務内容から得たスキルや経験、実績など、履歴書に書かれる内容そのものがより重視されるので、手書きかパソコン作成かといったことを気にしない企業も多いものです。

    なので、特に手書きの指定がない限りパソコン作成でかまいません。

まとめ

履歴書の代筆は問題ないかについて、考えてみました。

履歴書は本来、自ら書くことが前提です。

ですが、自分の字が汚くて読みづらい、何十社も応募するとき、書くのが大変ということで、代筆を頼もうかと考える人もいます。

履歴書を代筆してもらったからといっても、私文書偽造罪に問われることはないと言われますが、特別な事情がない限り履歴書は自分で書くべきです。

履歴書を代筆してもらったときは、間違いなくバレる、と考えてください。

その理由は次の3つです。

  • 履歴書以外のエントリーシートや職務経歴書と比較してバレる
  • 会社説明会の受付時の記名やアンケート、筆記試験、内定時の契約書類などでバレる
  • 入社後の提出書類でバレる

履歴書の代筆がバレたとき、上記のように法的に問題があるわけではありませんが、印象が良くないことがあります。

また、採用担当者は履歴書に書かれている字で人格を想像しますので、好印象の字が代筆とわかったときはイメージダウンとなります。

代筆以外にも、履歴書を書くときに気をつけたいこと4つがあります。

  • 履歴書の字は丁寧に書く
  • 一般事務職に応募の場合は、字が上手いとアピールポイントになる
  • 就活において履歴書などの応募書類は、「字」よりも内容が大切
  • 転職活動において手書きに自信がない人は履歴書をパソコンで作成する

以上、履歴書の代筆は問題ないか、について解説しました。

最後に、キャリア育みファームでは面接の必勝マニュアルも販売しています。

面接対策を進めるうえで役に立つノウハウ満載のマニュアルです。なるほど、このようにすればいいのかと、ライバルからグンと抜け出すこと請け合いです。ぜひ、以下のページで詳細をご覧ください。

その他、以下のリンクも読み進めるとお役に立ちます。

0 件のコメント

お気軽にコメントください
新しいコメント
はい
いいえ
OK